ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

3/15 最新全米ヒットチャート解説

time 2014/03/16

全米ヒットをお探しなら是非あめりかん☆ぱいへ。 全米ヒットじゃなくてもお探しします。

http://www.rakuten.co.jp/americanpie/

 

 

最近流行りの洋楽アルバムはこちらにまとめました。全20ジャンルあります。

http://www.rakuten.ne.jp/gold/americanpie/now/album.html

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

3/15付。今週の全米アルバムチャートから。

 

iscb002003002

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/iscb002003002

 

今週の第1位は1986年10月26日ドイツで生まれ、ロスで育ったラッパー、スクールボーイQのメジャー・デビュー・アルバム『Oxymoron』です。139,000枚のセールスでした。2009年にロス・アンゼルスで結成された4人組ラップ・グループ、ブラック・ヒッピーのメンバーです。他のメンバーはすでにソロでも活躍しているケンドリック・ラマーやジェイ・ロックとアブ・ソウルです。このアルバムは、2011年と12年にインディでリリースされた『Setbacks』と『Habits And Contradictions』を1枚にまとめたものとのことです。インタースコープと契約してメジャー・デビューとなりました。

 

 

サウンドトラック・チャートでは初登場から14週連続第1位の『Frozen』。今週は先週よりセールスを伸ばしましたが2位へダウンしています。イディナ・メンツェルの歌う「Let It Go」は見事アカデミー賞主題歌賞を受賞しました。ソングライターはロバート&クリスティン・アンダーソン・ロペス夫妻です。

 

 

今週はTOP10内にあと6枚初登場しました。

 

cap1983802

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/cap1983802

第3位がベックの『Morning Phase』。10枚目のアルバムで5枚目のTOP10入りとなりました。ロック・アルバム、オルタナティヴ・アルバム・チャートで初登場1位です。

 

第4位はキッド・カディの『KiD CuDi presents SATELLITE FLIGHT:The journey to Mother Moon』。残念ながらCDでのリリースはまだ決まっていません。iTUNESやアマゾンMP3などデジタルのみでのリリースです。また、アルバム収録曲は単品で購入できず、アルバム単位での購入のみとなっているようです。

 

第5位はロメオ・サントスの『Formula: Vol. 2』。『Formula: Vol. 1』は2011年最高位9位でした。現在ラテン・ミュージックで人気急上昇中。今週のラテン・ソングス・チャートでは、ドレイクをフィーチャリングした「Odio」が5週連続第1位。そして3位には「Propuesta Indecente」、そして9位にエンリケ・イグレシアスをフィーチャリングした「Loco」と3曲TOP10にロメオ・サントスの曲がランキングされています。

 

続いて第6位がカントリー・アルバム・チャートでは初登場1位のダークス・ベントリー『Riser』。2003年のデビュー・アルバム『Dierks Bentley』こそ最高位26位でしたが、その後、このアルバムまで7枚連続でTOP10に入っています。

 

そしてもう1枚は第8位に初登場したフレイの『Helios』。3枚目のTOP10入りです。

 

 

下の方の話題を2つほど。

 

110位に初登場したのが9人組ガールズ・ジェネレーションの『Mr. Mr.』。少女時代です。このアルバムというかEPは6曲入りで、今週3000枚売れました。ガールズ・ジェネレーションは、2012年にメンバーのテヨン、ティファニーとソヒョンでTTSという名前で発表した『Twinkle』というアルバムが126位に入っています。

 

もうひとつ、メタリカの『Metallica』、1991年リリースのアルバムですが、今週は170位に入っているんです。そして、このアルバム。遂に1600万枚のセールスを達成しました。1991年5月からのサウンドスキャンによる集計では最多セールスのアルバムとなっています。それ以前を含めると全米最多セールス・アルバムは2900万枚でイーグルスの『Their Greatest Hits 1971-1975』とマイケル・ジャクソンの『Thriller』です。

 

 

 

//////////////////

 

 

 

3/15付。今週の全米シングルチャートから。

 

uvs236

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/uvs236

今週も第1位は映画『Despicable Me 2(怪盗グルーのミニオン危機一発)』から、ファーレル・ウィリアムスの「Happy」。今週もダウンロードは好調で413,000を記録。2週連続40万を超えました。3週連続40万DLというのが記録になっていて、ロビン・シックの「Blurred Lines」が記録しています。今週レディオ・ソングス・チャートでも1位になりました。

 

 

また、ヨーロッパでは昨年の12月からヒットしていますが、UKではこのほど2回目の返り咲きで1位になりました。初めて1位になったのが昨年12月最終週。息の長い大ヒットになっています。同じ曲が連続チャートインしている間に2回1位に返り咲いたのは例が少なく、UKでは1953年のフランキー・レイン「I Believe」と1959年ガイ・ミッチェルの「Singing The Blues」以来3曲目とのことでした。

 

 

1位から落ちても2週連続で2位をキープしているのがケイティ・ペリーの「Dark Horse」です。このほどポップ・ソングス・チャートでは4週目の1位となり、このチャートでの1位獲得週最多アーティストになりました。ポップ・ソングス・チャートはメインストリームTOP40チャートのことで、1992年10月3日にスタートしています。以下はこのチャートでの1位獲得週数TOP10アーティストです。

 

1位 46週 Katy Perry

2位 45  Mariah Carey

3位 32  P!nk

3位 32  Rihanna

5位 29  Ace of Base

6位 26  Maroon 5

7位 25  Christina Aguilera

8位 23  Beyonce

8位 23  Boyz II Men

8位 23  Nelly

 

 

第2の「Harlem Shake」になるか!と一部でいわれているのが今週55位に初登場したEDMデュオ、チェインスモーカーズの「#SELFIE」。“SELFIE”とは「自撮り」のこと。つまり自分で自分の写真を撮ること。ニュー・ヨーク出身のDJ、Drew Taggart 24歳と Akex Pall 28歳の2人組です。スティーヴ・アオキのレーベル、Dim Mak Records からデビューしました。ダンス/エレクトロニック・チャートでは12位から6位へアップしています。ビデオにはスティーヴ・アオキの他に、スヌープ・ドッグやデヴィッド・ハッセルホフも参加しています。

 

今週の「Radioactive」。イマジン・ドラゴンズは今週27位変わらず。登場79週目。エイウォルネイションの「Sail」も41位変わらずでランキングされています。登場78週目。HOT100登場週数記録の歴代1位と2位です。

 

 

1989年3月11日にラップ・ソングス・チャートはスタートしました。今週はその25周年を祝って、ビルボードがラップ・ソングス・チャートの1位獲得曲数ランキング、TOP10入り曲数ランキング、TOP50アーティスト、オールタイムTOP100ソングを発表していましたので、その上位をご紹介します。

 

rpblb00194102

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rpblb00194102

 

1位獲得曲数TOP5

1位 13曲 ドレイク

2位 10曲 ディディ

3位  9曲 カニエ・ウエスト

4位  8曲 LLクールJ

5位  7曲 50セント 、リル・ウェイン、バウ・ワウ、T.I.

 

 

TOP10曲数TOP5

1位 38曲 リル・ウェイン

2位 34曲 ジェイZ

3位 29曲 ドレイク

4位 26曲 カニエ・ウエスト

5位 24曲 ディディ

 

 

TOP20アーティスト

1. DRAKE

2. JAY Z

3. LIL WAYNE

4. LL COOL J

5. KANYE WEST

6. T.I.

7. 50 CENT

8. LUDACRIS

9. DIDDY

10. THE NOTORIOUS B.I.G.

11. SNOOP DOGG

12. NELLY

13. EMINEM

14. ICE CUBE

15. BUSTA RHYMES

16. NICKI MINAJ

17. OUTKAST

18. BOW WOW

19. HEAVY D & THE BOYZ

20. 2PAC

 

 

 

オールタイムTOP20ソング(このチャートで最高位を付けた年/順位)

20 Lean Back / Terror Squad (04/1)

19 The Phuncky Feel One/How I Could… / Cypress Hill (92/1)

18 Ni**as In Paris / Jay Z, Kanye West (11/1)

17 Mercy / Kanye West, Big Sean, Pusha T, 2 Chainz (12/1)

16 Can’t Nobody Hold Me Down / Puff Daddy feat. Mase (97/1)

15 How Do U Want It/California Love / 2Pac feat. K-Ci and JoJo (96/1)

14 Best I Ever Had / Drake (09/1)

13 Whatever You Like / T.I. (08/1)

12 Low / Flo Rida feat. T-Pain (08/1)

11 The Motto / Drake feat. Lil Wayne (12/1)

 

10 The Humpty Dance / Digital Underground (90/1)

9 No Hands / Waka Flocka Flame feat. Roscoe Dash & Wale (10/1)

8 Big Poppa/Warning / The Notorious B.I.G. (95/1)

7 Flava In Ya Ear / Craig Mack (94/1)

6 Gangsta’s Paradise / Coolio feat. L.V. (95/1)

5 Expression / Salt-N-Pepa (90/1)

4 Can’t Hold Us / Macklemore & Ryan Lewis feat. Ray Dalton (13/1)

3 Hot Boyz / Missy “Misdemeanor” Elliott feat. Nas, Eve & Q-Tip (99/1)

2 Tootsee Roll / 69 Boyz (94/1)

1 Thrift Shop / Macklemore & Ryan Lewis feat. Wanz (13/1)

 

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook