ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

1/18 最新全米ヒットチャート解説

time 2014/01/19

全米ヒットをお探しなら是非あめりかん☆ぱいへ。
全米ヒットじゃなくてもお探しします。
http://www.rakuten.co.jp/americanpie/

 
最近流行りの洋楽アルバムはこちらにまとめました。全20ジャンルあります。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/americanpie/now/album.html

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
1/18付。今週の全米アルバムチャートから。

 

dsnd001906102

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/dsnd001906102

今週の第1位は1年前の再現か!サウンドトラックのアルバムが1位になりました。ディズニー・アニメ『アナと雪の女王』、原題『Frozen』が第1位です。今週は165,000枚のセールスでトータル50万枚を突破しました。登場6週目。昨年1/19付の第1位がサウンドトラック『Les Miserable』でその時以来のサウンドトラックの第1位なんです。映画も好調でサウンドトラックもセールスを伸ばしてきました。ビルボード・アルバム・チャートとしては4枚目のアニメ・サントラの第1位です。

 

1994 The Lion King
1995 Pocahontas
2006 Curious George
2014 Frozen

 

意外にもこれしかないんですね。

 
今週もTOP10内初登場はありません。目だった新譜が発売されないのでしょうがないのですが。

sny303252

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny303251
先週まで3週連続1位のビヨンセ『Beyonce』は今週は2位です。今週は13万枚のセールスで、これで12/13に発売されてから1/5までで143万枚のセールスを記録しました。この数字はすでに前作『4』のセールス139万枚を上回っています。ちなみに他のビヨンセのアルバム3枚のセールスは以下の通りです。

 
2006 B’Day  336万枚
2008 I Am…Sasha Fierce  312万枚
2009 Dangerously In Love  491万枚

 
ビヨンセはソロ・デビューから5枚目のアルバム『Beyonce』まですべて初登場1位という快挙を成し遂げています。この記録は1位タイ記録で、もう一人はDMXです。デビューから6枚連続初登場1位、あるいは6枚連続1位はありません。

 
今週はサウンドトラック・アルバムの上昇が目立ちました。

 

nns534867

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/nns534867

『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』のサウンドトラックが136→94→48ときて今週は23位。1/4に発表された第48回全米映画批評家協会賞で作品賞、監督賞、主演男優賞(オスカー・アイザック)、撮影賞の4部門を獲得しました。この作品は昨年第66回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞しています。

 

 

 

snyl302957

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/snyl302957

続いて第86回アカデミー賞で10部門にノミネートされた『アメリカン・ハッスル』が188位から上がって73位。アカデミー賞授賞式は現地時間3/2ハリウッドのドルビー・シアターで行われます。

 

 

 

rpblb001967802

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rpblb001967802
1947年のダニー・ケイ主演映画『虹を掴む男』(『The Secret Life Of Walter Mitty』)のリメイク『LIFE!』が123位から30位へ上昇しました。

 

昨年のビルボード年間アルバム第1位のジャスティン・ティンバーレイク『The 20/20 Experience』は今週39位ですが、このほどCBSとプロクター・アンド・ギャンブルが1975年から実施しているテレビ、音楽、映画の賞である『People’s Choice Awards』で”Favorite Album”、”Favorite Male Artist”、”Favorite R&B Artist”を受賞しました。以下が受賞作品、受賞者リストです。

 

FAVORITE ALBUM: The 20/20 Experience / Justin Timberlake

FAVORITE MALE ARTIST: Justin Timberlake
FAVORITE FEMALE ARTIST: Demi Lovato
FAVORITE BREAKOUT ARTIST: Ariana Grande

FAVORITE POP ARTIST: Britney Spears
FAVORITE COUNTRY ARTIST: Taylor Swift
FAVORITE COUNTRY MUSIC ICON: Tim McGraw
FAVORITE HIP-HOP ARTIST: Macklemore & Ryan Lewis
FAVORITE R&B ARTIST: Justin Timberlake
FAVORITE BAND: One Direction
FAVORITE ALTERNATIVE BAND: Fall Out Boy

FAVORITE SONG: Roar / Katy Perry
FAVORITE MUSIC VIDEO: Roar / Katy Perry

FAVORITE MUSIC FAN FOLLOWING: Lovatics, Demi Lovato

 

//////////////////

 

1/18付。今週の全米シングルチャートから。

 

 

rca301490

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca301490
今週の第1位は4週間2位をキープしていたピットブル・フィーチャリング・ケシャです。先週はクリスマスの後の週の集計ということで、例年のことですがデジタル・ギフト・カードをもらった人たちの大量のダウンロードが行われたため前週比98%増というセールスでしたが、今週は一段落して前週比で29%マイナスです。それでもクリスマスを迎える前々週に比べればプラスですから。デジタル・チャートで今週1位のこの曲がHOT100でも1位。ストリーミングで6位から2位、エアプレイでは6位から5位に上がりました。

 

ピットブルとしては2011年7月の「Give Me Everything」以来2曲目、ケシャはデビュー曲で年間1位の「Tik Tok」(2010年)、「We R Who We R」(2010年)に続いて3曲目の1位です。

 
先週まで1位だったエミネム・フィーチャリング・リアーナの「The Monster」は今週は3位。リアーナはまたHOT100で大活躍しそうです。彼女のアルバムではなくて、シャキーラのアルバムが4月までに発売されそうなんですが、そのファースト・シングル「Can’t Remember To Forget You」がリリースされました。この曲でリアーナがフィーチャリングされているんです。今年は何曲チャートに入ってまた記録を打ち立てるのでしょうか。

 

 

34位に「Stay」が入っているフロリダ・ジョージア・ラインですが、今週、昨年のHOT100年間9位、カントリー年間1位の「Cruise」が84,000ダウンロードを記録して合計633万ダウンロードとなって、カントリー・ソングのダウンロードで歴代1位になりました。意外にもこのうちのネリー・バージョンは4割弱とのことで、オリジナルの方がいまだに売れているんですね。カントリー・ソングのデジタル・セールス歴代TOP10は以下の通りです。

 
1位 633万DL Florida Georgia Line / Cruise
2位 627万   Lady Antebellum / Need You Now
3位 566万   Taylor Swift / Love Story
4位 474万   The Band Perry / If I Die Young
5位 441万   Taylor Swift / You Belong With Me
6位 406万   Zac Brown Band / Chicken Fried
7位 394万   Jason Aldean / Dirt Road Anthem
8位 390万   Carrie Underwood / Before He Cheats
9位 377万   Taylor Swift / We Are Never Ever Getting Back Together
10位 371万   Miley Cyrus / The Climb

 

 

 

pq_elvisesse
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/a20061210008

ところで1/8はエルヴィス・プレスリーの誕生日です。1935年生まれ。亡くなったのが1977年8月16日でした。42歳でしたね。この日はマドンナの19歳の誕生日でもありました。ビルボードはエルヴィスのいろいろな記録を掲載していましたのでここでご紹介します。

☆ HOT100チャートイン曲数: 108曲
エルヴィスのデビュー曲は「Heartbreak Hotel」。1956年3月3日付でした。でもこの時はまだHOT100はありませんでした。HOT100がスタートしたのが1958年8月4日。したがってそれ以前のチャート、TOP100には30曲が登場してHOT100に入らずに消えていったのです。HOT100登場曲数では、グリーの207曲、リル・ウェインの120曲に続いて歴代3位となっております。

 
☆ TOP40チャートイン曲数: 80曲
HOT100チャートに登場した曲でTOP40入りした曲数が80曲。これは歴代1位です。そして2位がなんとドレイクで64曲。これもすごいです。3位がエルトン・ジョンの57曲。

 
☆ アルバム・チャート登場作品数: 129枚
これは歴代1位です。2位がフランク・シナトラの82枚。No.1アルバムは10枚。
☆ アルバム1位獲得週数: 67週
これも歴代1位です。2位はガース・ブルックスの52週。3位がマイケル・ジャクソンで51週。

 

 

 

関連記事

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook