ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

1/26付。今週の全米アルバムチャートから。

time 2013/01/27

全米ヒットをお探しなら是非あめりかん☆ぱいへ。全米ヒットじゃなくてもお探しします。

http://www.rakuten.co.jp/americanpie/

18

今週の第1位は初登場でクリス・トムリン『Burning Lights』。73,000枚のセールスでした。
日本にはなじみのないアーティストかもしれませんが、クリスチャン・ミュージックではかなりの人気アーティストで
クリスチャン・アルバム・チャートではこの作品が4枚目の1位となりました。ポップ・アルバム・チャートで
クリスチャン・アーティストが1位になること自体が珍しく、通算4枚目のNo.1アルバムです。

過去のクリスチャン・ミュージック・アーティストのポップ・チャートでの1位

1997/6/28(2週)Bob Carlisle / Butterfly Kisses (Shades Of Grace)
1997/9/27(3週)LeAnn Rimies / You Light Up My Life – Inspirational Songs
2012/9/15(1週)tobymac / Eye On It

1997年から始まっているクリスチャンのイベント“Passion Conference”がアトランタで1月1-4日に行われ、
そこでの予約、教会でのセールスなどが効いて1位での登場となりました。

今週は他に3枚がTOP10内に初登場しましたが、いずれもロック・バンド。

17名称未設定-1

まず第2位がグループとして過去最高の順位となったハリウッド・アンデッドの『Notes From The Underground』。
カリフォルニア州ハリウッド出身の6人組でメンバー全員がマスクをしてパフォーマンスをしています。ロック・バンドと
いってもラップやヒップホップを取り入れたサウンドで人気を博しています。前作『American Tragedy』(2011年
4位)に続くTOP10入りとなりました。

そして第7位がブラック・ヴェイル・ブライズの『Wretched And Divine: The Story of the Wild Ones』。
オハイオ州シンシナティ出身の5人組。2006年に結成。キッスの影響をうけたというファッションで2010年に
メジャー・デビューしました。初のTOP10入りです。2011年3月11日の東日本大震災の当日、東京・原宿で
ライブをやっていました。

続いて第9位に初登場したのがドロップキック・マーフィーズの『Signed And Sealed In Blood』。
1996年にマサチューセッツ州ボストンで結成された7人組ロック・バンドです。アイリッシュ・トラッド・
ミュージックの影響を受け、バグパイプやマンドリンを使っています。全員がボストン・レッドソックスのファンで
「Tessie」を再発表した2004年にレッドソックスがリーグ優勝したため、この年のワールド・シリーズで
この歌が使われていました。レッドソックスはこの年のワールド・シリーズでも優勝しています。

19

チャートの10位には先ごろ来日して『ミュージック・ステーション』に出演したり、ファンとの交流イベントに
参加したワン・ダイレクションの『Take Me Home』が入っています。アメリカを始め37ヶ国で1位になりました。
来日時の成田空港での熱狂的なファンの出迎えなどがニュースで報じられておりましたが、11/2、11/3の
幕張メッセでのコンサートも決まり、日本でもさらなる人気が高まっていきそうです。

20

今から21年前の1992年。当時12歳だったデュオが放った曲はHOT100で8週連続第1位、
アルバム・チャートでも2週間1位となり大ヒットを記録しました。アルバムは400万枚売れ、年間10位、
シングルは年間3位!この2人、クリス・ケリー&クリス・スミスが1日だけ再結成するそうです。誰ですか?
クリス・クロスです。現在32歳!!アルバムは『Totally Krossed Out』、シングルは「Jump」ですね。
2/23にアトランタのフォックス・シアターで行われる“So So Def Recording 20周年記念コンサート”に
出演します。他にはレーベル創設者のジャーメイン・デュプリやダ・ブラット、バウ・ワウなどが決まっているそうです。
アトランタのショッピング・モールで歌っているところをジャーメイン・デュプリにスカウトされたのが10歳の時。
その後「Jump」を引っさげてマイケル・ジャクソンの92年“Dangerous World Tour”にも参加していました。

ところで今週1/26付からビルボードは大幅にチャートの発表順位を拡充しています。“Billboard 200”と
呼ばれるポップ・アルバム・チャートは先週までの200位から今週は300位まで発表されました。各ジャンルの
アルバム・チャートも大幅に発表順位が広がっています。

//////////////////////

1/26付。今週の全米シングルチャートから。

921

今週も第1位は6週連続となるブルーノ・マーズの「Locked Out Of Heaven」。年間TOP10入り決定!
エアプレイで4週目の1位、デジタル・セールスは4位、オンデマンドは2位です。

一方、デジタル・セールス1位、オンデマンドも1位のマックルモア&ライアン・ルイス・フィーチャリング・
ワンズの「Thrift Shop」がHOT100では2位。なぜか。エアプレイがまだ22位なんです。
今週からスタートした新しいチャートであるストリーミング・ソングス・チャートでは第1位でした。また、
R&B・ヒップホップ・ソングス・チャートでも今週1位となり、リアーナ「Diamonds」の歴代1位タイとなる
15週目の1位を阻止しました。

先週TOP10入りしたウィル・アイ・アム&ブリトニー・スピアーズの「Scream & Shout」は今週6位。
UKでは1位となり、ブリトニーとしては2004年「Everytime」以来6曲目の1位とのことです。
また、これも今週からスタートしたビルボード・ダンス/エレクトロニック・ソングス・チャートでこの曲は
最初の1位になりました。このチャートはデジタル・セールス、エアプレイ、ストリーミング・データと140人の
クラブDJからのランキング・リポートを集計しています。ちなみに第2位はHOT100で今週7位の
スウェーディッシュ・ハウス・マフィア・フィーチャリング・ジョン・マーティンの「Don’t You Worry Child」でした。

22

13位変わらずが、アリシア・キーズの「Girl On Fire」。1/25で33歳になります。アリシア・キーズは
2/3に行われる第47回スーパー・ボウルで国歌斉唱の大役を務めることになりました。ちなみにハーフタイムでは、
先ごろのオバマ大統領就任式で国歌斉唱したビヨンセです。今年はボルチモア・レイヴンス対サンフランシスコ・
49ers。ルイジアナ州ニュー・オリーンズのメルセデス・ベンツ・スーパードームで行われます。

下の方では、44位に初登場したのがブレイク・シェルトンの「Sure Be Cool If You Did」。
カントリー・ソングス・チャートでは98,000ダウンロードを記録して45位から一気に6位にアップしました。
カントリーでは16曲目のTOP10入り。すごいのは過去15曲のTOP10ヒットのうち12曲が1位を記録!
この曲はどこまでいくでしょうか。カントリーでは1位でしょうね。

またHOT100では62位から56位に上がったブラッド・ペイズリーの「Southern Comfort Zone」も
カントリーでは今週10位にアップしました。29曲目のTOP10ヒット。アルバム『Wheelhouse』は
4/9発売です。惜しかったのは、ブラッド・ペイズリーはラジオ・ソングとして2000年の「We Danced」から
2011年のキャリー・アンダーウッドとの「Remind」まで27曲連続でTOP10入りという驚異的な記録を
作っていました。しかしその次の「Comouflage」が最高位15位となりこの記録が途絶えてしまったのです。

23

来週大ジャンプアップ、おそらく2位か1位に上がるだろうといわれているのが今週84位に初登場したこの曲
「Suit & Tie」です。ジャスティン・ティンバーレイク・フィーチャリング・ジェイZ。

アルバム『The 20/20 Experience』は今年の秋に発売予定とか。実は1/26付の集計期間のうち
エアプレイされたのが2日間だけでしたが、エアプレイ・チャートの33位に初登場しました。その後の
1/20までの1週間でフルにエアプレイ・ポイントが寄与することと、デジタル・セールスもスタートして
40万ぐらいのダウンロードが予想されていることで、2/2付では一気に1位もあるかという予測なんです。
久しぶりのジャスティン・ティンバーレイクのヒットを記念してビルボードがこれまでのジャステインの
オールタイムTOP10を発表していました。

1位 SexyBack / Justin Timberlake (06/1)
2位 My Love / Justin Timberlake Featuring T.I. (06/1)
3位 Dead and Gone / T.I. Featuring Justin Timberlake (09/2)
4位 It’s Gonna Be Me / ‘N SYNC (00/1)
5位 Bye Bye Bye / ‘N SYNC (00/4)
6位 What Goes Around…Comes Around / Justin Timberlake (07/1)
7位 This I Promise You / ‘N SYNC (00/5)
8位 4 Minutes / Madonna Featuring Justin Timberlake & Timbaland (08/3)
9位 Give It to Me / Timbaland Featuring Nelly Furtado & Justin Timberlake (07/1)
10位 Cry Me a River / Justin Timberlake (03/3)

今週もうひとつの注目が、まだHOT100には入っていないんですが、ロック・ソングス・チャートで
20位に初登場したデヴィッド・ボウイの「Where Are They Now」。UKでは1993年3月に9位を記録した
「Jump They Say」以来のTOP10ヒットとなる6位に初登場しました。28枚目のスタジオ・アルバムとなる
『The Next Day』は3/12発売です。HOT100では97年「I’m Afraid Of Americans」(最高位66位)が
最後のヒットでしたが、HOT100への登場はあるでしょうか。
ではデヴィッド・ボウイのオールタイムTOP10をどうぞ。

1位 Let’s Dance (83/1)
2位 Fame (75/1)
3位 Golden Years (76/10)
4位 Dancing in the Street (with Mick Jagger) (85/7)
5位 Blue Jean (84/8)
6位 China Girl (83/10)
7位 Space Oddity (73/15)
8位 Modern Love (83/14)
9位 Day-In Day-Out (87/21)
10位 Under Pressure (with Queen) (82/29)

最後に、日本では全然有名じゃないけれどアメリカ人の大人は大抵知っているスーパースターを改めてご紹介します。
1952年5月18日テキサス州生まれ、60歳。ジョージ・ストレイトです。カントリー・チャートでは数々の
記録をもっていますが、シングルでは43曲のNo.1は歴代1位。85曲のTOP10ヒットは歴代2位!
さらにデビューした年の1981年から32年連続でTOP10入りを果たしています。

今でもすごい人気とお伝えしたかったのは、これです。今年来年でツアーはやめると発表して1/18の
テキサス州ラボックから“The Cowboy Rides Awasy Tour”がスタートしました。
今年も“Houston Livestock Show & Rodeo”がヒューストンのリライアント・スタジアムで行われますが、
その最終日となる3/17にジョージ・ストレイトがライブを行うんです。そしてそのチケット77,000枚が
発売されたのですが、なんと2分!!で完売してしまいました。日本で77,000枚のコンサート・チケットを
2分以下で完売できるアーティストといったら誰を思い浮かべますか?しかも60歳です。ツアーは来年で
終わるとのことですがアルバムなどはまだ作るそうで、このツアー中にもニュー・アルバムが発売予定です。
このヒューストンの“Livestock Show & Rodeo”が2002年に68,000人以上を集めてアストロドームで
行われた時にもジョージ・ストレイトはコンサートを行っており、このライブはCD化されました。

ジョージ・ストレイト、一度聴いてみませんか。

 

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook