ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Yes 50周年記念公演@Zepp Nagoya(ネタバレ注意!!)

time 2019/02/21

Yes♪の創設者であり、実質上、Yes♪そのものであったChris Squire♪が急逝して3年半・・・彼の遺志を継いで活動を続けるYes♪

オリジナル・メンバーの1人であるTony Kaye♪をスペシャルゲストに迎えたCelebrating 50 Year Of Yes♪と題された50周年記念ツアーの一環として来日!!

日本公演初日は、2月19日、Zepp Nagoya♪です。

今回、2部構成とのこと、開演予定時刻19時を少し回った辺りでライトダウン!!

オープニングBGM♪としてお馴染みのIgor Stravinsky♪のThe Firebird Suite♪(火の鳥♪)のラストの部分が流れる中、メンバー登場!!

ステージ後方には3面のスクリーン、BGMに合わせて炎をイメージした映像が映されています。・・・

メンバーは中心人物であるギターのSteve Howe♪

Steve♪とはAsia♪でも一緒にプレイしているキーボードのGeoff Downes♪

リード・ヴォーカルその他で、Jon Davison♪

Chris♪亡き後ベースを引き継いでいるBilly Sherwood♪

ドラムスは先ずはAlan White♪でなくJay Schellen♪

この5人が定位置につき、キーボードのイントロから、Steve♪の奏でるストラトキャスターを中心に、故Chris Squire♪作のParallels♪でスタート!!

オープニングに相応しいパワフルなナンバー!!

同曲収録のアルバムGoing For The One(究極)のジャケット写真がスクリーンに映し出されます。

続いてSteve♪はお馴染みGibsonのセミアコースティック・ギターに持ちかえ、軽快なリズムで、初期のナンバー、Sweet Dreams♪

Jon♪はアコースティック・ギターを持って歌い、コーラスはBilly♪がしっかりバックアップしています。

ここでSteve♪が開口

「有難う、ナゴヤ、最初の夜だよ・・・1970年代初期の曲、その前はChris♪の作品だよ・・・」

曲の方はGeoff♪のピアノから、Fly From Here, Part I: We Can Fly♪

ドラマチックな歌をJon♪が熱唱!!

Steve♪のギターも冴え渡って、スクリーンの飛行物体の映像も効果的です。!!

「コンニチワ、ナゴヤ」とJon♪

Steve♪がリュートを奏で、始まったのが、Nine Voices (Longwalker)♪

アルバムThe Ladderのラストに収録のアコースティック・ナンバー、レアな選曲ですが、それだけメッセージも込められているよう・・・

ステージにはSteve♪1人残り、お馴染みフォーク・ギターを奏でて、Clap♪

リラックスした気分になります。

この後、Jon♪が戻ってきてアコースティック・ギターで歌うは、Madrigal♪

アルバムTormato収録のこれもレアなナンバー、他のメンバーも戻ってきます。

そしてSteve♪が「スペシャル・ゲスト!!オリジナル・キーボード・プレイヤー」と紹介して・・・

Tony Kaye♪登場!!

ステージ中央に設置されたローランドのキーボードに着いて・・・

Yours Is No Disgrace♪

ライヴでは定番ですが、この曲収録のThe Yes AlbumからSteve♪はYes♪に正式参加、そしてその時のキーボード奏者がTony Kaye♪

今回の聴きもの!!

Tony♪はノっていて、Geoff♪がバックアップに回っているよう・・・

Steve♪は少し長くソロを聴かせ、やや長めのこの曲で盛り上がり、第1部終了となりました。

約15分の休憩の後、第2部スタート

ライトダウンと同時にお馴染みの効果音が・・・

そう、Close To The Edge♪

その中、最初と同じ5人のメンバーが登場して、演奏がスタート!!

Steve♪はエレクトリックとアコースティックを使い分けたお馴染みのプレイ!!

The Solid Time Of Change♪~Total Mass Retain♪

Chris♪を引き継いでいるBilly♪のベースもグイグイ、バンドを引っ張っていきます。・・・

そして静まって、コーラスから、I Get Up, I Get Down♪

Geoff♪のキーボード音で静寂が吹き飛ばされ、Seasons Of Man♪

I Get Up~♪、I Get Down~♪

20分の組曲、感動のエンディングとなりました。・・・

第2部はClose To The Edge再現で、続いてアコースティックなイントロから、And You And I♪

軽快にCord Of Life♪

そしてEclipse♪、この部分ではSteve♪はお馴染みペダル・スティールをプレイ!!

1曲の中で3台のギターを使い分けます。

そしてThe Preacher The Teacher♪では、Billy♪はChris♪と同じくハーモニカをプレイ!!

軽快な曲調から再びドラマチックにThe Apocalypse♪

最後はJon♪の歌とSteveのギター♪でシンプルにエンディング!!

尚、この最後にドラムスの1部のセットが変えられていました。・・・

そう、ドラムスの動きというのは・・・

ここでAlan White♪登場!!

曲はSteve♪のギターから、Siberian Khatru♪

Alan♪もここではノリにノって叩き、Steve♪のプレイは全盛期のYes♪を思わせるほど、冴え渡って響き!!

最高潮でエンディング!!

アルバムClose To The Edge(危機)を再現!!

ここでメンバーは再び下がりました。・・・

アンコールに登場!!

ここではTony♪も加わって、No Opportunity Necessary, No Experience Needed♪でスタート!!

なんとセカンド・アルバムTime And A Word収録のRichie Havens♪のナンバー、その時代を象徴するサイケデリックな雰囲気でJon♪が歌い、この時参加していたTony♪はノっていました。

そして、Alan White♪が再び加わり、Steve♪が固定したアコースティック・ギターで奏でるイントロから・・・

Roundabout♪

説明は要らないでしょう。場内も手拍子で、大ノリ!!

Geoff♪とTony♪のキーボードも盛り上げます。!!

そしてメンバー紹介、謝辞をSteve♪が言って

Starship Trooper♪

ドラマチックLife Seeker♪の部分から始まって・・・

Disillusion♪ではSteve♪のギターも軽快に・・・

そして・・・Steve♪のギターのストロークから、Wurm♪

ジワジワと盛り上がっていくところもお馴染み、ドラマチックにエンディング!!

最後はメンバー7人、ステージ前方へ・・・

Yes♪の歴史も物語った50周年記念ライヴ♪はここに幕を閉じました。・・・

50周年記念ということでか、今回のツアーのセットリストは、今まであまりプレイされなかったナンバーも聴かれ、Tony Kaye♪のゲスト参加有り、そんな中、Steve Howe♪を中心としたパワフルなプレイで本当に聴き応えがあり、感動しました。

・・・と同時にバンドをずっと支えてきた故Chris Squire♪の存在感の大きかったことも改めて感じましたが・・・今のYes♪は、かつてChris♪抜きで全盛期のメンバーで結成されたABWH♪とは違い、姿はないけれどChris♪のスピリットが永遠に存在する本物のYes♪である!!それも確信した!!

そんなライヴ♪であった!!と思っています。!!

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook