ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Sheena Easton@Billboard Live Tokyo 2019

time 2019/03/27

Tokyo Discotheque♪に出演のために来日した・・・

Sheena Easton♪

一般公演は、Billboard Live Tokyo♪にて・・・

ここに登場するのは4年ぶり!!

(来日は2年半ぶり!!)

3月26日(火)セカンド・ステージです。

開演予定時刻21時30分を回って、ライトダウン!!

メンバー5人登場!!

ドラムスが響き、アナウンスの後・・・

Sheena Easton♪登場!!

グリーンのラメのワンピース姿!!

1曲目はBest Of My Love♪

勿論、Emotions♪のヒット曲のカバーですが、Sheenaさん♪

この曲を収録したアルバムFabulous以降、新譜を出していないかもしれません。

1曲目から楽しいノリで、続いてお馴染み、Strut♪

ステージを左右に動き、ここではサックスもフィーチャーされます。

ここで開口

「ドーモアリガトー・・・水飲ませてね・・・2日間、フェスティバルに、Swing Out Sister♪、Chaka♪、Kool & The Gang♪と出演、’70年代、’80年代、’90年代、2000年代の曲を楽しんだ・・・このステージもテーマは同じよ・・・次は長年好きなBurt Bacharach♪の曲・・・」

そう言って、曲は、(There’s) Always Something There To Reminds Me♪

ややアップ・テンポに、そう言えばかつてSheenaさん♪、Burt Bacharach♪と共演したいと言っておられました。・・・

「40年間、色々な音楽をやってきたわ・・・JazzのアルバムNo Stringsから、若い人はもっていないわよね・・・」

曲は、How Deep Is The Ocean♪

ノスタルジックに熱唱、ここではサックスのTonyさん♪が大活躍!!

ソロも聴かせてくれました。・・・

続いては、Jackie DeShannon♪のカバー、Put A Little Love In Your Heart♪

ややトロピカルなムードのバックに合わせて、軽快に熱唱です。

ここで雰囲気も一転・・・

「色々な人とやってきたけど、最も有名なのはPrince♪と・・・彼は逝ってしまったけど、思いをこめて・・・」

そんなことを言って、U Got The Look♪

ここではメンバーの男性シンガー、Brandon Nix♪が中心に歌い・・・

そしてサックスをブリッジにSugar Walls♪

この2曲も組み合わせは、Sheena Easton♪のライヴ♪ではお馴染み!!

順にメンバーのソロもフィーチャーしてやや長めのプレイとなりました。・・・

ここでメンバー紹介

ソロで活躍のサックスはTony Q♪、ギターはJake Langley♪、キーボードでミュージカル・ディレクターはJoe Spranker♪、ドラムスはEarl Campbell♪

そして今回初参加のヴォーカルは、Brandon Nix♪

その他、スタッフに謝辞を言って、次は・・・「Babyface♪とのコラボレーション・・・」

勿論、The Lover In Me♪

パワフルなドラムスを中心に、’80年代後期を思い出させるノリのいいナンバー!!

続いて「Motownは、年代を越えて愛されている・・・」

そう言ったら、「Temptations♪が好きだ!!・・・」とBrandon♪

軽快なピアノから彼が歌う、Ain’t Too Proud To Beg♪

ノリノリで歌い終え、「次は私の好きな曲・・・気分を良くしてくれる・・・」とSheenaさん♪

曲は、(Your Love Keeps Lifting Me) Higher And Higher♪

勿論、Jackie Wilson♪のナンバーで、多くの人がカバーしていますが、ここではBrandon♪がバックアップ、手拍子も煽って、Sheenaさん♪

楽し気に歌っていました。

「初期のヒット曲、当時はFacebookとかなかったわ・・・」

と言って、軽快なリズムから、Telefone (Long Distance Love Affair)♪

場内も盛り上がり、Sheenaさん♪、”Oh Oh”という部分は客席に!!

客席との一体感を感じたところで、お馴染みのイントロ・・・

Morning Train (9 To 5)♪

場内もほぼ総立ちで、手拍子!!

ライヴも最高潮です。

「私のショーはこの曲で締めるわ・・・」

そう、For Your Eyes Only♪

場内もしっかり聴き入り、曲の途中でも拍手喝采!!

感動のエンディングとなりました。

“God Bless You! Good Night!”

バンドが演奏を続ける中、Sheena♪は一度下がります。・・・

・・・

少し後に、演奏が再スタート!!

Na Na Na~♪

Sheenaさん♪も再登場!!

勿論、Modern Girl♪

やはりこの曲が最後!!

再び大盛り上がりの中、Sheenaさん♪

ステージを後に・・・

この日のステージはここで幕を閉じました。・・・

日本に来ていない2年間には、ミュージカル”42nd Street”に出演されていたとのこと!!

それによって、さらにエンターテイナーとして磨きをかけ、派手な仕掛けこそないものの、さらにショーアップされた楽しいステージを見せてくれました。

今回は大ヒット曲とカバー曲を半々といったセットリストでしたが、彼女には他にもヒット曲、特にバラードの名曲が多々あります。

そのようなナンバーも含めて、次回も大いに期待したくなる!!

そんなステージでした。!!

 

 

 

 

 

 

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook