ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

2/9付 最新全米ヒットチャート解説+今週のおまけ

time 2013/02/06

 

全米ヒットをお探しなら是非あめりかん☆ぱいへ。
全米ヒットじゃなくてもお探しします。
http://www.rakuten.co.jp/americanpie/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2/9付。今週の全米アルバムチャートから。

mcanb001717302

今週の第1位はカントリー・シンガー、ゲーリー・アランの『Set You Free』です。106,000枚のセールスでした。1967年12月5日カリフォルニア州モンテベロ生まれ。45歳にしてポップ・チャートでは初のNo.1となりました。またこのビルボード・アルバム・チャートで「ゲーリー」さんのNo.1は彼が史上初だとか。こういうの調べる人いるんですね。カントリー・アルバム・チャートでは3枚目のNo.1です。ファースト・シングルの「Every Storm (Runs Out Of Rain)」もカントリー・ソングス・チャートで今週1位(HOT100では26位上昇中)です。9枚目のスタジオ・アルバムになりますが、初めてポップ・アルバム・チャートに登場したのが1996年11月でした。アルバム『Used Heart For Sale』は最高位136位。その後6枚目の『Tough All Over』(2006年)が初めてTOP10(最高位3位)に入り、それから『Greatest Hits』を含めて5枚連続TOP10入りを果たしています。カントリーでは3枚目のアルバムから『Greatest Hits』を含め8枚連続TOP10入りです。(スタジオ・アルバムという言い方には『Greatest Hits』は含まれません。)
 

今週のTOP10内初登場はもう1枚。

cap799682

4位に初登場したのが『2013 Grammy Nominees』。いよいよ2/10にロス・アンゼルス・ステープル・センターで第55回のグラミー賞授賞式が行われ全米に生中継されます。グラミー賞、今年は誰の手に?大本命不在の中で当店恒例の予想クイズでいただいた予想も結構割れています。クイズ締め切りは2/9です。

ご興味のある方はこちらでご応募を受け付けております。http://item.rakuten.co.jp/americanpie/grammy55/

このシリーズは「1995」からスタートして「2013」まですべてチャートに入っています。19枚中12枚がTOP10入り。過去最高順位は「2007」の3位でした。この年から7年連続でTOP10入りしていて、3年連続最高位4位です。

stnc76777

もう1枚、カントリー・アルバム・チャートでは3位に初登場、ビルボード200では11位に初登場したのが、ランディ・ハウザーの『How Country Feels』です。1975年12月18日ミシシッピ州生まれの37歳。2008年に『Anything Goes』でデビューしてこちらがカントリー・アルバム・チャートで21位を記録。セカンド・アルバムは2010年に発表。『They Call Me Cadillac』は最高位8位を記録しました。そして今回が3位。人気上昇中ですが、デビューしたのは32歳の時。一般的には遅咲きですが、カントリー・シンガーにはよく見られることです。息の長い大ヒットを期待しましょう。
//////////////////////
2/9付。今週の全米シングルチャートから。

21

今週の第1位はマックルモア&ライアン・ルイス・フィーチャリング・ワンズの「Thrift Shop」です。HOT100では2週目の第1位。この曲、先週オンデマンドでストリーム数の新記録樹立とお伝えしましたが、今週は早々とその記録を更新しました。今週は171万ストリームスで堂々4週連続第1位です。デジタル・セールスも3週連続第1位。ダウンロードの合計は230万を超えました。エアプレイは14位から8位に入って、いよいよ長期1位の道が開けてきましたか。アルバム『The Heist』は昨年10月に初登場で2位(最高位)を記録して、その後下がっていましたが、この曲のHOT100上昇に伴って、先々週24位、先週15位から今週は14位へ再上昇しています。

2位は先週と変わらずブルーノ・マーズの「Locked Out Of Heaven」。
3位はこちらも先週と変わらず、これで3週連続で3位にとどまっている、グラミー賞最優秀新人候補のルミニアーズ「Ho Hey」。ロック・ソングス・チャートでは11週目の第1位です。このチャートでは昨年の9/29と10/6に2週連続で第1位を記録した後ダウン。その後12/15に10週間ぶりに1位に返り咲いてそれから9週連続で第1位です。10週間ぶりの1位返り咲きは曲のチャートではかなり珍しいのでは。すでに300万ダウンロードを超えました。

4位のテイラー・スウィフト「I Knew You Were Troble」も300万ダウンロードを超えています。

5位には6位からアップしたウィル・アイ・アム&ブリトニー・スピアーズの「Scream & Shout」。今週HOT100エアプレイ・チャート、いわゆるラジオ・ソングス・チャートで12位から9位に入りました。1990年12月1日から集計方法がBDSになってからこれまでの記録を見ると、ブリトニー・スピアーズはこのチャートのTOP10入りが12曲目でこれは女性アーティストで歴代7位でした。女性アーティストの歴代TOP10は以下の通りです。

 1位 23曲 マライア・キャリー
 2位 20曲 リアーナ
 3位 15曲 ジャネット・ジャクソン
 4位 14曲 ビヨンセ
 4位 14曲 ピンク
 6位 13曲 マドンナ
 7位 12曲 ブリトニー・スピアーズ
 8位 11曲 アリシア・キーズ
 8位 11曲 ケイティ・ペリー
10位 10曲 アシャンティ
アルバム・チャートでも取り上げましたがゲーリー・アランの「Every Storm (Runs Out Of Rain)」はHOT100では26位上昇中ですが、カントリー・ソングス・チャートでは通算4曲目の1位になりました。ただこの前に1位になったのが、2004年の「Nothing On But The Radio」で実に8年2ヶ月ぶりの1位でした。かなりのブランクでしたが、カントリー・ソングス(シングル)・チャートで次の1位までに最も時間がかかったのは誰か?誰でしょう。久しぶりにクイズ。答えは最後で。

ari798094

もう一人、カントリーですごい人を見つけました。皆さんご存じのキャリー・アンダーウッド。「Two Black Cadillacs」がHOT100では53位上昇中ですが、カントリーでは14位から10位に入りました。それで何がすごいかって?キャリー・アンダーウッドのカントリーでのTOP10はこれが17曲目なんですが、過去16曲の最高位はどれくらいかって調べてみるとなんと1位が13曲。あとの3曲は全部2位だったんです。この曲は果たして?
最後に昨年のHOT100年間1位「Somebody That I Used To Know」ゴティエ・フィーチャリング・キンブラですが、今週HOT100で44位にまだいます。HOT100=56週目。今週21,000ダウンロード記録して、遂にダウンロード合計が700万を突破しました。700万以上のダウンロードを記録したのは4曲目です。上には上があるんですね。

1位 820万 I Gotta Feeling / Black Eyed Peas
2位 770万 Rolling In the Deep / Adele
3位 750万 Party Rock Anthem / LMFAO Featuring Lauren Bennett & GoonRock
4位 700万 Somebody That I Used To Know / Gotye Featuring Kimbra

 

/////////////////

 

今週のおまけ

snyl543018

☆2/3に行われたスーパーボウル。全米で1億841万人が見た!そうです。試合はボルチモア・レイヴンズが34対31でフォーティナイナーズを下しました。アリシア・キーズが国歌斉唱。ジェニファー・ハドソンとサンディ・フック・エレメンタリー・クワイア26人が「America The Beautiful」を歌いました。ハーフタイム・ショーはビヨンセ。今年の6月からはワールド・ツアーをするそうですね。ショーでは「クレージー・イン・ラブ」などのヒット曲を歌ったあと、ケリー・ローランドとミシェル・ウィリアムズが登場。デスティニーズ・チャイルド、この時だけの再結成で「インディペンデント・ウーマン パート1」などを歌いました。

チャートの集計は日曜日までの1週間なのですが、2/16付に反映される2/3、この日までの1週間の集計でビヨンセのデジタル・セールスが前週比3.3倍、デスティニーズ・チャイルドが7倍の売り上げを記録したそうです。ほとんど2/3それも夜だけのセールスだと思いますが。2/16付で何がどれくらい上がったのでしょうか。デスティニーズ・チャイルドでは、新曲「Nuclear」を含んだラブ・ソング・ベスト「Love Songs」がちょうど1/29に発売されていますので、これが何位に初登場するか楽しみです。普通なら100位に入るかどうかだったかもしれません。1/22に発売されているビリー・ジョエルの『She’s Got A Way: Love Songs』は2/9付ではTOP200に入れませんでした。

 

a_andrewsmil

★訃報です。パティ・アンドリュースが亡くなりました。ロス・アンゼルス郊外ノースリッジにある自宅で1月30日に老衰のため亡くなったそうです。94歳でした。1938年に「Bei Mir Bist Du Schoen」でデビュー。いきなりチャートの1位を獲得。最後のヒット曲は51年でしたのでHOT100には記録を残していませんが、400曲以上をレコーディング、全米で8000万枚以上のセールスを記録しています。ビッグ・バンドとのレコーディングやビング・クロスビーともコラボして多くのヒット曲を残しました。

父ピーター・アンドリュースはギリシア系移民で母はノルウェー生まれ。長女ラヴァーンは1911年に、次女マキシンが16年、そして三女のパティ(パトリシア)は18年に生まれました。家族はミネアポリス近郊で暮らしていました。ラジオから流れてくるボスウェル・シスターズに刺激を受けて、ラヴァーンがピアノを弾いて2人の妹と一緒に歌の練習を重ねていました。その後地元で開催されるショーやパブで歌っていたのですが1937年に一家はニュー・ヨークへ移住。1週間15ドルでホテルでバンドをバックに歌っていたのですがそれがラジオに流れ、デッカ・レコードと契約します。1938年にデビューすると次々とヒットを量産します。「Shoo-Shoo Baby」(44年)、ビング・クロスビーとの「(There’ll Be A) Hot Time In The Town Of Berlin (When The Yanks Go Marching In)」(44年)と「Don’t Fence Me In」はジュークボックス・チャートの1位を飾り、45年の「Rum And Coca-Cola」は同チャートで10週間1位、49年に「I Can Dream, Can’t I」が、50年には「I Wanna Be Loved」も1位を記録しています。

私生活では47年に彼女たちの代理人のマーティン・メルチャーと結婚。ただ2年後には離婚してしまいました。マーティンは程なくしてドリス・デイと結婚しています。パティは52年にバンドでピアノを弾いていたウォルター・ウェスチラーと再婚します。2人の姉は、ラヴァーンが1967年に癌で、マキシンが95年に心臓発作で亡くなりました。
なお、41年の「Boogie Woogie Bugle Boy」はベット・ミドラーがカバーして73年に最高位8位を記録。さらにパティがソロでヒットさせた「Too Young」(51年19位=ジュークボックス・チャート)はダニー・オズモンドがカバーして72年に13位のヒットとなっています。この曲はナット・キング・コール盤が51年に1位を記録しています。ご冥福をお祈りします。

pq_elvisesse

☆さて、クイズの答です。カントリー・ソングス(シングル)・チャートで次の1位までに最も時間がかかったアーティストは誰か?答はエルヴィス・プレスリーでした。エルヴィスは合計11曲のNo.1ヒットをカントリー・チャートで記録しているのですが、8曲目のNo.1ヒット「Jailhouse Rock」(1957/12/2)から9曲目の「Moody Blue」(1977/2/19)まで19年2ヶ月2週間かかりました。これが最も次の1位までに時間がかかったケースだそうです。ちなみに10曲目のNo.1ヒット「Way Down」(1977/8/20)は「Moody Blue」の次のシングルです。最後の1位は81年の「Guitar Man」(1981/3/14)でした。エルヴィスは1977年8月16日に亡くなっています。ビルボード誌は火曜日に発売されていましたので「Way Down」の1位は知っていたかもしれませんね。

 

関連記事

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook