ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Huey Lewis & The News@渋谷公会堂( Sports 30周年記念公演)

time 2013/10/12

Chicagoとのジョイントでの来日公演以来5年ぶり!!

Huey Lewis & The News

今回は大ヒット・アルバムSportsの30周年記念公演

初日は10月7日(月)渋谷公会堂です。

・・・

会場は超満員!!

かつてはスタジアム公演を行った人たち!!

さすがに2,000人規模のホールでは小さ過ぎ!?・・・

当日券の販売も無かったようです。(^_^;)

20131007_1定刻19時を10分くらい過ぎたところでライトダウン!!

ステージにはメンバーの登場する影!!

Johnny Colla、Bill Gibson、Sean Hopper

お馴染みのメンバーに、前回も来ている

John Pierce、Stef Burns

そしてホーン・セクションの3人!!

やはり!!といった感じで心臓の鼓動の音で演奏スタート!!

ハーモニカを持ったHuey Lewis登場!!

オープンなシャツとジーンズ、サングラス(老眼?)をかけていますが

30年前と同じイメージ!!

曲は勿論、Sportsのオープニング、The Heart Of Rock & Roll

1曲目から総立ち!!Heart And Soulが力強く続き、

’85年の来日では2度もプレイしたBad Is Badではハーモニカをフィーチャー

Billはドラムスを叩かず、コーラスに専念

お馴染みのリズムでI Want A New Drug

Stefがギター・ソロを、Johnnyはギター、サックスと大活躍です。

ここでHueyが

「今回はSports30周年、でも次の曲は前に書いた・・・」

そんなことを言って、Torouble In Paradise

続いてパワフルなイントロでJacob’s Ladder

場内絶叫、Bruce Hornsby作とはいえ、絶頂期のナンバー!!

Step By Step~One By One~Higher And Higher~♪

これがオープニングだった後楽園球場公演が思い出されます。!!

続いても同時期のDoing It All For My Baby、コーラス・ワークも健在!!

Johnnyも加わったホーンのプレイも強力なBack In Time

ビデオが印象的だったHip To Be Square

Huey Lewis~が向うところ敵なし!といった時期のナンバーが続きました。!!

・・・

ステージ上にマイクスタンドが5本!!

Huey曰く

「コンサートに来たことがある人はお待ちかね!初めての人には新鮮!・・・」

そんなことを言って、Sean、Stef、Johnny、BillそしてHuey

5人によるアカペラ、先ずはIt’s Alright

そして多少楽器が入って、ハミングで始まるLittle Bitty Pretty One

Huey Lewis & The New公演には欠かせないコーナーです。

・・・

続いては新曲と紹介されたWhile We’re Young

まだまだ現役!と言わんばかりで嬉しい限り!

なかなかいい曲と思いました。

ステージも後半で、前回もプレイしたカバー曲But It’s Alright

そして割と新しい(・・・といっても10年くらい前の・・・)アルバムPlan Bより

We’re Not Here For A Long Time(We’re Here For A Good Time)

’00年代以降の彼らのテーマ曲とも言えそうなロック・ナンバー

「ドウモアリガトウ」

ここでいったん終了となりました。

・・・

アンコールで登場、先ずはホーンの3人、そしてアカペラには参加していない

いつもスーツできめているJohn Pierceを紹介

そしてタイトル通り、パワフルにThe Power Of Love

まさに’80年代半ばにBack To The Futureです。!!(笑)\(^o^)/

続く曲、「これ何だったかな!?」と思っていたら・・・

ややスローになったDo You Believe In Love

最初の大ヒットだけに外せないでしょう。

ここでHueyが時間を聞いて、「もうそんな時間か!!」

客席からは「まだ、もっと!!」の反応

そんな中始まったのが、The Boys Are Back In Town

勿論Thin Lizzyのヒット曲、StefとJohnnyのツイン・ギターも息がピッタリ!!

’87年の後楽園球場でもプレイされましたが、今回は予想外で嬉しい限り!!

そしてHueyのハーモニカもフィーチャーされたWorkin’ For A Livin’

シンプルなロックン・ロールこそが彼らの真髄!!

心地よい汗と疲れを残して、楽しいロックン・ロール・パーティーは

これにてお開きとなりました。

・・・

今回、Sportsのツアーですが結局、最初にLPレコード時代のA面4曲を続けたものの、

B面の曲はやらず、さらには今回も最大ヒットのStuck With Youをやりませんでした。

1時間40分の時間の関係か!?・・・

Hueyをはじめ、メンバーもまだまだ元気そうですし、

これからも楽しいロックン・ロール・ショーを!!

そう願っている次第です。!!\(^o^)/

 

 

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook