ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

5/3 最新全米ヒットチャート解説

time 2014/06/16

全米ヒットをお探しなら是非あめりかん☆ぱいへ。 全米ヒットじゃなくてもお探しします。
http://www.rakuten.co.jp/americanpie/

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

5/3付。今週の全米アルバムチャートから。

 

 

dsnd001906102
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/dsnd001906102
サウンドトラック『Frozen』(『アナと雪の女王』)、今週で11週目の第1位となりました。イースター・ホリディの影響で前週比94%アップの259,000枚のセールスを記録しました。1956年にビルボードが総合のアルバム・チャートを発表して以降で11週以上1位を記録したサウンドトラックは15枚目です。以下のとおりです。年は発売年です。

 
54週 1962年 West Side Story
31週 1958年 South Pacific
24週 1978年 Saturday Night Fever
24週 1984年 Purple Rain
20週 1961年 Blue Hawaii
20週 1992年 The Bodyguard
18週 1987年 Dirty Dancing
16週 1998年 Titanic
14週 1961年 Exodus
14週 1964年 A Hard Day’s Night
14週 1965年 Mary Poppins
12週 1962年 Breakfast At Tiffany’s
12週 1978年 Grease
11週 1985年 Miami Vice
11週 2013年 Frozen

 

 

今週はTOP10内に4枚が初登場しました。

 

defb002017102

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/defb002017102
第2位は、1992年9月3日、ニュー・オーリンズ生まれ。現在22歳のラッパー、オーガスト・アルシーナのデビュー・アルバム『Testimony』です。彼の経歴を読んでいるとまだ22歳にして波乱万丈で、薬物依存、DV被害、友人や兄が射殺、ドラッグの売人などを経て18歳の時に改心して再び音楽の道を目指したようです。すでにYouTubeには自分のパフォーマンスをアップするなど活動していましたが、2011年からアトランタへ移住して本格的に音楽活動を開始しミックステープを発表。今回のメジャー・デビューに至りました。

 

atl541092

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/atl541092
第3位は、2000年にサウス・カロライナ州で結成された3人組クリスチャン・ロック・バンドのニードトゥーブリーズの5枚目のアルバム『River In The Wasteland』。ロック・アルバム・チャートでは1位です。2011年の前作『The Reckoning』は最高位6位でした。

 

wb541875

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/wb541875
第4位が、現在2チェインズをフィーチャリングした「Talk Dirty」が大ヒット中のジェイソン・デルーロの3枚目のアルバム『Talk Dirty』です。

 

 

mmpo151

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/mmpo151
そして第5位が、1979年12月8日、ニュー・ヨーク生まれのイングリッド・マイケルソンの5枚目のアルバム『Lights Out』です。ピーター・ウルフではありません。2012年の前作『Human Again』(5位)に続いてTOP5に入りました。

 

 

下の方では『Frozen』のカラオケCD『Disney Karaoke Series: Frozen』が17位に初登場しています。カラオケCDでこんな高い順位に初登場するのは稀です。

 

 

4/24にフロリダ州マイアミのバンク・ユナイテッド・センターでビルボード・ラテン・ミュージック・アワードの授賞式が行われましたので、おもな受賞作品をご紹介します。

 
Artist of the Year: Marc Anthony
Artist of the Year, New (Artist could not have a charting album on Latin Albums charts prior to Nov 12, 2012): Luis Coronel
Tour of the Year: Luis Miguel
Social Artist of the Year: Shakira
Crossover Artist of the Year: Bruno Mars

 

Hot Latin Song of the Year: Marc Anthony “Vivir Mi Vida”
Hot Latin Songs Artist of the Year, Male: Prince Royce
Hot Latin Songs Artist of the Year, Female: Thalia
Hot Latin Songs Artist of the Year, Duo or Group: La Arrolladora Banda El Limon De Rene Camacho

 

Top Latin Album of the Year: Marc Anthony “3.0”
Top Latin Albums Artist of the Year, Male: Marc Anthony
Top Latin Albums Artist of the Year, Female: Jenni Rivera
Top Latin Albums Artist of the Year, Duo or Group: La Arrolladora Banda el Limon de Rene Camacho

 

Latin Pop Song of the Year: Marc Anthony “Vivir Mi Vida”
Latin Pop Album of the Year: Alejandro Fernandez “Confidencias”

Tropical Song of the Year: Marc Anthony “Vivir Mi Vida”
Tropical Album of the Year: Marc Anthony “3.0”

Regional Mexican Song of the Year: La Arrolladora Banda El Limon De Rene Camacho “El Ruido De Tus Zapatos”
Regional Mexican Album of the Year: Jenni Rivera “La Misma Gran Senora”

Latin Rhythm Song of the Year: Daddy Yankee “Limbo”
Latin Rhythm Album of the Year: Wisin & Yandel “Lideres”

Songwriter of the Year: Anthony “Romeo” Santos
Producer of the Year: Anthony “Romeo” Santos

 

 

 

//////////////////

 

 

 

5/3付。今週の全米シングルチャートから。

 

sny305507
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny305507
今週も第1位はファーレル・ウィリアムスの「Happy」。これで9週連続第1位です。今週アダルト・コンテンポラリー・チャートで1位になって、ビルボードのジャンル別の6つのエアプレイ・チャートで1位を記録するクロスオーバー・ヒットになりました。これまでの記録が5つのエアプレイ・チャートでの1位だったので新しい記録が誕生しました。

 

ファンが作ったビデオが受けてストリーミング・ソングス・チャートで今週1位となっています。他にもラジオ・ソングス・チャートで8週目、オンデマンドで2週目、デジタル・ソングス・チャートでは10週目の第1位です。デジタルで10週以上の1位はこの曲で6曲目となりました。

 

また、ファーレルは男性ソロ・アーティストとしてHOT100での1位獲得週数が26週となり、スティーヴィー・ワンダー、エミネムを抜いて歴代単独6位になりました。TOP5は以下の通りです。オール・アーティストの歴代1位は79週のマライア・キャリーです。

 
1位 47週 アッシャー
2位 37週 マイケル・ジャクソン
3位 34週 エルトン・ジョン
4位 30週 ポール・マッカートニー
5位 28週 T.I.

 

 

9位には「Loyal」が11位からアップ。このアーティスト名は、Chris Brown Featuring Lil Wayne & French Montana Or Too $hort Or Tyga となっています。これは3つのバージョンがあって、クリス・ブラウンとリル・ウェインはすべてのバージョンに登場していて、フレンチ・モンタナがイースト・コースト・バージョン、トゥー・ショートがウエスト・コースト・バージョン、タイガがビデオ・バージョンとなっています。

 

これでリル・ウェインは19曲目のTOP10ヒットとなりました。ラッパーでは21曲のジェイZに次いで歴代2位のTOP10曲数です。3位はリュダクリスの18曲。クリス・ブラウンは13曲のTOP10ヒットです。

 

islb002057202

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/islb002057202
下の方では急に勢いづき始めて56位→37位→18位とあがってきたのが、イギー・アザリア・フィーチャリング・チャーリーXCXの「Fancy」です。登場7週目です。ラップ・ソングス・チャートではピットブル・フィーチャリング・ケシャの「Timber」の16週目の1位を阻止してこの曲が新しく1位になりました。チャーリーXCXは、スウェーデンのストックホルムで結成された女性2人のエレクトロポップ・デュオ、アイコナ・ポップの「I Love It」でフィーチャリングされたイギリスのシンガー・ソングライターで2008年にデビューしています。

 

イギー・アザリアは、1990年6月7日、オーストラリア、ニュー・サウス・ウェールズ生まれで16歳の時にアメリカへ移住しました。女性ラッパーとして14歳から活動をスタート。デビュー・アルバム『New Classic』からのファースト・シングルです。ラップ・ソングス・チャートで女性の1位は2011年「Moment 4 Life」のニッキー・ミナージュ(フィーチャリング・ドレイク)以来でリード・アクトとしては14人目です。

 

iscb002082122

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/iscb002082122
もう1組、55位から41位に上がってきたのが、ブリティッシュ・ポップ・バンド、リクストンの「Me And My Broken Heart」。イギリスのマンチェスターで2012年に結成。この曲は彼らの作詞作曲ですが、ロブ・トーマスの「Lonely No More」にヒントを得ているため、ソングライターとしてロブ・トーマスの名前も入っています。プロデューサーは、ケイティ・ペリーやリアーナも手掛けたベニー・ブランコで、年末の発売を目指して現在デビュー・アルバム製作中とのことです。

 

 

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook