ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

9/27 最新全米ヒットチャート解説

time 2014/09/27

全米ヒットをお探しなら是非あめりかん☆ぱいへ。
全米ヒットじゃなくてもお探しします。

http://www.rakuten.co.jp/americanpie/

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
9/27付。今週の全米アルバムチャートから。

 

rchr33

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rchr33
今週の第1位は、1979年10月9日生まれ、クリスチャン・ラッパーのレクレー(本名レクレー・ムーア)の7枚目のアルバム、『Anomaly』です。ゴスペル・アルバム・チャートでは6枚目の第1位。クリスチャン・アルバム、ラップ・アルバム・チャートでも今週第1位です。ついでにデジタル・アルバム・チャート、インディペンデント・アルバムでも初登場1位でした。クリスチャン・アルバムとBILLBOARD200の両方で1位は以下の通り、5枚目ですが、ゴスペルとBILLBOARD200の両方で1位は初めてでした。

 

クリスチャン・アルバム・チャートとBILLBOARD200の両方で1位になったアルバム:

2014 Lecrae / Anomaly
2013 Chris Tomlin / Burning Lights
2012 TobyMac / Eye On It
1997 LeAnn Rimes / You Light Up My Life Inspirational Songs
1997 Bob Carlisle / Butterfly Kisses (Shades Of Grace)

 
今週88,000枚のセールスで1位となりましたが、ポップ・チャートでは前作『Gravity』(2012年最高位3位)に続いて2枚目のTOP10入りです。また、HOT100入りした曲がいまだにないまま、No.1アルバムを記録しました。

 

 

今週のTOP10内初登場はあと6枚あります。

 

defb002140702

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/defb002140702
第3位に初登場したのが、おばあちゃんが日本人、その旦那さんのおじいちゃんがアフリカ系アメリカ人というルーツのジャネイ・アイコのデビュー・アルバム『Souled Out』です。昨年のデビューEP『Sail Out』は最高位8位でした。シングル「The Pressure」がR&Bヒップホップ・ソングスチャートで23位上昇中です。

 

 

第4位が元ウィスキータウンのライアン・アダムスの14枚目のソロ・アルバム『Ryan Adams』です。ウィスキー・タウンで3枚のアルバムと4枚のEP、ソロになってから14年間で14枚目のアルバムです。この間EPも9枚リリースしました。

 

 

crb79392
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/crb79392

 

第5位がカントリー・アルバム・チャートで初の1位となったリー・ブライスの3枚目のアルバム『I Don’t Dance』です。タイトル・ソングは8/2付でカントリー・ソングス・チャートで最高位5位でした。2010年のデビュー・アルバムからのタイトル・ソング「Love Like Crazy」は最高位3位ながら、カントリー・ソングス・チャートで歴代1位の記録となる56週間にわたってチャートインして2010年のカントリー・ソングス年間1位となりました。

 

 

第7位は、ニュー・ヨーク出身のロックバンド、インターポールの5枚目のスタジオ・アルバム『El Pintor』です。ロック・アルバム・チャートでは先ほどのライアン・アダムスに続いて初登場2位でした。バンドは1997年にニュー・ヨーク大学の学生が結成。メジャー・デビューとなった3枚目のアルバム『Our Love To Admire』(2007年)で初のTOP10入り(最高位4位)を記録。それから3作連続TOP10入りとなりました。

 

第8位がカントリー・アルバム・チャートで初登場2位となったダスティン・リンチのセカンド・アルバム『Where It’s At』です。タイトル・ソングはカントリー・エアプレイ・チャートで登場26週目にして第1位になりました。

 

 

kl_akrausscoll

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/a20070217016

 

そして第10位に初登場したのが、8枚目のTOP10入りとなったロバート・プラントの『Lullaby And… The Ceaseless Roar』です。アリソン・クラウスとのアルバムの『Raising Sand』(2007年最高位2位)、2010年の『Band Of Joy』(最高位5位)に続いて3作連続TOP10入りとなりました。アリソン・クラウスといえば現在「You’re Just A Country Boy」が話題でちょっとベスト盤が売れています。

 

 

ところで、アルバムが無料で配信された場合、ビルボードはアルバム・チャートの集計対象にしていません。ですので、U2がiTUNESでニュー・アルバム『Songs Of Innocence』を無料でダウンロード可能にしましたが、無料のためチャートに入れないのです。発売後4週間以内に3ドル49セント以下で売られた場合もカウントされないというルールもあります。それはともかく9/15のアップル社のコメントではこの時点で全世界で3300万ダウンロードがあったそうです。そしてこのリリースを受けて、U2の旧譜が先週軒並みチャートに入っていました。47位に『The Joshua Tree』、52位に『U218: Singles』、78位に『Achtung Baby』、142位に『The Unforgettable Fire』、172位に『Rattle And Hum』、そして181位に『War』と6枚再登場していました。今週は『The Joshua Tree』と『U218: Singles』だけが200位内に残っています。なお、『Songs Of Innocence』は10/14に通常盤とデラックス・エディションでCDでも発売になります。

 

 

/////////////////////////

 

 

9/27付。今週の全米シングルチャートから。

 

epic502066

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/epic502066
今週も第1位は、メーガン・トレイナーの「All About That Bass」です。今週はラジオ・ソングス・チャートで6位から3位にアップ。また、デジタル・セールスは4週目、ストリーミングは2週目、オンデマンドは3週目の第1位と他の部門はすべて1位です。ラジオ・ソングスが1位になって、他の3部門が1位を続けるとまだ「Fancy」(2014/6/28付)しか達成していない4部門同時1位となりますがどうでしょうか。

 
今週のTOP5は以下の通りです。

1位 All ABout That Bass / Meghan Trainor
2位 Shake It Off / Taylor Swift
3位 Anaconda / Nicki Minaj
4位 Black Widow / Iggy Azalea Featuring Rita Ora
5位 Bang Bang / Jessie J, Ariana Grande & Nicki Minaj

 
そうです。先週に引き続き今週もTOP5は女性アーティストで占められました。
史上8回目の出来事です。

 

 

ところで、最高位1位のケイティ・ペリー・フィーチャリング・ジューシーJの「Dark Horse」は今週38位ですが、登場週数が52週となりました。52週、つまり1年間チャートインした曲はもう珍しくなくなっちゃいましたが、その下の45位にはワンリパブリックの「Counting Stars」(最高位2位)がまだチャートインしているのです。登場週数は65週。60週以上となると14曲しかありません。90年代3曲、2000年代3曲、あとの8曲はまだ2014年ですが2010年代なんです。この分ですと2010年代には60週以上チャートインする曲がまだまだ登場しそうですね。ちなみに65週のチャートインはアデルの「Rolling In The Deep」、ジュエルの「You Were Meant for Me/Foolish Games」と並んで歴代6位タイ。1位は87週間チャートインしたイマジン・ドラゴンズの「Radioactive」。今年記録しました。今週チャートインしている曲の中で長いのは先ほどの「Dark Horse」とあとジョン・レジェンドの「All Of Me」(最高位1位)がまだ23位で49週目なんです。さらにこの曲はすでに800万ダウンロードのマークがついていて、まだダウンロード時代には見たことがない▲9がいつつくか楽しみです。

 

 

rca374009

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca374009

最後にクリス・ブラウンがニュー・アルバム『X』を発売しました。2005年にデビューしてHOT100にはなんと61曲もチャートインしていたんですね。そのうち1位が2曲、TOP10には13曲入っています。アルバムのリリースを記念してビルボードがクリス・ブラウンのオールタイムTOP20ソングを発表していましたのでご紹介します。

 
20. Turn Up the Music (2012年最高位10位)
19. I Can Transform Ya (Feat. Lil Wayne & Swizz Beatz) (09/20)
18. Love More (Feat. Nicki Minaj) (14/23)
17. Gimme That (Feat. Lil Wayne) (06/15)
16. Get Like Me / David Banner feat. Chris Brown (08/16)
15. Yeah (3X) (11/15)
14. Deuces (Feat. Tyga & Kevin McCall) (10/14)
13. International Love / Pitbull feat. Chris Brown (12/13)
12. Don’t Wake Me Up (12/10)
11. Show Me / Kid Ink feat. Chris Brown (14/13)

 

10. Say Goodbye (06/10)
9. Loyal / Chris Brown feat. Lil Wayne and Tyga (14/9)
8. Shortie Like Mine / Bow Wow feat. Chris Brown & Johnta Austin (06/9)
7. Yo (Excuse Me Miss) (06/7)
6. Look At Me Now (Feat. Lil Wayne & Busta Rhymes) (11/6)
5. No Air / Chris Brown & Jordin Sparks (08/3)
4. With You (08/2)
3. Forever (08/2)
2. Kiss Kiss (Feat. T-Pain) (07/1)
1. Run It! (05/1)

 

関連記事

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook