ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

12/7 最新全米ヒットチャート解説

time 2013/12/07

全米ヒットをお探しなら是非あめりかん☆ぱいへ。
全米ヒットじゃなくてもお探しします。

http://www.rakuten.co.jp/americanpie/

 
最近流行りの洋楽アルバムはこちらにまとめました。全20ジャンルあります。

http://www.rakuten.ne.jp/gold/americanpie/now/album.html

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
12/7付。今週の全米アルバムチャートから。

 
今年もやってます。当店の年末恒例年間チャート予想クイズ。
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/billboard2013/

こちらからご応募できます。
ご参考になるかどうかわかりませんが、集計期間中のTOP10ヒットのデータも掲載しました。あと私の予想も。これは参考にはなりません。
今年はあの曲をどう扱うかで皆さん、お悩みのようです。

 

iscb001948902

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/iscb001948902
さて今週のアルバム第1位ですが、先週の2位からエミネムの『The Marshall Mathers LP 』がカムバック。3週目の第1位です。先週は2位で、それよりセールスは下がっているのですが、全体が下がっているので1位に戻りました。12万枚のセールスです。

 

今週はTOP10内に5枚が初登場。

pppk501160
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/pppk501160
第2位に初登場してきたのが、ファイヴ・フィンガー・デス・パンチの『The Wrong Side Of Heaven And The Righteous Side Of Hell: Volume 2』。77,000枚のセールスです。今年の8/17付でこのアルバムの『Volume 1』がやはり2位に初登場していました。その時の1位は、初登場したロビン・シックの『Blurred Lines』でした。

 

 

rpblb001911002
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rpblb001911002

続いて5位に初登場したのがサウンドトラック『The Hunger Games: Catching Fire』。邦題は『ハンガー・ゲーム2』。この映画は3部作なので来年?もう1作ありますね。映画は11/22に全米公開となりました。公開第1週の興行成績は11月公開映画の中では1位とのこと。日本は12/27公開予定です。サウンドトラックには、コールドプレイやクリスティーナ・アギレラ、エリー・ゴールディング、イマジン・ドラゴンズ、ロードなどが参加しています。前作『The Hunger Games』は昨年発売され、最高位は1位でした。

 

6位には4作連続TOP10入りとなったドートリーの『Baptized』が初登場。
7位には1981年メンフィス生まれのラッパー、ヨー・ガッティの『I Am』が初登場しました。15歳から活躍しているベテラン・ラッパーですが、昨年の『Live from the Kitchen』(最高位12位)がメジャー・デビュー・アルバムです。
最後に10位に初登場したのがミネアポリスのラジオ・ステーション、KTCZが編集したライブ・コンピレーション・アルバム『Cities 97 Sampler // Live From Studio C: Vol. 25』です。収益はすべて地元のチャリティ団体に寄付されているそうです。

さて、先週1位に初登場したレディ・ガガの『ARTPOP』ですが、今週は8位です。セールスは前週比82%ダウンでした。今年初登場1位のアルバムの翌週の売上が前週比80%以上ダウンしたのは、3枚目なんです。他の2枚は7/6に初登場したカニエ・ウエストの『Yeezus』、マイナス80.3%。そしてもう1枚は10/19に初登場したジャスティン・ティンバーレイクの『The 20/20 Experience (2 Of 2)』で、マイナス80.1%でした。

 

ところで、ブルース・スプリングスティーンのアルバム『High Hope』が1/14に発売されます。18枚目のスタジオ・アルバムです。ニュー・ジャージーやアトランタ、ロス・アンゼルス、オーストラリア、ニュー・ヨークでレコーディングを行ったとのことですが、今年の3月のオーストラリア・ツアーに参加していたトミー・モレロも参加しています。また過去の録音でアルバムに収録されていなかった曲も今回収録されるとのことで、2008年に亡くなったダニー・フェデリーシや2011年に亡くなったクラレンス・クレモンス参加の曲もあるようです。

songsp

アリシア・キーズがフィリピンで台風30号、アジア名“ハイエン”で被災した人たちを慰問しました。アメリカの空軍基地で避難している子供たちにクレヨンやぬり絵を配ったそうです。そのフィリピンの台風被災者への支援として3大レーベルが協力して39曲入りのアルバムを発表しました。収益はフィリピン赤十字を通じて被災者支援に当てられるそうです。収録曲には、ビートルズ、U2、ボブ・ディラン、エミネム、ワン・ダイレクション、ケイティ・ペリーなどの曲が入っていますが、iTunesのみでの発売で、今のところCD化の予定はありません。タイトルは『Songs For The Philippines』。

 
最後にUKのアルバム・チャートの話。1956年にスタートしたオフィシャル・チャートですが、このほど1000枚目のNo.1が誕生しました。ロビー・ウィリアムスのソロでの11枚目のNo.1アルバムとなった『Swings Both Ways』です。ロビー・ウィリアムスはこれまでUKだけで1860万枚、全世界では5500万枚のセールスを記録しています。このチャートでの最初の1位はフランク・シナトラの『Songs For Swingin’ Lovers』でした。

 

//////////////////////////

 

12/7付。今週の全米シングルチャートから。

 

rpblb001925402
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rpblb001925402
ロードの「Royals」、なんと今週も1位です。遂に9週連続第1位です。HOT100で女性アーティストのソロ・デビュー・シングルが9週以上1位を記録したのは5曲目となりました。

1977/10/15 – 12/17 10 weeks You Light Up My Life / Debbie Boone
2002/4/20  –  6/22 10 weeks Foolish / Ashanti
2010/1/2   –  2/27  9 weeks Tik Tok / Ke$ha
2012/6/23  –  8/18  9 weeks Call Me Maybe / Carly Rae Jepsen
2013/10/12 – 12/7   9 weeks Royals / Lorde

エアプレイで6週連続第1位。オンデマンド、ストリーミング、ダウンロードは先週と変わらず2位にあります。

 

そして9週連続1位のロードにポイントでもいよいよ迫ってきたのが3週目の第2位の「The Monster」、エミネム・フィーチャリング・リアーナです。ダウンロードが3週連続第1位。オンデマンドが2週連続1位。ストリーミング3位、エアプレイが8位から上がって今週6位です。

 

sny377406

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny377406
来週のアルバム・チャートでおそらくダントツのセールスで1位に初登場が予想されているワン・ダイレクションの『Midnight Memories』ですが、今週その中からHOT100に4曲チャートインしています。11位に「Diana」、12位に「Midnight Memories」が初登場。13位は最高位6位の「Story Of My Life」、87位には「Strong」が初登場しました。

 

他には、アリアナ・グランデのクリスマス・ソング・シリーズで「Last Christmas」が96位に初登場。1984年のワムのカバーですが、オリジナルのワムはHOT100には登場していません。この曲がHOT100に登場したのは2009年最高位63位のグリーだけでした。

 

さて、YouTubeでビデオが話題になって何百万回も再生されて、そのビデオに使われていた曲がいきなりHOT100に初登場、あるいは再登場するというパターンが定着してきましたが、今週はエンヤの「Only Time」です。今週43位に再登場しました。この曲の最高位は2001年10位です。当時チャートを上がってきて27位で一旦赤丸が消えたのですが、その翌週再び赤丸が付いて18位。その後はじわじわ上がって11/10に10位を付けました。当時は“9.11”のニュース映像のバックで癒しの意味も込められてこの曲が使われていたとのことです。今回はスウェーデンの自動車メーカー、ボルボのトラックのCM映像が受けて、これが繰り返しYouTubeで再生されています。この映像にこの曲が使われているんです。この映像のパロディ版も作られてこちらも繰り返し再生されているようです。ビルボードの集計では420万ストリームスでストリーミング・ソングス・チャートで6位に初登場しました。

 
さて、ユダヤ人のお祭り、ハヌカー、あるいは「光のお祭り」と呼ばれる季節になりました。11/27から8日間行われています。ビルボードではこれを記念して、ユダヤ人アーティストのオールタイムTOP30を発表しました。HOT100に入った曲を集計してランキングしているようです。

 

順位・アーティスト名・代表曲(最高位記録年/最高位)

30. David Guetta  “Turn Me On” (2012/4)
29. Lenny Kravitz  “It Ain’t Over ‘Til It’s Over” (91/2)
28. KISS  “Beth” (76/4)
27. Donald Fagen (Steely Dan)  “Rikki Don’t Lose That Number” (74/4)
26. Mark Knopfler (Dire Straits)  “Money For Nothing” (85/1)
25. Bob Dylan  “Like A Rolling Stone” (65/2)
24. J. Geils Band  “Centerfold” (82/1)
23. Eric Carmen  “All By Myself” (76/2)
22. Lesley Gore  “It’s My Party” (63/1)
21. Carole King  “It’s Too Late/I Feel The Earth Move” (71/1)

20. Bette Midler  “Wind Beneath My Wings” (89/1)
19. David Lee Roth (Van Halen)  “Jump” (84/1)
18. Chris Stein (Blondie)  “Call Me” (80/1)
17. Drake  “What’s My Name?” Rihanna feat. Drake (10/1)
16. Susanna Hoffs (Bangles)  “Walk Like An Egyptian” (86/1)
15. Herb Alpert  “This Guy’s In Love With You” (68/1)
14. Carly Simon  “You’re So Vain” (73/1)
13. Paul Simon  “50 Ways To Leave Your Lover” (76/1)
12. Taylor Dayne  “Love Will Lead You Back” (90/1)
11. Helen Reddy  “I Am Woman” (72/1)

10. Simon & Garfunkel  “Bridge Over Troubled Water” (70/1)
9. Michael Bolton  “How Am I Supposed To Live Without You” (90/1)
8. Adam Levine (Maroon 5)  “One More Night” (12/1)
7. Neil Sedaka  “Bad Blood” (75/1)
6. Paula Abdul  “Rush Rush” (91/1)
5. Barry Manilow  “Mandy” (75/1)
4. P!nk  “Lady Marmalade” w/Christina Aquilera, Lil Kim, Mya (01/1)
3. Barbra Streisand  “The Way We Were” (74/1)
2. Neil Diamond  “You Don’t Bring Me Flowers” w/Barbra Streisand (78/1)
1. Billy Joel  “It’s Still Rock and Roll To Me” (80/1)

関連記事

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook