ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Joe Perry & Friends@メルパルクホール大阪

time 2018/09/19

Aerosmith♪の・・・というまでもないJoe Perry♪

初のソロでの来日公演♪

ヴォーカルに元Extreme♪、元Van Halen♪のGary Cherone♪

そしてギターにAerosmith♪の盟友、Brad Whitford♪が参加!!

一般公演は大阪から、9月17日(月・祝)

会場は新大阪駅前のメルパルクホール大阪です。

祝日ということで、少し早い開演予定時刻19時を10分くらい回ったところでライトダウン!!

BGMとして新作Sweetzerland Manifesto収録のRumble In The Jungle♪が流れる中、Brad♪、Gary♪を含むメンバー5人登場!!

そして、ステージ向かって右側から、Joe Perry♪登場!!

やはりこの曲!!といった感じで、Let The Music Do The Talking♪でスタート!!

何と言ってもJoe Perry Project♪のデビュー曲で後にAerosmith♪でセルフ・カバー!!

Joe♪は黒のジャケット、少し口髭を蓄え、相変わらずカッコイイ!!

左用のストラトキャスターを右用に張り替えて抱えています。

メインに歌うはGary♪、向き合って歌うポーズはAerosmith♪の時と同じ!!

続いてスピーディーに、Toys In The Attic♪

「最初のアルバムから・・・」とEast Coast, West Coast♪

Gary♪はステージ狭しと動き回り、Joe♪は2本のストラト~を使い分けているようです。

「楽しんでいるかい!?」とGary♪

イントロからJoe♪のギターをフィーチャーして、Pandra’s Box♪

そしてJoe♪が前に出てきて、ギター2本を抱えて歌うは、Shakin’ My Cage♪

Joe♪の歌の時は、Gary♪は一歩下がって、コーラスでバック・アップしているようです。

Brad♪のギターもフィーチャーされました。・・・

「新しいCDから・・・」

そう紹介されたのは、Aye Aye Aye♪

アルバムではCheap Trick♪のRobin Zander♪が歌っているナンバですが、ここではGary♪が熱唱です。

Joe♪はジャケットを脱ぎ、新しいナンバーとして、Fortunate One♪をプレイ!!

Brad♪と合わせて始まったのはやはりAerosmith♪のナンバー、Bright Light Fright♪

Gary♪の歌はSteven Tyler♪を思わせるところもあります。

曲は新作に入っているSpanish Sushi♪

これはハードなインストゥルメンタル・ナンバー!!

ステージ上はブルーのライティングとなって、曲はAerosmith♪のSeasons Of Wither♪

今まで飛ばしていたのでややスローダウンです。・・・

Brad♪とのギターで始まったのは、I’ve Got The Rock N’ Rolls Again♪、キーボードもフィーチャー!!

再びAerosmith♪のMy Fist Your Face♪、ここでもハードなプレイ!!

そしてJoe♪のヴォーカルでRockin’ Train♪

ここでは各メンバーのソロも順にフィーチャー!!

この間にJoe♪は白い衣装にチェンジ!!

一転して曲は新作に収録のWon’t Let Me Go♪、ミディアム・テンポのナンバー、Joe♪のソロもフィーチャーされました。

「ビデオも作った曲・・・」

そう紹介したのはハードな大作Quake♪

ライヴでは定番のよう・・・

そしてJoe♪は中央へ、ギターを弾き鳴らして歌うは・・・

Combination♪

そう、Aerosmith♪の大ヒット・アルバムRocks収録のJoe♪が歌うナンバー!!

やはり登場です。!!

後半はギター・ソロも聴かせました。・・・

そして、お馴染みのドラムスのビート!!

Walk This Way♪

しかしここではラップ調の部分はJoe♪がトーキング・モジュレイターで・・・

Walk This Way~♪という部分はGary♪が歌います。!!

ライヴも大詰め!!

そしてやはりJoe♪のギターをフィーチャーして・・・

Train Kept A-Rollin’♪

場内は最高潮!!
Gary♪も動き回って、ここでいったん終了となりました。・・・

アンコールはGary♪以外の5人で先ず登場!!

メンバー紹介、ベースはChris Wyse♪、キーボードはBuck Johnson♪、ドラムスはDavid Goodstein♪

そしてBrad Whitford♪

曲の方は・・・なんとMan With The Golden Arm♪

Frank Sinatra♪主演映画のテーマ曲♪

「黄金の腕」として日本でもお馴染みのナンバー!!

そういえば、Sweet♪もかつてプレイしていました。・・・

Gary Cherone♪が戻ってきたら、再びJoe♪はトーキング・モジュレイターを・・・そしてベースのイントロ!!

もう何か分かります(笑)Sweet Emotions♪

場内も最高潮!!

そしてJoe♪のソロ!!

観客に謝辞を言って、これで終わり!?と思いきや・・・

Mama Kin♪

やはりこれも登場!!最後まで突っ走りました。!!

「明日、東京で会おう!!(翌日は東京公演・・・)」

そう言って、ここでエンディング!!

Joe♪に続いてメンバーもステージを後に・・・

エンディングBGMとしてTwilight♪というナンバーが鳴り響いていました。

最初から最後まで、ハードなロックで突っ走った息もつかせぬライヴ!!

昨年、Steven Tyler♪もソロで来日公演を行い、大盛況でしたが・・・

取り上げるAerosmithナンバーも、Steven♪とJoe♪では異なる曲も多くて、それが興味深く、さらには貴重なプレイでもあると思っています。!!

それぞれが共に偉大であることを実感したライヴ!!

それだけにAerosmith♪としてもまだまだやってほしく、そのためにはいつまでも元気でいて欲しい!!

改めてそのように感じた大阪での夕刻でした。・・・

 

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook