ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

8/31 最新全米ヒットチャート解説

time 2013/08/30

 

全米ヒットをお探しなら是非あめりかん☆ぱいへ。
全米ヒットじゃなくてもお探しします。

http://www.rakuten.co.jp/americanpie/

 

最近流行りの洋楽アルバムはこちらにまとめました。全19ジャンルあります。

http://www.rakuten.ne.jp/gold/americanpie/now/album.html

 

wpcr-15165

http://image.rakuten.co.jp/americanpie/cabinet/2013_2/wpcr-15165.jpg

 
さて、昨年発売されてご好評をいただきました『僕たちの洋楽ヒット デラックス (VOL.1-VOL.8)』に続く『僕たちの洋楽ヒット モア・デラックス (VOL.1-VOL.8)』がついに発売になりました。監修は矢口清治氏。解説が矢口氏と森井嘉浩氏と私佐藤です。今回も選曲の担当をさせていただきました。8枚の中で発売2日間(8/29現在)ではVol.5が人気です。

 

僕たちの洋楽ヒット・シリーズ 全16枚はこちらです。

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/c/0000000564/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
8/31付。今週の全米アルバムチャートから。

capb001873302

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/capb001873302

 

今週の第1位はなんと528,000枚のビッグ・セールスを発売第1週で記録したカントリー・アーティスト、ルーク・ブライアンの『Crash My Party』です。今年の発売第1週でのセールスでは、ジャスティン・ティンバーレイクの『The 20/20 Experience』、ジェイZの『Magna Carta… Holy Grail』に次いで3番目のセールスでした。1976年7月17日ジョージア州リースバーグ生まれの現在37歳です。ポップ・チャートでは2011年の前作『Spring Break…Here To Party』に続いて2作連続第1位。カントリーではその前の2011年『Tailgates & Tanlines』から3作連続第1位です。カントリーで見るとその前のアルバム、2009年『Doin’ My Thing』、デビュー・アルバムの2007年『I’ll Stay Me』がともに最高位2位で、デビューからずっと実力と人気を保っています。

 

今週のTOP10内初登場はあと1枚。

atl535637

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/atl535637

 

第2位に初登場したのが、K.ミシェルの『Rebellious Soul』。1982年3月4日テネシー州メンフィス生まれの現在31歳です。このアルバムがデビュー・アルバムになるのですが、ようやくデビュー・アルバムが出たという感じですね。2008年12月にジャイヴ・レコードと契約して翌年「Self Made」、そしてミッシー・エリオットをフィーチャリングした「Fakin’ It」と発表するも、R&Bヒップホップ・チャートでそれぞれ最高位89位、100位と大ヒットにはつながりませんでした。ただこれまでに製作されたミックステープは評価されて、Rケリーのアルバムに参加するなど活動の範囲を広げていきました。レコード会社の再編でジャイヴ・レコードがRCA/ジャイヴとなり、いよいよデビュー・アルバムの製作が始まった2011年に彼女はRCAを離れます。2012年に出演したVH1の『Love & Hip-Hop: Atlanta』でのパフォーマンスが認められて今度はワーナー・ブラザーズと契約。傘下のアトランティック・レコードからこのアルバムでアルバム・デビューとなりました。このアルバムはRCA時代の2011年に製作を開始して一時はタイトルも『Pain Medicine』と決まっていたものを作り直したものです。

 
R&Bヒップホップ・アルバム・チャートでは初登場1位。ポップ・アルバム・チャートであるビルボード200では初登場2位と、プロモーションが成功して、かなりデビューが注目されました。R&Bの女性ソロ・アーティストのデビュー・アルバムとしては元フロエトリーのマーシャ・アンブロージャス『Late Nights & Early Mornings』(2011年初登場=最高位2位)以来のハイ・ポジションでした。

//////////////////////

 
8/31付。今週の全米シングルチャートから。

iscb001867902

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/iscb001867902

 

どこまで行くのでしょうか?ロビン・シック・フィーチャリング・T.I.+ファーレルの「Blurred Lines」、今週も第1位でこれで11週連続で第1位となりました。HOT100で11週以上のNo.1ソングはこれで18曲目。順番に全部紹介しましょう。カッコ内は初めて1位になった年です。

 
13週 End of the Road / Boyz II Men (1992)
14週 I Will Always Love You / Whitney Houston (1992)
11週 I Swear / All-4-One (1994)
14週 I’ll Make Love to You / Boyz II Men (1994)
16週 One Sweet Day / Mariah Carey & Boyz II Men (1995)
14週 Macarena (Bayside Boys Mix) / Los Del Rio (1996)
11週 Un-Break My Heart / Toni Braxton (1996)
11週 I’ll Be Missing You / Puff Daddy & Faith Evans featuring 112 (1997)
14週 Candle in the Wind 1997/Something About the Way You Look Tonight / Elton John (1997)
13週 The Boy Is Mine / Brandy & Monica (1998)
12週 Smooth / Santana featuring Rob Thomas (1999)
11週 Independent Women Part I / Destiny’s Child (2000)
12週 Lose Yourself / Eminem (2002)
12週 Yeah! / Usher Featuring Lil Jon & Ludacris (2004)
14週 We Belong Together / Mariah Carey (2005)
12週 Boom Boom Pow / Black Eyed Peas (2009)
14週 I Gotta Feeling / Black Eyed Peas (2009)
11週 Blurred Lines / Robin Thicke featuring T.I. + Pharrell (2013)

 
R&B系が多いですね。今週もエアプレイが伸びて2億2890万人と史上最高記録をまた更新しました。エアプレイ・チャートでは7週連続第1位です。エアプレイの2位はイマジン・ドラゴンズの「Radioactive」なんですが推定聴取者数が1億1900万人ですので、まだまだエアプレイ・チャートでの1位は続きそうです。ダウンロード、ストリーミングはともに2位。オン・デマンドは7週連続第1位です。うーん、年間1位も望めるか?

 

 

そして話題の曲2曲がTOP10に飛び込んできました。

 
今週2位は先週4日間のエアプレイのみで85位に入ったケイティ・ペリーの「Roar」です。一気に83ポイントの大ジャンプアップで今週は第2位。ダウンロードが557,000で初登場1位。エアプレイは29位から今週13位。ストリーミングが4位、オンデマンドは12位に初登場しました。来週はダウンロードが落ちてエアプレイは伸びるでしょうが、1位になれるか微妙です。

 
発売第1週目のダウンロード数557,000は歴代3位の大記録でした。週間セールスでも歴代第6位。上位5曲は以下の通りです。

 

1位 636,000 Right Round / Flo Rida (2009) 発売1週目
2位 623,000 We Are Never Ever Getting Back Together / Taylor Swift (2012) 発売1週目
3位 610,000 Tik Tok / Ke$ha (2009)
4位 582,000 I Knew You Were Trouble (2012)
5位 559,000 Grenade / Bruno Mars (2010)

 
そしてもう1曲が今週いきなり6位に初登場したレディ・ガガの「Applause」。ダウンロードは218,000で3位、エアプレイが40位、ストリーミングが9位に初登場しました。8/19にオフィシャル・ビデオが公開されましたのでこれの影響が来週9/7付のチャートに現れてくると思います。ダンス/エレクトロニック・ソングス・チャートは先週の16位から一気に今週第1位で、ダフト・パンク・フィーチャリング・ファーレル・ウィリアムスの「Get Lucky」の14週目の1位を阻みました。

 
ケイティ・ペリーとレディ・ガガのこれまでのセールスをご紹介しましょう。

 
ケイティ・ペリーは1984年10月25日カリフォルニア州サンタ・バーバラ生まれの31歳。レディ・ガガは1986年3月28日ニュー・ヨーク州ヨンカーズ生まれの27歳です。HOT100ではともに2008年に初登場を飾り、ともに12曲目のTOP10ヒットなんです。

 
シングル(ダウンロード数):それぞれのセールスTOP3

ケイティ・ペリー:
1位 6,341,000 Firework
2位 5,606,000 E.T. (feat. Kanye West)
3位 5,542,000 California Gurls (feat. Snoop Dogg)

レディ・ガガ:
1位 6,987,000 Poker Face
2位 6,809,000 Just Dance (feat. Colby O’Donis)
3位 5,401,000 Bad Romance

合計ダウンロード数:
ケイティ・ペリー:49,897,000
レディ・ガガ: 46,322,000

アルバム(枚数):

ケイティ・ペリー:
1位 2,749,000 Teenage Dream (2010)
2位 1,529,000 One of the Boys (2008)
3位    55,000 MTV Unplugged (EP) (2009)

レディ・ガガ:
1位 4,525,000 The Fame (2008)
2位 2,298,000 Born This Way (2011)
3位 1,566,000 The Fame Monster (EP) (2009)

合計セールス枚数:
ケイティ・ペリー: 4,333,000
レディ・ガガ: 8,817,000
シングルは拮抗していますが、アルバムはレディ・ガガが倍以上売っていました。
今回のシングルを含んだニュー・アルバムは、ケイティ・ペリー『Prism』が10/22発売、レディ・ガガ『ARTPOP』は11/11発売となっております。

 

最後にもう1つ。今週HOT100では14位から19位へダウンしているフロリダ・ジョージア・ラインの「Cruise」ですが、カントリー・ソングス・チャートでも遂に2位へダウンしました。今週の1位はHOT100では16位にいきなり初登場したルーク・ブライアンの「That’s My Kind Of Night」です。「Cruise」は4/20からの連続19週を含む合計24週間の1位でした。もちろんカントリー・ソングス・チャートの1位週数では歴代1位です。

関連記事

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook