ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Nile Rodgers & Chic@Blue Note Tokyo (November 10, 2013)

time 2013/11/12

いつもは4月18日のBernardの命日に合わせて日本公演を行う

Nile Rodgers & Chic

今年は昨年末からカウント・ダウンを行ったためか、4月の公演はありませんでした。

(前回の投稿)

http://y-staff.co.jp/?p=3990

その代わり、1年も経たないうちに来日公演が実現!!

しかも今年は、Nileが参加したDaft PunkのGet Luckyが世界中で大ヒット!!

まさに時の人となっています。

nile201311月10日(日)セカンドステージは20時スタートですが、日曜ということでか、お客様の多くは早めに来場されています。

そして開演時間、お馴染みのHangin’

鳴り物入りでメンバー登場!!Nileは挨拶かたがた、ややゆっくりと回って・・・

ステージに登場!!KimとFolamiが交互に歌います。

トランペット奏者がBruce Springsteenのツアーにも参加しているBarry Danielian

あとはお馴染みのメンバー!!

Everybody Dance~Dance, Dance, Dance

続くI Want Your Loveでは、KimがまるでAretha!!と思うほど、熱唱!!

新加入のBarryもフィーチャーされます。

さてお馴染みのメドレー・コーナー

ここでのNileのカッティングにはいつもワクワクします。

Folamiの歌で、I’m Coming Out~Upside Down

ともにドラムスがカッコイイのですが、Ralphの腕もなかなか!!

(彼の苗字の通り、最高のRollです。(笑))

He’s The Greatest Dancer~We Are Familyの流れももうお馴染み!!

ここでNileが「Sister Sledgeに1978年に書いたけど、みんな生まれていないな!・・・」

そんなジョークを言って、Lost In Music

今回は女性2人の入るまでにNileのギター・ソロ、そしてBillのサックス・ソロをたっぷり聴かせました。

継ぐくようにNotorious、こちらも定番になりました。

そして定番と言えば、ドラムスRalphの歌うLet’s Dance

いつもながら、このドラミングで歌うことは凄いと思います。(^_^;)

Nileのお馴染みのカッティングでChic Cheer

続くようにMy Forbidden Lover

ここで、Nileが「みんなに聴きたいことがある!!・・・」

これを言うことは・・・えっ!?もう・・・

(今回、1曲1曲が少し長かったのか、確かに1時間以上プレイされています。)

Ah!~Freak Out!!

勿論、Le Freak、ステージと客席の一体感!!

これは本当に素晴らしいものです。!!\(^o^)/

ここでメンバー紹介、ドラムスのRalphの時、Nileは

「彼はサイコー、でもサイコ(Psycho)というのはCrazyということだ!!」

と笑わせます。

またキーボードのSelan Lernerが婚約した、とのことで祝福されていました。

さてNileは、ステージ上に女性客が上がるように指示!!

20人くらい(!!)の女性のお客さんがステージ上に!!

そしてGood Times

勿論、場内最高潮!!

KimとFolamiも熱唱!NileとJerryのチョッパーのバトル!!

またステージ上のお客さんの中にはかなりのダンスの達人も居られました。

(多分、プロ!!・・・)

Good Times~♪、今回もその通り、幕となりましたが・・・

エンディングBGMでついにGet Luckyが登場!!

これに合わせてメンバー退場ですが・・・Nileは出来るだけ客席の方を回って・・・

そして曲が終わってしまったら、何と自らギターをカッティング!!

凄い!!そのように80分の熱狂のステージは幕となりました。

・・・

いつもと同じようなセットではあるものの、随所に新しい試みを行ってくれた今回のライヴ!!

本当に音楽の楽しさを満喫させてくれた、と思っています。

さて今度は来年の4月でしょうか!?・・・楽しみです。\(^o^)/

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook