ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

7/26 最新全米ヒットチャート解説

time 2014/07/30

全米ヒットをお探しなら是非あめりかん☆ぱいへ。 全米ヒットじゃなくてもお探しします。
http://www.rakuten.co.jp/americanpie/

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

7/26付。今週の全米アルバムチャートから。

rca307404

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca307404

 

 

今週の第1位は初登場で、シーアの4枚目のアルバム『1000 Forms Of Fear』です。シーアといえばHOT100でTOP10ヒットとなったデヴィッド・ゲッタの「Titanium」や、フロ・ライダーの「Wild Ones」でフィーチャリング・アーティストとして参加していました。またNo.1ヒットのリアーナの「Diamonds」やニーヨの「Let Me Love You」ではソングライターとして参加しています。他にもビヨンセ、ブリトニー・スピアーズなどにも曲を提供してきました。1975年12月18日オーストラリア、アデレード生まれで39歳なんです。18歳の時から活動を始めて、このアルバムは6枚目のアルバムです。今回は52,000枚のセールスで、他にめぼしい新譜もなく低レベルのセールスでしたが1位を獲得しました。現在HOT100では初のリード・シングルとなる「Chandelier」が13位上昇中です。

 

 

今週のTOP10内初登場はあと2枚あります。

 

epic308396

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/epic308396
第6位に初登場したのが、17枚目のスタジオ・アルバムにして初のTOP10入りとなったジューダス・プリーストの『Redeemer Of Souls』です。これまでの最高位は2008年の『Nostradamus』の11位でした。1974年『Rocka Rolla』でデビューしてから40年。初チャートインしたのは1978年の『Staind Class』で最高位173位でした。シングルは82年の「You’ve Got Another Thing Comin’」が最高位67位を記録したのみで、ネーム・ヴァリューの割にはチャートには縁がなかったですね。今回はロック・アルバム・チャートで初登場1位です。

 

 

fvsv229
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/fvsv229
第8位には、1996年カリフォルニア州ハンティントン・ビーチで結成されたロック・バンド、ダーティ・ヘッズの4枚目のアルバム『Sound Of Change』が初登場しました。サウンドにレゲエやヒップホップも加えているのが特徴で、初のTOP10入りとなりました。2007年の映画『Surf’s Up』のサウンドトラックに参加したあと、2008年『Any Port in a Storm』(最高位55位)でデビュー。シングル「Lay Me Down」はオルタナティヴ・ソングス・チャートで1位となりましたが、その後は大きなヒットに恵まれませんでした。現在「My Sweet Summer」がオルタナティヴ・ソングス・チャートでその時以来のTOP10入りを果たしています。

 
ところで、サウンドトラック『Frozen』が今週5位から一気に2位に上昇しています。46,000枚のセールスなんですが、AMAZON MP3でディスカウントして販売されたのが功を奏したようです。これでこのアルバムは29週連続TOP5入りとなり、最近ではアデルの『21』と並びました。アデルの『21』は39週連続TOP5入りした後、一旦途切れてその後29週連続でまたTOP5入りしています。サウンドトラック・チャートでは初登場以来33週連続第1位を続けています。

 

 

下の方では、40年間在籍したコロムビアを離れてキャピトル・レコードに移籍したニール・ダイアモンドの『All-Time Greatest Hits』が15位に初登場。52枚目のチャートインです。初チャートインは1966年10月29日『The Feel Of Neil Diamond』(最高位137位)ですから実に47年と9か月!

 

fttr106522

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/fttr106522
また、33枚目のチャートインとなったのが、シカゴの『Now: Chicago XXXVI』です。こちらは1969年5月17日付で『Chicago Transit Authority』(最高位17位)で初チャートインですから45年と2ヶ月!

 

 
/////////////////////////

 

 

 

7/26付。今週の全米シングルチャートから。

 

 

rca308135
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca308135
今週も第1位はイギー・アザリア・フィーチャリング・チャーリーXCXの「Fancy」ではなく、2位から上がったMAGIC!の「Rude」です。メンバーが4人ともトロント周辺の出身で、カナダのグループとしては2001年12月のニッケルバック「How You Remind Me」以来とか。またレゲエのNo.1ヒットとしては以下のとおり11曲目となりました。

 
MAGIC! / Rude (2014)
Sean Paul / Get Busy (2003)
Shaggy / It Wasn’t Me (2001)
Shaggy / Angel (2001)
Ini Kamoze / Here Comes the Hotstepper (1994)
UB40 / Can’t Help Falling in Love (1993)
Snow / Informer (1993)
Maxi Priest / Close to You (1990)
UB40 / Red Red Wine (1988)
Eric Clapton / I Shot the Sheriff (1974)
Johnny Nash / I Can See Clearly Now (1972)

 
前回OT100で最高位2位以上の曲名と同じアーティストが、別の曲でヒットを出して、ともに2位以上という例をいくつかご紹介しましたが、今回はともに1位となりました。もう1例ありましたのでご紹介します。こちらもともに1位でした。

 

今回のケース:アーティスト名/曲名
MAGIC! / Rude  (2014年1位)
Olivia Newton-John / Magic (80/1)

 

もう1例のケース:
Emotions / Best Of My Love (77/1)
Mariah Carey / Emotions (91/1)

 
「Rude」は185,000ダウンロードで今週デジタル・ソングスで2位、ラジオ・ソングスでは4位から2位、ストリーミングでは3位から2位と部門別では1位がないのですがトータルすると1位となりました。

 

 

その「Rude」もノミネートされている 2014 Teen Choice Awards のノミネートが発表されました。8/10にユニバーサルシティのギブソン・アンフィシアターで授賞式が行われ、FOX-TVで中継されます。Teen Choice Award は音楽のみならず映画やテレビドラマ、スポーツなど各分野で最も活躍したアーティストや作品を表彰するもので、Teen People 誌が主催。投票はティーンエイジャーによってオンラインで行われています。おもなノミネートは以下のとおりです。

 
Choice Country Song:
Bartender / Lady Antebellum
Beachin’ / Jake Owen
Play It Again / Luke Bryan
Somethin’ Bad / Miranda Lambert with Carrie Underwood
This is How We Roll / Florida Georgia Line featuring Luke Bryan

 

Choice Single Female Artist:
Dark Horse / Katy Perry featuring Juicy J
Fancy / Iggy Azalea featuring Charli XCX
Let It Go / Idina Menzel
Problem / Ariana Grande featuring Iggy Azalea
Team / Lorde

 

Choice Single Male Artist:
Happy / Pharrell Williams
Mmm Yeah / Austin Mahone featuring Pitbull
Sing / Ed Sheeran
Stay With Me / Sam Smith
Talk Dirty / Jason Derulo featuring 2 Chainz

 

Choice Single Group:
Bo$$ / Fifth Harmony
Me and My Broken Heart / Rixton
Rude / Magic!
She Looks So Perfect / 5 Seconds of Summer
Story of My Life / One Direction

 

Choice R&B/Hip-Hop Song:
All of Me / John Legend
Fancy / Iggy Azalea featuring Charli XCX
Na Na / Trey Songz
Pills N Potions / Nicki Minaj
Turn Down For What / DJ Snake & Lil Jon

 

Choice Rock Song:
Ain’t It Fun / Paramore
Love Runs Out / OneRepublic
Maps / Maroon 5
Pompeii / Bastille
On Top of the World / Imagine Dragons

 

Choice EDM Song:
#Selfie / The Chainsmokers
Animals / Martin Garrix
Latch / Disclosure featuring Sam Smith
Summer / Calvin Harris
Wake Me Up / Avicii

 

Choice Love Song:
All of Me / John Legend
Boom Clap / Charli XCX
Not a Bad Thing / Justin Timberlake
Somebody to You / The Vamps featuring Demi Lovato
You & I / One Direction

 

Choice Break-Up Song:
Amnesia / 5 Seconds of Summer
Break Free / Ariana Grande featuring Zedd
Miss Movin’ On / Fifth Harmony
Really Don’t Care / Demi Lovato featuring Cher Lloyd
Story of My Life / One Direction

 

Choice Music Breakout Artist:
Becky G
Austin Mahone
Rita Ora
Cody Simpson
Zendaya

 
今週11位にいきなり初登場したのが、フロリダ・ジョージア・ラインのニュー・アルバムからのファースト・シングル「Dirt」。カントリー・ソングス・チャートでは先週の40位から一気に1位になりました。こちらのチャートでの1位ジャンプ・アップ記録は、これまでは2013年8月31日付で35位から上がったルーク・ブライアンの「That’s My Kind Of Night」でしたので、新記録誕生です。

 

rprw543243

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rprw543243

 
今週、ビルボードはトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのニュー・アルバム『Hypotic Eye』のリリースを記念してオールタイムTOP20ソングスを発表していましたのでご紹介します。

 
20 Here Comes My Girl / Tom Petty & the Heartbreakers (80/59)
19 Make It Better (Forget About Me) / Tom Petty & the Heartbreakers (85/54)
18 A Face in the Crowd / Tom Petty (90/46)
17 I Need to Know / Tom Petty & the Heartbreakers (78/41)
16 Needles and Pins / Tom Petty & the Heartbreakers with Stevie Nicks (86/37)
15 Breakdown / Tom Petty & the Heartbreakers (78/40)
14 Learning to Fly / Tom Petty & the Heartbreakers (91/28)
13 Change of Heart / Tom Petty & the Heartbreakers (83/21)
12 The Waiting / Tom Petty & the Heartbreakers (81/19)
11 Jammin’ Me / Tom Petty & the Heartbreakers (87/18)

 

10 Runnin’ Down a Dream / Tom Petty (89/23)
9 Mary Jane’s Last Dance / Tom Petty & the Heartbreakers (94/14)
8 Refugee / Tom Petty & the Heartbreakers (80/15)
7 You Got Lucky / Tom Petty & the Heartbreakers (83/20)
6 You Don’t Know How It Feels / Tom Petty (95/13)
5 Don’t Come Around Here No More / Tom Petty & the Heartbreakers (85/13)
4 I Won’t Back Down / Tom Petty (89/12)
3 Don’t Do Me Like That / Tom Petty & the Heartbreakers (80/10)
2 Free Fallin’ / Tom Petty (90/7)
1 Stop Draggin’ My Heart Around / Stevie Nicks with Tom Petty & the Heartbreakers (81/3)

 

 

アワードの季節なんですね。ノミネート発表がもうひとつ。8/24にカリフォルニア州イングルウッドのザ・フォーラムで授賞式が行われる第31回MTVヴィデオ・ミュージック・アワードのノミネートが発表されました。

 

ビヨンセが最多となる8部門にノミネート。エミネムとイギー・アザリアが7部門にノミネートされています。

 

おもなノミネートは以下のとおりです。

 
Video of the Year:
Iggy Azalea Feat. Charli XCX / Fancy
Beyonce Feat. JAY Z / Drunk In Love
Pharrell Williams / Happy
Sia / Chandelier
Miley Cyrus / Wrecking Ball

 

Best Hip Hop:
Eminem / Bezerk
Drake Feat. Majid Jordan / Hold On (We’re Going Home)
Childish Gambino / 3005
Kanye West / Black Skinhead
Wiz Khalifa / We Dem Boyz

 

Best Male:
Pharrell Williams / Happy
John Legend / All Of Me
Ed Sheeran Feat. Pharrell / Sing
Sam Smith / Stay With Me
Eminem Feat. Rihanna / Monster

 

Best Female:
Iggy Azalea Feat. Charli XCX / Fancy
Beyonce / Partition
Lorde / Royals
Ariana Grande Feat. Iggy Azalea / Problem
Katy Perry Feat. Juicy J / Dark Horse

 

Best Pop:
Pharrell Williams / Happy
Iggy Azalea Feat. Charli XCX / Fancy
Jason Derulo Feat. 2 Chainz / Talk Dirty
Ariana Grande Feat. Iggy Azalea / Problem
Avicii Feat. Aloe Blacc / Wake Me Up

 

Best Rock:
Imagine Dragons / Demons
Arctic Monkeys / Do I Wanna Know
The Black Keys / Fever
Lorde / Royals
Linkin Park / Until It’s Gone

 

MTV Artist To Watch:
Sam Smith / Stay With Me
5 Seconds of Summer / She Looks So Perfect
Charli XCX / Boom Clap
Schoolboy Q / Man Of The Year
Fifth Harmony / Miss Movin On

 

Best Collaboration:
Beyonce Feat. JAY Z / Drunk In Love
Ariana Grande Feat. Iggy Azalea / Problem
Pitbull Feat. Ke$ha / Timber
Chris Brown Feat. Lil Wayne and Tyga / Loyal
Eminem Feat. Rihanna / Monster
Katy Perry Feat. Juicy J / Dark Horse

 

MTV Clubland Award:
DJ Snake & Lil Jon / Turn Down For What
Zedd Feat. Hayley Williams / Stay the Night
Calvin Harris / Summer
Martin Garrix / Animal
Disclosure / Grab Her!

 

Best Video With a Social Message:
Angel Haze Feat. SIA / Battle Cry
Avicii / Hey Brother
Beyonce / Pretty Hurts
J. Cole Feat. TLC / Crooked Smile
Kelly Rowland / Dirty Laundry
David Guetta Feat. Mikky Ekko / One Voice

 

 

関連記事

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook