ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

BOSTON@日本武道館(35年ぶり!!ネタバレ注意!!)

time 2014/10/03

Tom Scholz率いるBoston号

Heaven On Earth Tourの一環として、1979年4月以来、35年ぶりに日本武道館に帰還です。

10月2日、ほとんどが50代と思われる観客に埋め尽くされた日本武道館!!

ステージ上にはTomが開発したRockmanのアンプがズラリ並んでいます。!!

__ 2

開演が遅れたため19時20分ごろライトダウン!!Tom Scholzらしい背の高い人影もあり!!そのTomにライトが当たります。母校(?)MITのTシャツに短パンといったラフなスタイル!!華やかなライティングの中、お馴染みのゴールドのレスポールを奏でる光景は35年前と同じ!!

そしてその時と同じRock & Roll Band♪でスタートです。

__ 3

メンバーはTomを含めて6人!!

今は亡きBrad Delpに代わるシンガー、Tommy Decarloはステージ狭しと動き、バックのスクリーンにはBoston号が・・・

これだけで十分に気分は高調してきます。!!

続くブギー調のSmokin’♪、スクリーンには大地の映像、Tomは途中からキーボードへ・・・35年前はこの曲の時にパイプオルガンを弾いたのですが、今回はありません。ステージからは文字通りスモークが吹き出てきました。・・・

ハードなギターからFeelin’ Satisfied♪、後半のサビの部分では場内一斉に手拍子!!そう、35年経っても同じ光景なのです。

ここでTomが開口、日本語で

「コンバンワ、トーキョー・・・キテクレテ、アリガトー・・・」

続いて英語となると字幕がスクリーンに出たので、場内に笑いが・・・

曲は新作からインストゥルメンタルでLast Day Of School♪、ここではTommyがキーボード、Tomは、片腕とも言えるGary Pihlとハードなプレイ!!、続くタイトル曲Life, Love & Hope♪はどことなくAsiaを思わせるナンバーです。!!

今度はTomがアコースティック・ギターを奏で、Garyがリード・パートでお馴染みのPeace Of Mind♪、Tommyの歌もノっています。

アルバムCorporate Americaから加わった女性メンバーのKimberley Dahme、彼女をフィーチャーしての短いIt’s Been Such A Long Time♪に続いて、Tommyが力強く歌うCool TheEngines♪

今度はKimberleyが中央に出てきて、ギターを弾きながら歌うSurrender To Me♪

彼女も今やBostonの重要なメンバーです。!!

__ 4

お馴染みのイントロで場内絶叫!!勿論、Don’t Look Back♪

GaryはTomをしっかりサポート、バックの地球の映像が印象的です。いったん静まって続くSomething About You♪、こちらも定番でしょう。

Tomは「次の曲は紹介しない・・・その名前の人がいたら、その人に捧げる・・・」

そのようなことを言って、TomとGaryの奏でるアコースティックなイントロから・・・

最大のヒット曲!Amanda♪

35年前には出ていなかった曲、正直、Bradの歌で聴きたかったですが・・・

それを感じさせないパワーで、感動的でした。・・・

バックの映像も壮大に、Tomのギターを中心にハードなインストゥルメンタルThe Launch♪、そしてこれに続くのが・・・あのイントロ・・・

勿論、More Than A Feeling♪

この曲でBostonの快進撃はスタートなのです。!!サビの部分は場内一斉に手拍子!!まさにこの歌の歌詞そのものの気分に!!

来日前のインタビューで、歌詞に出てくるMary Annとは、「Tomが子供の頃に憧れていた親戚のオネエサン」と聞いていたので、なにか微笑ましく思いました。

尚、この時、女性シンガーが1人加わっていました。・・・

曲のエンディングにTomがライトハンド奏法でソロを、ドラムスのJeff Nealがアフリカン・ビートを、TomとGaryのツイン・ギターを中心にハードなインストゥルメンタルとなっていました。

再びインストゥルメンタルでThird Stage収録のA New World♪、それに続くTo Be A Man♪、Tommyの歌が響き渡ります。

Tomがここで、「アメリカン・アイドル出身・・・」と、More Than~の時に歌っていた女性シンガー、Siobhan Magnusを紹介、彼女が歌うWalk On♪、ブギー調でノリノリです。Tomはキーボードへ移り、アルバムではメドレーとなっているGet Organized / Get Reorganized♪、キーボード・ソロ、さらにはあまり前に出てこなかったベースのTracy Ferrieの出てきて、一大インストゥルメンタルに!!再びSiobhanとTommyが加わってWalk On♪、コンサートもクライマックスへ向かっていました。・・・

B__ 1

そしてTomがスピーディーに奏でるキーボード・・・

場内絶叫!!勿論、Foreplay♪、ハードなギターはGary、少し長めのプレイで盛り上がったところへ・・・

Tommyの歌で、Long Time♪

サビの部分ではギターのGary以外は手拍子、勿論、満場の観衆も!!

凄い一体感!!、Tomはキーボードについたまま、最高潮となり、ここでいったん幕となりました。・・・

B__ 2

ステージにはGary1人が先ず登場!!

メンバー1人ずつ紹介して、最後にTom Scholz、そのTomが長年のパートナーとしてGaryを紹介!!

ハードなリズムから、Third Stage収録のI Think I Like It♪、休むまもなくParty♪

ロックン・ロール・ナンバーだけに盛り上がった時には最高!!まさに最高潮で最後はメンバー揃って挨拶・・・

35年ぶりのこの日の幻想飛行はここで終わりとなりました。・・・

B__ 3

Bostonの音は全てTomが作り出しているとはいえ、その歌はBradだったわけで・・・

最大のヒットAmanda♪も彼の歌があってこそ!!・・・

それだけに今回不安もあったのですが、全てを吹き飛ばしてくれる凄いコンサートだったと思っています。

さて・・・今度は35年も待てませんが、Boston号はまた飛んできてくれるのでしょうか!?・・・そんなことも考えながら、また日本武道館をあとにしました。・・・

 

 

 

 

 

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook