ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

8/24 最新全米ヒットチャート解説

time 2013/08/23

全米ヒットをお探しなら是非あめりかん☆ぱいへ。
全米ヒットじゃなくてもお探しします。

http://www.rakuten.co.jp/americanpie/

最近流行りの洋楽アルバムはこちらにまとめました。全19ジャンルあります。

http://www.rakuten.ne.jp/gold/americanpie/now/album.html

 

sicp-3870
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/c/0000000564/

さて、昨年発売されてご好評をいただきました『僕たちの洋楽ヒット デラックス (VOL.1-VOL.8)』に続く『僕たちの洋楽ヒット モア・デラックス (VOL.1-VOL.8)』が8/28に発売されることになり、今回も私が選曲、といってもなかなか入れてほしい曲の許諾がおりずにレコード会社の方々には今回も大変ご苦労をおかけしたようですが、監修が矢口清治氏、解説が矢口氏と私と森井嘉浩氏で分担しました。ご予約受付中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8/24付。今週の全米アルバムチャートから。

sny373850

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny373850
今週の第1位は2012年のグラミー賞でアルバム『Barton Hollow』が最優秀カントリー・デュオ/グループと最優秀フォーク・アルバムを受賞したザ・シヴィル・ウォーズの『The Civil Wars』。映画『ハンガー・ゲーム』ではテイラー・スウィフトと一緒に「Safe And Sound」を歌ってヒットしました。昨年11月にツアー途中でけんか別れして一度は解散したのですが、すぐに復活してセカンド・アルバムを出して116,000枚売れて初登場1位です。今回はこのうち69%がダウンロードでのセールスでした。昨年グラミー賞を受賞した翌週にさきほどのデビュー・アルバムが最高位10位をつけたのが過去最高順位でしたから、話題性も手伝って一気に1位で登場です。

今週はTOP10内の初登場があと3枚。

 

capb001881102

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/capb001881102
第2位は旬のヒット曲満載の『Now』シリーズ、その『47』です。82,000枚のセールス。『Now』はこのナンバー・シリーズはすべてTOP10入りを果たしています。11月には『Now 48』の発売が決まっています。クリスマス・アルバムも今年発売予定です。

 

第5位がアスキング・アレクサンドリアのサード・アルバム『From Death To Destiny』。2008年結成のイギリスのメタルコア・バンドです。2011年の前作『Reckless & Relentless』(最高位9位)に続いてのTOP10入りです。

 

第9位はゴスペル・アルバム・チャートでは4枚目のNo.1となったタイ・トリベットの『Greater Than』。1976年生まれの37歳です。

 
ところで先週1位の『Blurred Lines』ロビン・シックですが、今週は第3位へダウンしています。先ごろ、このアルバムのタイトル・ソングで大ヒット中の「Blurred Lines」について訴訟問題が発生しました。ロビン・シック自身もマーヴィン・ゲイの「Got To Give It Up Part 1」(77年1位)を意識して作ったと公言していますが、この度、マーヴィン・ゲイの遺族が著作権料の支払いを求めてロビン・シックなどを訴えました。また、ファンカデリックの「Sexy Ways」も引用しているとしてこの著作権保有の関係者も訴えを起こしています。それに対して、ロビン・シック側は盗用ではないと反訴しています。一方元ファンカデリックのジョージ・クリントンはこの歌には「Sexy Ways」は使われていないとロビン・シック側を擁護しているようです。この行方どうなるでしょうか。

 

iscb001901102

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/iscb001901102

アルバム・チャートで142位にランクされているのがエリー・ゴールディングの『Halcyon』です。ちょうど1年前に「Lights」がHOT100で最高位2位を記録しましたが、今回このアルバムのデラックス・エディションに収録されている「Burn」がUKシングル・チャートで1位となりました。UKではこれまでエルトン・ジョンの「Your Song」のカバーの2位が最高でしたから初のNo.1ということになります。

//////////////////////

8/24付。今週の全米シングルチャートから。

iscb001867902
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/iscb001867902

とうとうやりました!ロビン・シック・フィーチャリング・T.I.+ファーレルの「Blurred Lines」、ついに10週連続第1位!!これでHOT100の歴史で1027曲あるNo.1ソングの中で27曲目の10週以上のNo.1ソングとなりました。そのうち男性ソロ・アーティストとしては8曲目です。エアプレイは今週も記録を更新しました。推定聴取者数が2億2750万人で先週この曲が記録した歴代1位の人数をさらに上回って、エアプレイ・チャートでは6週目の第1位です。ただ10週連続で続いていた週間伸び率1位は他の曲が獲得しました。ダウンロード・セールスもまだ1位です。これで10週間1位となり、これは歴代2位。歴代1位は13週間1位が4曲。

 

2位、3位は先週と変わっていません。2位がマイリー・サイラスの「We Can’ t Stop」。3位がイマジン・ドラゴンズの「Radioactive」。ともに不連続ながら3週目の最高順位となっています。

 

4位も先週と変わらず、というか今週は1位から11位までが先週と同じ順位なんです。過去には1978年8月19日付、コモドアーズの「Three Times A Lady」が1位の週に1位から14位まで前週と同じということがありました。その4位ですがダフト・パンク・フィーチャリング・ファーレル・ウィリアムスの「Get Lucky」です。気がつけばこの曲もダンス/エレクトロニック・ソングス・チャートで13週目の第1位になっています。

 

iscb001642502

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/iscb001642502

 
下の方では、37位→23位→16位と好調に上がっているのがラナ・デル・レイとDJでプロューサーのセドリック・ジェルヴェとの「Summertime Sadness」です。この曲が今週のエアプレイ週間伸び率第1位で、エアプレイ・ゲイナーを獲得しました。

 

21位にいきなり初登場したのが、ドレイク・フィーチャリング・マジド・ジョーダンの「Hold On, We’re Going Home」です。マジド・ジョーダンはカナダのR&Bデュオ。この曲は8/5にドレイクが主催した音楽フェスティヴァルの“OVOフェスト”の後に発表されました。ニュー・アルバム『Nothing Was The Same』は9/24発売予定です。この曲はウェディソング・ソングのつもりで書いたそうです。またこの曲はR&B/ヒップホップ・ソングス・チャートでは5位に初登場。この曲でニールセン集計となった1992年12月以降で33曲目のTOP10入りとなり、このチャートのTOP10入り曲数で歴代単独2位となりました。これまでRケリーと並んでいたのです。この期間での歴代1位は36曲でリル・ウェイン。

unip3738955

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/unip3738955

もう1曲好調な曲をご紹介します。先々週59位、先週39位、今週24位と上がってきたのがニュージーランドの16歳のシンガー・ソングライター、ロードの「Royals」です。この曲はオルタナティヴ・ソングス・チャートで今週1位なんです。このチャートは25年の歴史があって、この曲で309曲が1位になっているのですが、女性ソロ・アーティストの1位は実に1996年6/8-6/22に1位になったトレイシー・ボーナム「Mother Mother」以来でたった10曲しかありません。ちなみに、ロードは1996年11月7日生まれ。トレイシー・ボーナムのNo.1の後に生まれたんですね。

 
次は今週50位ですが登場週数が62週目のルミニアーズ「Ho Hey」です。最高位は3位。今週幕尻の50位なので、来週は下がると51-100位までのポイントがあっても登場しません。HOT100のルールで51位以下は登場21週以上はチャートインできないというルールがあるからです。でも62週間のチャートインはHOT100チャートイン記録でライフハウスの「You And Me」(05年5位)と並んで歴代7位タイです。歴代1位は76週の「I’m Yours」ジェイソン・ムラーズ(08年6位)。

 

 

さて、来週は上位に登場して大ヒットを記録するだろうといわれている2曲が登場予定です。ダウンロード・セールスがスタートするためで、50万近くいくのではないかと予想されています。その2曲とはケイティ・ペリーの「Roar」とレディ・ガガの「Applause」。レディ・ガガは25万程度といわれています。この2曲ですが今週8/24付の集計期間中にエアプレイがスタートして、ケイティ・ペリーは4日間のエアプレイ・ポイントが記録されて今週HOT100の85位に初登場しちゃいました。エアプレイ・チャートには29位に初登場しています。レディ・ガガは2日間あったのですがHOT100には入りませんでした。ケイティ・ペリーは『Prism』が10/22発売、レディ・ガガのニュー・アルバム『ARTPOP』は11/11発売予定です。なお。レディ・ガガの方はダンス/エレクトロニック・ソングス・チャートで16位に初登場しています。

 

最後にこんな記録があったんだというアダルト・コンテンポラリー・チャートでのお話を。今週このチャートで30位に入ったのがアース、ウィンド&ファイアの新曲「My Promise」です。なんとEWFはこの曲で、70年代から2010年代まで各年代に登場した11曲目のアーティストとなりました。他の10組とは、シェール、エリック・クラプトン、エルトン・ジョン、シカゴ、ニール・ダイアモンド、バリー・マニロウ、ポール・マッカートニー、サンタナ、ボブ・シーガーとロッド・スチュワートです。このうちエルトン・ジョンとエリック・クラプトンは今週もチャートインしています。

 

 

関連記事

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook