ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Bob Dylan@Zepp Diver City(ネタバレ注意!!)

time 2014/04/10

2010年3月、なんと東京、大阪、名古屋でライヴ・ハウス・ツアーを行った・・・

Bob Dylan

再び4年の月日を経て、今回は札幌、福岡も・・・

東京公演はZepp Diver City、3日目にあたる4月3日です。

写真5

ライヴハウスといっても1階のスタンディングの方は、ぎっしりお客さんが入っていて、恐らくちょっとしたホールよりは動員していると思います。

開演時間19時を回ったところで、アコースティック・ギターの音が・・・場内絶叫、そしてライトダウン!!

メンバー登場!!

そして、Bob Dylan登場!!

白っぽいジャケットを着て、お馴染みのハット!!

今回もギターは持たず、中央に立ち、曲は、Things Have Changed♪

Dylanの声の調子も良さそう、映画のテーマ曲(?)とはいえ、すっかり近年のライヴでは定番、満場のお客様もわかっているようです。

メンバーは、ギター、ベース、ドラムス、ペダル・スティールとバイオリン等を担当する4人と、Dylanの真後ろにいるのが・・・

Charlie Sexton!!

かつてはソロで天才少年としてデビューした彼も、’90年代後期からDylanのグループに!!多彩なギター・プレイで今やDylanの音楽的ブレインといえるでしょう。

曲は、She Belongs To Me♪、ハーモニカの音に場内絶叫です。

ピアノに着いて、割と新しい、Beyond Here Lies Nothin’♪

再び中央に来て、Oh Mercy収録の、What Good Am I?

Dylanのバラードは、時にゾクッとくるものがあります。

再びピアノに着いて、Waiting For You♪、ワルツ調のこのナンバーも映画に使われたもののよう、今回、新作Tempestからが中心とのことですが、先ずは軽快なビートから、Duquense Whistle♪、続いて、Pay In Blood♪、この曲は個人的に気に入っているのですが、今回はやや暗い感じにも聴こえました。

軽快なアコースティック・ギターが響き、Tangled Up In Blue♪、自分も馴染みのナンバーなのですが、Dylanのライヴでは、歌詞をしっかり聴いていないとわからないこともあります。(笑)

独自のカッティングで、Love Sick♪、こちらも近年のライヴでは定番、満場のお客さんにもお馴染みのようです。

この曲で「15分の休憩・・・」となりました。

・・・

第2部もギターの音が聴こえ、ライトダウン!!

High Water (For Charley Patton)♪でスタート、続いても立ったままで、Simple Twist Of Fate♪、このようなナンバーでのハーモニカも心地よく感じます。

ピアノに着いて、新作からのブルージーな、Early Roman King♪、割と新しいTogether Through Life収録の、Forgetful Heart♪、日本人好みの曲調なのか、場内の受けが良いようです。

続く、Spirit On The Water♪、このナンバーは軽快な感じで、このライヴでもリラックスした雰囲気になります。

Dylanらしい曲調の、Scarlet Town♪、ここからは新作からが続き、ややスローな、Soon After Midnight♪、そして、Long And Wasted Years♪、このナンバーでは数個のライトが降りてきて、やや明るくなり、同じフレーズの繰り返しながら、力強く、今回のクライマックスと言えそうです。

力強く、いったん終了となりました。

アンコールからは・・・メジャーなBob Dylanといった感じでしょうか!?、All Along The Watchtower♪、ギターのカッティングも力強く、そして、Charlie Sexton!!

バックに徹する彼もここでは目立っていました。

そして、Dylanはピアノに着いて、ポップな(?)曲調で・・・

Blowin’ In The Wind♪

誰もが知っている歌、大喝采でエンディング!!

最後はメンバー全員で整列、トータルで2時間のライヴは幕となりました。

写真4

’60年代から’70年代にかけては神と目されたBob Dylan!!

何とそのDylanが日本でライヴ・ハウスに!!

しかも落ちぶれて、というのではなく、今も進化していて・・・そして、Charlie Sextonの存在も大きく感じた次第です。

・・・

72歳のBob Dylan、今後はどうするのでしょうか。?

その答えは、「風に舞っている」のでしょう。!!

 

関連記事

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook