ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

佐藤直人の今週の洋楽この1曲!(第12回)

time 2013/08/02

佐藤直人の今週の洋楽この1曲!(第12回)

私が独断と偏見で毎週1曲ずつご紹介します。

1980年1月16日、その5日後に日本武道館であの1966年のビートルズ来日以来14年ぶりのコンサート開くはずだったポール・マッカートニーが、何と成田空港で大麻不法所持で逮捕されてしまいました。東京、大阪、名古屋で合計11回行われるはずのコンサートは中止。チケットは払い戻しとなったのです。私は当時大学2年生で、武道館コンサートのチケットを持っていました。あの時ウドーに行って、武道館で発売されるはずのコンサートのパンフレットを買った覚えがあります。週末のラジオのヒットチャート番組でも多くがこのことをとりあげてコメントをしていました。当時ショックでその番組を録音してヒットチャートをつけていたノートに各番組でのコメントを書き写しました。全米TOP40では多くの時間を割いて湯川さんがコメントをしていました。

 

その後デニー・レインの脱退もあってウィングスは活動休止。ポール・マッカートニーは10年ぶりのソロ・アルバム『マッカートニーII』を発売。ファースト・シングル「Coming Up」がチャートを駆け上がりました。結果的にはこの曲は6/28から3週間1位を記録し、ビルボードでは1980年年間7位の大ヒットとなりました。

 
このプロモ・ビデオが良かった。ヴォーカルのポール・マッカートニーとリンダ・マッカートニーの他、ドラムやベースやギターやキーボードやホーン・セクションがいるのですが、リンダ以外全部ポール・マッカートニーなんです。実際もスタジオ・バージョンはリンダのパート以外全部をポール一人で演奏しました。

 
そこで面白かったのが、他のポールがすべていろいろなアーティストに扮して演奏しているんです。バディ・ホリーにも見えるハンク・マーヴィン、デヴィッド・ギルモア、アンディ・マッケイ、フランク・ザッパ、ミック・フリートウッド、ニール・ヤング、ロン・メイル、そしてビートルズ時代のポール・マッカートニーにも。私はヴォーカルのポールすらモンティ・パイソンのエリック・アイドルにも見えてしまいました。

 
さて、「Coming Up」ですが、日本とUKではシングル盤A面のスタジオ・バージョンがチャートを駆け上がりました。あのプロモーション・ビデオのやつですね。ところがアメリカではそうじゃなかった。ビルボードのHOT100チャートでは最初の12週間、3週目の1位まではタイトル、アーティスト名が「Coming Up / Paul McCartney」だったのに1位を落ちた2位からラストまでの9週間が「Coming Up (Live At Glasgow) / Paul McCartney & Wings」になっているんです。

 
これについては、後から知ったことですが、アメリカではシングルB面の1979年12月に行ったライブ・バージョンの方をキャピトル・レコードが推して、ラジオ局は次第にこちらをかけるようになったそうです。まだチャートを上がリ始めた頃です。ポール自身はスタジオ・バージョンの方を気に入っていたようです。そしてチャートですが、2位に落ちてからライブの方がスタジオ・バージョンのポイントを上回ったからタイトルが変わったということではありません。明らかにタイトルを変える時期が遅かったとのことのようです。キャピトル・レコードが途中からA面をライブ、B面をスタジオに差し替えたともいわれています。

 
その後のビルボードが発表しているポール・マッカートニーのオールタイムTOP10やこの曲を含むランキングではこの曲のタイトルはライブ・バージョンの方になっていますので、ビルボードHOT100でこの曲を語る時は「Coming Up (Live At Glasgow) / Paul McCartney & Wings」が統一見解となっているようです。アメリカではその後に発売された『All The Best』や『Wingspan』(ともに廃盤)といったベスト盤ではアメリカ盤のみ、この曲はライブ・バージョンが収録されています。

 
ということで今週の「佐藤直人の今週の洋楽この1曲!」は、ポール・マッカートニー&ウィングスの「Coming Up (Live At Glasgow)」です。

もともとスタジオ・バージョンが収録され、スペシャル・エディションにこのライブ・バージョンが収められたアルバムはこちらです。

Paul McCartney / McCartney II (Special Edition):

hear32798
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/hear32798

 

 

Paul McCartney / McCartney II (Box):

hear32800

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/hear32800

 

 
ベスト盤やボックスセットの発売が待ち遠しいです。

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook