ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

8/10 最新全米ヒットチャート解説

time 2013/08/09

全米ヒットをお探しなら是非あめりかん☆ぱいへ。
全米ヒットじゃなくてもお探しします。
http://www.rakuten.co.jp/americanpie/
最近流行りの洋楽アルバムはこちらにまとめました。全19ジャンルあります。

http://www.rakuten.ne.jp/gold/americanpie/now/album.html

 

sicp-3868 sicp-3870

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/c/0000000564

さて、昨年発売されてご好評をいただきました『僕たちの洋楽ヒット デラックス (VOL.1-VOL.8)』に続く『僕たちの洋楽ヒット モア・デラックス (VOL.1-VOL.8)』が8/28に発売されることになり、今回も私が選曲、といってもなかなか入れてほしい曲の許諾がおりずにレコード会社の方々には今回も大変ご苦労をおかけしたようですが、監修が矢口清治氏、解説が矢口氏と私と森井嘉浩氏で分担しました。収録曲も決定しました!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8/10付。今週の全米アルバムチャートから。

hwdd001805392

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/hwdd001805392
今週の第1位は21歳になったばかりのセレナ・ゴメスの『Stars Dance』。97,000枚のセールスで初登場1位です。このアルバムからのファースト・シングル「Come & Get It」は初のTOP10入りとなる最高位6位を記録。もう1曲の「Slow Down」は登場2週目で66位にランクされています。2009年デビューアルバム『Kiss & Tell』が9位、2010年『A Year Without Rain』が4位、2011年『When The Sun Goes Down』が3位、そして4枚目のこのアルバムで初めてNo.1を獲得しました。

 
今週のTOP10内初登場はあと3枚あります。

ci372220

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/ci372220

 

5位に初登場したのが、ラテン界のスーパースター、マーク・アンソニーの『3.0』。このアルバムはスペイン語のアルバムでラテン・アルバム・チャートでは当然1位です。一部のショップで発売日より前に売っちゃったようで8/3付のラテン・アルバム・チャートで11位に初登場していました。

 

eqv2532

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/eqv2532
8位に初登場したのがTOP10入りは初めてとなるウイ・ケイム・アズ・ロマンスの『Tracing Back Roots』。2005年にミシガン州で結成された6人組ロック・バンドで、このアルバムが3枚目。インターネット、インディーズ、ハードロックの各アルバム・チャートで初登場1位です。このアルバムでいよいよ来たかな。

 

rpblb001886002

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rpblb001886002
もう1枚が9位に初登場したコンピレーション・アルバム『Rich Gang』。ヤング・マネー/キャッシュ・マネー・レーベルのアーティストを中心に構成されたアルバムで、ファースト・シングルの「Tapout」はR&Bヒップホップ・ソングス・チャートで10位上昇中。こちらはアーティスト名が「Rich Gang」ですが、今週44位上昇中のHOT100ではアーティスト名は「Lil Wayne, Birdman, Future, Mack Maine, Nicki Minaj」となっております。アルバムには他に、リック・ロス、ミーク・ミル、フレンチ・モンタナ、T.I.、バウ・ワウなどが参加しています。

 

結成50周年のツアーを行ったローリング・ストーンズですが、7/6、7/13に行われたロンドン・ハイド・パークでのライブからの19曲がアルバムになりました。といってもCD化はされず8/19までの限定配信のみ。それでも15,000枚のセールスで19位に初登場です。これがストーンズにとっては実に50枚目のチャートイン。TOP40入りは45枚目でグループでは歴代1位(2位はビートルズの39枚)です。アルバム・チャートTOP40入りの歴代TOP10アーティストは以下のとおりです。

 
1位 56枚 Frank Sinatra
2位 52枚 Elvis Presley
3位 50枚 Barbra Streisand
4位 45枚 The Rolling Stones
5位 43枚 Bob Dylan
6位 39枚 The Beatles
7位 37枚 Elton John
7位 37枚 Neil Young
9位 34枚 Eric Clapton
10位 32枚 Rod Stewart

こうしてみると、女性はバーブラ・ストライサンドのみで、女性アーティストの2位が31位枚以下になるわけですからダントツですね。日本での評価が低すぎます。

hup34170
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/hup34170

 

c_clarkeduke

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/a0112040101
ところで、7/16にアルバム『Dreamweaver』を発売したばかりのジョージ・デュークが8/5夜ロス・アンゼルスのセント・ジョン病院で慢性リンパ性白血病のため亡くなりました。67歳でした。ジャズ、ファンク、R&B、ポップ、ディスコなど幅広い活躍でファンを魅了し続けてきました。共演したアーティストもスタンリー・クラークとのアルバムをはじめ、マイルス・デイヴィス、フランク・ザッパ、グラディス・ナイト、アニタ・ベーカー、マイケル・ジャクソンなど数多くのアーティストがいます。スタンリー・クラークとの「Sweet Baby」はHOT100で81年19位を記録。アルバム『Clarke/Duke Project』(最高位33位)もヒットしました。私と同じ誕生日ということもあって個人的には思い入れがありました。「Shine On」も好きでした。ご冥福をお祈りします。

//////////////////////

8/10付。今週の全米シングルチャートから。

iscb001868102
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/iscb001868102

今週の第1位はロビン・シック・フィーチャリング・T.I.+ファーレルの「Blurrd Lines」。これで8週連続第1位です。集計対象の各部門ではデジタル・セールスが1位から2位、オンデマンドが4週連続第1位、ストリーミングが2位から3位、エアプレイが4週連続第1位です。エアプレイがまた週間伸び率第1位を記録してエアプレイ・ゲイナーを獲得。このエアプレイ・ゲイナー獲得回数は9回(連続)となり歴代1位の記録を更新中(歴代2位は7回が7曲)です。今週は週間推定聴取者数が2億740万人でした。これは歴代2位。歴代1位はマライア・キャリーの「We Belong Together」が記録した2億1220万人(2005年7月9日付)。この記録はその曲が記録した週間最高人数のみが記録となっています。なんかまだまだHOT100で1位を続けそうですね。夏枯れ状態とはいえ年間で2位も?

 

そして今週2位に初登場したのがワン・ダイレクションの新曲、「Best Song Ever」です。事前に予想されたほどのダウンロードがなかったですが、322,000DLでデジタル・セールス・チャートで初登場1位。ストリーミングが初登場2位ですが、オンデマンドは初登場48位、エアプレイはまだTOP75圏外です。現在2/23ロンドンからスタートしたワールド・ツアー中です。この曲は8/29(全米は8/30、日本は11/1)に本国イギリスをはじめ、ヨーロッパ各国(一部は8/28)で公開される3D映画『ワン・ダイレクション THIS IS US』で使われています。アルバムも製作中でクリスマスごろの発売が噂されています。そしてワールド・ツアー最後は日本で締めくくるようで日本公開直後の11/2、11/3に千葉・幕張メッセで初の日本公演が予定されています。また成田空港は大変なことになるんでしょうね。

 

さて今週は3位から下がりましたが4位で、でも前週よりポイントを上げたために赤丸付きでさらに上を伺うイマジン・ドラゴンズの「Radioactive」。今週登場48週目です。ロック・エアプレイでは22週連続で第1位。ロック・ソングス・チャートも19週連続第1位。HOT100登場週数歴代1位のジェイソン・ムラーズ「I’m Yours」(2008年最高位6位)の76週まで行くか?ということが語られ始めましたが、もし76週までチャートインするには来年の2/28までHOT100にいなければなりません。どのあたりでどのくらい粘れるかですが、「I’m Yours」が登場48週目の時はすでにTOP10からはダウンして25位まで下がっていました。ただこの後10週間TOP30にとどまっています。アルバムからのサード・シングルの「Demons」がHOT100では最高位59位から今週68位に下がっていて、こちらもすでに登場19週目なんですけど、ラジオ局が「Radioactive」をまだまだかけるでしょうから、こちらの大ヒットは難しくなるかもしれませんね。

 
そしてこの曲とペアで語られるフロリダ・ジョージア・ラインの「Cruise」。HOT100では登場43週目で今週10位へダウンしました。が、カントリー・ソングス・チャートではついに22週目の第1位となり、1944年1月8日に“Most Played Juke Box Fold Records”がスタートしてからの通算記録で歴代1位の1位週数となりました。この曲は昨年の12/22から1/5と1/19、1/26と5週間第1位。そしてネリーのバージョンが登場すると4/20から今週まで17週連続第1位です。すでに540万ダウンロードを記録していますが、意外にもネリーが入っていないオリジナル・バージョンの方がダウンロード数は多い(59%)とのことです。

 
14位にマルーン5の「Love Somebody」が入っていますが、ビルボードがマルーン5のオールタイムTOP10を発表していたのでご紹介します。

 

10位 Harder to Breathe (2003年最高位18位)
9位 Wake Up Call (07/19)
8位 Misery (10/14)
7位 Daylight (13/7)
6位 Makes Me Wonder (07/1)
5位 She Will Be Loved (04/5)
4位 This Love (04/5)
3位 Payphone (Featuring Wiz Khalifa) (12/2)
2位 One More Night (12/1)
1位 Moves Like Jagger (Featuring Christina Aguilera) (11/1)

 

rpblb001892902
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rpblb001892902

最後に今週21位に初登場したのが、アリアナ・グランデのセカンド・シングル「Baby I」です。8/20にデビュー・アルバム『Daydreamin’』がリリース予定でしたが、タイトルが変更になり発売日も変わりました。タイトルは『Yours Truly』、9/3発売予定です。

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook