ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Bay City Rollers ㊙日記リターンズ(149)

time 2019/11/25

1978年

September 4th Monday

 

(続き)

 

さて話をもとに戻します。

 

まず「Sunshine Love」から始まりました。

でも初めのTerryのカウントだけが生で

あとは残念ながらRecordでした。。。

 

そして次は「Sheila」これもRecord。

 

Ahーー!!Fanが映ってるのでス。

みんな立っちゃって。あ~~~ん。。。くやしぃ~~~!!!

「Sheila」が終わると、Terryが降りてきて

メンバーの紹介+メッセージに入りました。

 

このTerryが降りてくるときイーchanの話によると

彼つまずいたんだって!!

きゃ~~!私、全然気がつかなかった。

 

 

その紹介の時、狩人と南沙織が出てきたの。

そして南沙織が通訳にまわったのデス。

あ~~ん、いいナァ。。。

 

Ian、Terry、Damian、Colin、Andyの順でシタ。

 

ガガーーン!!

しかしAndyがいやに南沙織に対してあいそが

いいというか、にこやかな笑顔うかべるのデス。

それにそれにAndyがしゃべってる時、

南沙織がすごく近くで耳元でそれを聞いているの。。。

 

まぁFanがうるさくって聞えないっていうことも

あったんだろうケド。。。

 

 

でもAndy、南沙織のコト気に入ったカンジがするの。

TerryもAndyのとき、そっちの方をにこやかな顔して

見てたし。

やっぱ背がちっちゃくて可愛いカンジだからナァ・・・

Ahーー!!ショック。。。

 

でもIanはそうでもなかったみたい。

良かった良かった

 

そして次の曲をIanが紹介しました。

「フタリノパラダイス」

って日本語で。キャー!!♥♥♥

TerryもDrumのところに帰らないで

並んで歌ったの。

 

両手をあげて手をたたいて。

そのあの時のConcertのように

そしてうれしいコトに、これはRecordではなく

生でシタ!!

 

Damianは「タッテーーー!」と叫んだの

うわ~~~ん、この時またこの会場にいた

Fanがうらやましかったァーーーー!!

 

 

途中でこの日、出演した日本の歌手も

ぞろぞろと出てきたのデス。

 

そうあのレイジーも。

まったくイヤなのヨ、歌えもしないくせにカッコつけて

いかにも知ってるよーに口動かしてんの。

しかし全然合ってナイのヨネ。

わからなきゃムリせず黙って手たたいてりゃいいのに。

そしてこの「Let’s Go!Young」のLastのテーマ曲

もちろん日本語だからRosettaは歌えるワケがない。

 

But、だからといって知ったかぶりして

口動かすようなマネはしませんデシタヨ

 

この曲が終わったとき、彼らは

「Good Bye!Everybody, Good Bye!」

と叫んで、そして終わったのデシタ

 
あ~~~ん、行きたかったヨォーーー。。。

みたかったよォーーー。。。

くやしい~~~~。。。

 

 

写真の方は24枚撮れたけど、まだ出せないのデス

他にもう1本、テレジオ7のもあるので2本。

現像料が225yenの学校の写真屋に出しても

全部撮れていたとして2610yenもかかるのデス

 

今の私のMoneyは5000yenちょっと。

でも明日、RollersのLP買うんで残りは2500yen

になっちゃう。

トーゼンムリですヨネ。。。

 

おこづかいもらったらすぐ出そおっと!!

 

(続く)

関連記事

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook