ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Def Leppard / Viva! Hysteria@日本武道館(ネタバレ注意!!)

time 2018/10/26

1987年、ロック史に燦然と輝く名盤Hysteriaをリリースした

Def Leppard♪

この名盤を全曲再現するViva! Hysteriaというライヴ♪を行っており、その一環として3年ぶりの来日公演♪

10月24日(水)日本武道館です。!!

Def Leppard♪

この26年は変わっていない5人

Joe Ellott♪

Phil Collen♪

Vivian Campbell♪

Rick Savage♪

Rick Allen♪

チームワークの良さは大物ロック・バンドの中でNo.1でしょう。!!

ほぼ満員の日本武道館、ハードなロックがBGM♪としてかかっている中、「開演まであと15分」等、アナウンスあり・・・

そして実際の時間は19時15分頃、ライトダウン!!

そして・・・

ステージ左側に、Phil Collen♪登場!!

いつものように上半身裸!!、赤いライティングの中、ギターをハードに奏で・・・

Hysteria♪の1曲目、Women♪でスタート!!

Joe Ellott♪はミリタリー風のジャケット、Vivian Campbell♪は黒のジャケット、Rick Savage♪は華やかなジャケットでお馴染みのベース、Rick Allen♪はこれもお馴染みユニオン・ジャックの衣装!!

Joe♪の歌を中心に、Phil♪とVivian♪のツイン・ギター!!

メンバー全員がコーラスを付けるのもバンドの強みです。

そしてあのリズム、Guitar!、Drums!

Rocket♪

Joe♪が次々に呼び上げるロック・ヒーロー!!

最高に盛り上がる曲ですが、アルバムの曲順なので(笑)早くも登場です。!!

ここでもPhil♪とVivian♪が仁王立ちでソロを聴かせました。・・・

そして、ややポップなイントロから、Animal♪

バックのスクリーンは派手なネオン・サイン!!

そして場内一斉の手拍子もお馴染み!!

静まり帰ったところで、Phil♪のピッキング!!

そう勿論、Love Bites♪

Joe♪の熱唱!!

最大のヒット曲を場内は聴き入っていました。・・・

そしてJoe♪を中心に・・・

Step Inside! Walk This Way! You And Me Babe!~

このように呼びかけ、場内絶叫!!

勿論、Pour Some Sugar On Me♪

この一体感!!本当に気持ちがいいものでした。・・・

ここでJoe♪が開口

「ドーモアリガトー・・・また武道館に来れて嬉しいよ、最初にHysteriaの曲をやったのは31年前だけど、今回は全曲プレイするよ!!・・・でも1番重要なことは自分たち5人は26年間ずっと一緒にやっていることだよ!!・・・この曲をプレイするのはVivian Campbell♪!!・・・」

そう言って、Vivian♪がハードに奏でて始まったのが、Armageddon It♪

この曲もメンバーのコーラス・ワークもバッチリ!!

アルバムからあとの方でシングル・カットされたにも関わらず大ヒットしたことが頷けるでしょう。・・・

そして、ここでステージのバックのスクリーンには・・・

元メンバー、亡きSteve Clark♪の写真が・・・

そしてJoe♪が呼びかけ、Steve♪がプレイする映像も・・・

場内はジーンとした気分に・・・

曲の方は、Gods Of War♪

軽快なリズムでライヴ♪でもお馴染みです。

曲はメンバーのコーラスから始まるDon’t Shoot Shotgun♪

こちらはスピーディーなナンバー!!

続くRun Riot♪

こちらはハードでヘヴィナンバーだけにバックの映像も文字通り「暴動」を示す派手なものとなっていました。

そして・・・

タイトル曲Hysteria♪

スクリーンにはアルバム・ジャケットのフレーム内に次々と懐かしい写真が・・・

何か目頭が熱くなってきます。

Phil♪とVivian♪のギターがさらに情感を盛り立てていました。

アルバムも後半へ、Excitable♪

ハードなナンバーだけに、Joe♪たちもノっています。

そして、Love And Affection♪

これも彼らの代表曲の一つ、ミディアム・テンポで何か彼らの足跡を物語っているよう・・・これでHysteriaは終わりです。・・・

Joe♪たちは、客席に謝辞を・・・

Hysteria全曲演奏の後、メンバーは引き下がりました。・・・

少し間を置いて、アンコール(第2部!?)に登場!!

Joe♪たちはラフな衣装に変え、Rick Savage♪はQueen♪のTシャツを着ていました。

「これからはHysteria♪より前の曲も後の曲もやるよ・・・この曲をやるのはPhil♪は初めてだよ・・・」

そう言って、Phil♪のギターから、Let It Go♪

そう、この曲の頃はPhil♪はまだ加入していませんでした。

シンプルなだけに乗りやすいナンバーです。!!

そして今度はロック・バラード、When Love And Hate Collide♪

そうしたら、場内では少しずつスマホのライトを点灯する人が・・・

あっという間に武道館全体に広がり、素晴らしい光景でした。

 

そして・・・

Do You Wanna Get Rocked?~

そう、Let’s Get Rocked♪

やはりこれをやらないわけには!!

場内も一斉に拳を振り上げ!!まさに最高潮でした。!!

「もっと聴きたいか!?」とJoe♪

ここで改めてRick Allen♪を紹介!!

彼は立ち上がって、そして彼が叩くカウベルの音も印象的な・・・

Rock Of Ages♪

ライヴ♪定番です。!!

そして、やはりあのイントロ!!

場内絶叫!!

Photograph♪

文字通り、バックにはお馴染みフィルムの画像です。!!

精魂を使い果たした感じでエンディング!!

「ありがとう、また来るよ・・・」

そう、Joe♪は言って、メンバー5人も中央へ・・・

“Don’t Forget Us, We Won’t Forget You!”

Joe♪のお馴染みの決め台詞で、今回のHysteriaは幕を閉じました。・・・

Rick Allen♪が左腕を失い、ドラマーとして致命傷と思われた中、メンバーは彼の復活を信じ、3年待ち、そして完成したのがHysteria!!

それだけに思い入れが違うと思います。!!

そして例えば、Rocket♪でわかるように、多くが彼がドラムスを叩きやすい曲作りがされているナンバーに仕上がっているのですが・・・

逆にそれが唯一無二のDef Leppardサウンドに!!

そしてロックの王道を!!

まさに最高のロック・バンドです。!!

ところで、今回はHysteriaのライヴ♪でしたが、彼らは元々、チームワークのいい多彩なロック・バンド!!

Joe♪を中心としたアコースティック・コーナーや各メンバーをフィーチャーしたコーナー、またカバー曲も・・・

また次の機会には、そんなDef Leppard♪にも期待したい!!

そう思っている次第です。!!

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook