ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

佐藤直人の今週の洋楽この1曲!(第41回)

time 2014/02/27

 

佐藤直人の今週の洋楽この1曲!(第41回)

 

 

私が独断と偏見で毎週1曲ずつご紹介します。

 

 

今週はHOT100では3回ヒットした曲です。

 

オリジナルは、フィル・フィリップス。

『アメリカン・アイドル』で優勝したのは、フィリップ・フィリップス。

それとは違います。こちらはフィル・フィリップス。

 

 

1959年7月6日付で85位に初登場して6週目に15位まで上がって、翌週22位へダウン。でもその次の週に一気に2位に上がったんです。一体何が起きたんでしょうね。その次の週も2位で、これが最高位となりました。

フィル・フィリップスが恋人に捧げた曲だそうです。

 

 

この曲は大ヒットしたのですが、フィル・フィリップスにとっては、たった1曲のチャートヒットなんです。究極の一発屋!!

 

 

次にこの曲がヒットしたのが1981年。「Runaway」(「悲しき街角」)など60年代に16曲をチャートに送り込んだデル・シャノン。66年を最後にチャートから遠ざかっていたのですが、たしかトム・ペティのプロデュースで15年ぶりにHOT100に入りました。最高位は33位。

 

 

そして今日おすすめしたいのが、ハニードリッパーズのバージョンです。85年最高位3位。

 

 

元レッド・ツェッペリンのロバート・プラント、ツェッペリンの他にヤードバーズやファームにも在籍したジミー・ペイジ、元ヤードバーズのジェフ・ベックとシックのナイル・ロジャーズというスーパースターが結成したグループです。アルバムというかEP『Volume One』を発表しましたが、アルバムはこれだけで、『Volume Two』は出ませんでした。

 

 

ラジオ日本の全米TOP40では、この曲がかかると間奏のところで坂井さんが「HOT100 16週、TOP40 14週、TOP10 6週、最高位3位。先週の11位からダウン、今週の24位は、スーパーグループ、ハニードリッパーズの「Sea Of Love」。」なんて紹介してくれる。この間奏でのナレーションがけっこう気に入ってました。

 

 

89年にはアル・パチーノ主演で、フィル・フィリップスのドーナツ盤の「Sea Of Love」のレコードが出てくる映画『シー・オブ・ラブ』が公開されました。私は、確かTVで見たような記憶があります。

 

 

さあ、おいで。 一緒に海へ行こう、愛の海へ。 僕がどんなに君を愛しているか教えてあげるよ。

 

 

 

ということで「佐藤直人の今週の洋楽この1曲!」は、ハニードリッパーズの「Sea Of Love」です。

 

 

 

こちらに収録されています。

 

 

Honeydrippers / Volume One

gh_honeyd07

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/a20070304047

 

 

 

デル・シャノンはこちら。

Del Shannon / 25 All-Time Greatest Hits

 

s_dels25

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/a0115359101/

 

 

オリジナルのフィル・フィリップスはこちらのアルバムに収録されています。

VA / Teenage Crush

130_tc1

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/aci640

 

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook