ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Peter Asher & Albert Lee@Cotton Club

time 2018/07/04

古くはPeter & Gordon♪

70年代以降はJames Taylor♪、Linda Ronstadt♪のプロデューサーとして音楽業界の重鎮の1人であるPeter Asher♪

Eric Clapton♪等との共演でもお馴染みで何度か来日もしているギタリスト、Albert Lee♪

この2人がデュオとして活動、そして来日公演が実現、丸の内のCotton Club Japan♪にて3日間公演です。!!

6月29日(金)セカンド・ステージ

21時の開演時刻となり、Peter Asher♪、Albert Lee♪登場!!

Peter♪が開口

「Cotton Clubに出るのは初めてだから、エキサイトしているよ。日本には何度も来ている、60年代はPeter & Gordon♪で、70年代はJames Taylor♪と、80年代はLinda Ronstadt♪と、90年代はSonyのアメリカの重役として来ている、今回はAlbert Lee♪と一緒、その歌の物語を交えたアコースティック・ショーだよ・・・」

そのようなことを言って、中央に2人座ってアコースティック・ギターのデュオでBye Bye Love♪でスタート!!

メインで歌っているのはAlbert♪です。

再びPeter♪

「ベスト・デュオはThe Everly Brothers♪、2人組は歌いたがるよ・・・」

そう言って・・・

「安い席のチケットでコンサートへ行ったら、彼らは一緒に歌っている時以外は憎みあっているかのように別行動をとっていて、Gordon Waller♪ともそれも真似したよ!!(笑)」

ここでも笑いを誘います。

またAlbert♪の方はさらに親しい付き合いだった、とのこと・・・

アメリカ・ツアーに同行した時は、ディズニー・ランドにも行けて、イギリスにいる自分の子供たちに申し訳なかったようなことも言っていました。

曲の方はCrying In The Rain♪

この曲を終えてPeter♪

「この曲はEverly Brothers♪と、もう一つ重要なこととして、Carole King♪が書いたということ、彼女は18歳から多くの曲を書いていて、自分もファンだったよ・・・」

そう言って、James Taylor♪とアメリカに渡り、レコーディングしたときの話

「Carole King♪はピアノで参加してくれて、サウンドチェックとして、You’ve Got A Friend♪を歌ってくれた、それを初めて聴いたJames♪と自分はこれを歌わせてほしい!!そう思ったよ!!・・・」

同じようにJames♪とのコンビでやろうと思った曲がHandy Man♪

Peter♪は客席にコーラス部分を客席の向かって左半分は高音で、右半分は低音で歌うよう指示!!

今度は客席の方から「(Peter♪たちは)歌わないの!?」と言われ、なんとここではPeter♪はベースを持ち、ボンボン鳴らし、「オリジナルのJimmy James♪バージョンだ・・・」と言って、Albert♪の歌を中心にプレイされました。

今度はPeter♪が軽快にA Girl Like You♪

客席も手拍子、Peter♪曰く

「Eivis Presley♪はアメリカ国内でしかコンサートをやらなかったから、イギリスの若い女の子は、身近なCliff Richard♪に夢中だったよ・・・」

そう言って、Elvis♪の名前が出たところで、R&Bからブルー・グラスまで幅広くプレイするAlbert♪

ここではThat’s Alright (Mama)♪を歌いました。

またPeter♪曰く

「Linda Ronstadt♪との仕事は誇りに思う、彼女は闘病でもう歌えないけど、Hall Of Fameのセレモニーでは、Emmylou Harris♪たち4人が歌ってくれた・・・」

そう言って、話はJames Burton♪に代わってEmmylou♪のバンドに加わったAlbert♪へ・・・

曲はSweet Little Lisa♪

自らもプレイしているDave Edmunds♪のナンバー

ここでもPeter♪はベース!!

そしてLinda Ronstadt♪がJimmy Webb♪を好きだったということで、 Highwayman♪

Albert♪はピアノ、ダイナミックな歌を聴かせてくれました。

再び2人は中央へ、Pater♪曰く

「Del Shannon♪はRunaway♪とか好きだった・・・彼の歌を自分たちの歌でラジオから聴こえて来たときは感動したよ・・・ゆっくりと悲しいアレンジでいくよ・・・」

そう言って勿論、I Go To Pieces♪

ここからPeter & Gordon♪の世界!!

彼の言葉通り、ややスローに・・・そしてPeter♪・・・

「最後の曲、何かわかるね!?・・・妹との付き合いでPaul♪と親しくなった、彼が書いた曲だけど、John♪がBeatles♪らしくないと言ったので、回ってきた・・・イギリス、アメリカでNo.1!日本でもヒットしたよね!!54年前だけど・・・」

勿論、A World Without Love♪

「愛なき世界」♪

客席も一緒に歌っている人が多かったように思います。その通り、時代を超えたものを感じました。・・・

ここでいったん終了・・・

アンコールで戻ってきて、Peter♪

「すぐに2曲やるよ・・・1曲目はSilly、2曲目はSerious・・・」

そんなことを言って、Peter♪はバンジョーレレ(ウクレレ・バンジョー?)を抱え、Albert♪はピアノ

Peter & Gordon♪のヒット曲Lady Godiva♪

客席にも歌わせ、楽しい時間に、そして・・・

「フランスの歌、Gilbert Becaud♪のヒット曲だけど、Everly Brothers♪も英語詞を付けて大ヒットさせたんだ・・・」

そう、勿論、Let It Be Me♪

ここではAlbert♪のピアノをバックにPeter♪はじっくり歌い、楽しかったPeter & Albert♪の「愛ある(!)世界」は幕を閉じたのでした。・・・

今回のライヴ♪、半分はトークだったのですが・・・

色々なエピソードが聞けて、それだけでも洋楽ファン必見のライヴ♪であったと思っています。!!

恐らく今回、Peter & Gordon♪を期待してのお客さんが多いと思われますが、歌われた4曲とも、当時と同じではないかもしれません。(苦笑)

でもBrian Wilson♪が歌うBeach Boys♪同様、何にも変え難い唯一無二のパワーを持っている!!そのように思いました。

音楽は永遠である、50数年の中でもそれを実感する!!

そんなライヴ♪であったと思っています。!!

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook