ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Sheena Easton@Billboard Live Tokyo (March 13, 2013)

time 2013/03/17

このところ、Billboard Liveの常連になっているSheena Easton

3月13日のセカンド・ステージです。

 

定刻21時30分を少し回ってライトダウン

お馴染みのシンガーPhillip Ingramを含むメンバー5人が登場、何故かベースは不在?

演奏がスタートして、小柄なSheena Easton登場!グリーンのワンピース・ドレス!

1曲目はI Feel For You♪

勿論、Princeのナンバー、彼女の運命を変えた人と言えますが・・・

果たして、それは吉だったか凶だったか!?・・・

続いて、その路線での復活ヒットと言えるThe Lover In Me♪

ライヴでは定番!

「現実にあった話・・・」

ということで、Almost Over You♪

こういう歌を歌うSheena Eastonが良い、と思っている人も多いと思いことでしょう。

続いてはスタンダードを集めたアルバムNo Strings収録のHow Deep Is The Ocean♪

前回よりセットに加わっているようです。

一転して、こちらも定番のStrut♪

(そういえばこの頃、日本のCMに出ていました。)

ギターのDaveが前に来て、アコースティック・ギター1本で歌うは

You Could Have Been With Me♪

’80年代の来日公演ではコンサートの終盤に歌っていた全米でのヒット曲

久々に歌ってくれて嬉しく思いました。

そしてバックのビートが刻まれる中

「この曲を歌うほど若くはないけど・・・」

U Got The Look♪

Sheenaさんの歌のパートナーといえるお馴染みのPhillip Ingram

今回も息の合ったデュエット!

同じくPrince作のSugar Walls♪が続きます。

メンバーが少ないだけにサックスもフィーチャー

さらにはGlamorous Life♪も挿入され、盛り上っていました。

一転してPhillipとのデュエットはお馴染みのWe’ve Got Tonight♪

ここでメンバー紹介、そしてTelefone♪登場!!

客席はほとんど座っていますが、Wowという声と手拍子はしっかり聴こえました。(笑)

「大切な人は自分にとって輝いている・・・」

そのようなことを言って、When He Shines♪

Almost~♪、You Could Have~♪同様、この歌を聴けることも嬉しく思います。

「Phillipや私はMotownで育った・・・」

Marvin Gaye & Tammi Terrellのヒット、Ain’t Nothing Like The Real Thing♪

そのPhillipとの息の合ったデュエットをここでも聴かせてくれました。

ライヴも終盤でお馴染みのドラムスのイントロ!

Morning Train (9 To 5)♪

このように耳馴染みな曲は何かホッとした気分になります。

そして重厚な音が響き!

For Your Eyes Only♪

目を瞑ったら、あの映画のオープニングが甦ってきます。

この曲ではいつでも観客はしっかり聴き入っていて・・・

拍手喝采の中、Sheenaさんはステージを後にしました。

バックのメンバーはそのまま・・・

軽快なリズムが始まり、Na Na Na~♪

勿論、Modern Girl♪

ここでは場内総立ちになりました。

色々変貌もあったとはいえ、Sheena Eastonはここからスタートなのです。

大盛り上がりの中、観客に謝辞を述べ、80分のステージは幕となりました。

20130313_225406

Sheena Eastonの来日公演、かつては中野サンプラザでよく見ました。

’80年代に10曲以上のTOP40ヒットのある人ですし、今でもプロモーション次第ではホール公演をできるのでは!?

そう思いますが・・・

今回、最後の挨拶で言ったことからも、今後もこの形でやっていくようです。

とにかく元気で、これからも楽しいステージを見せてほしいと思っています。!

 

 

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook