最新全米音楽事情

11/22 最新全米ヒットチャート解説

2014-11-30

全米ヒットをお探しなら是非あめりかん☆ぱいへ。
全米ヒットじゃなくてもお探しします。

http://www.rakuten.co.jp/americanpie/

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
11/22付。今週の全米アルバムチャートから。

 

bmchbmrbd0500a
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/bmchbmrbd0500a

 

今週の第1位は先週100万枚超のセールスで初登場を飾ったテイラー・スウィフトの『1989』です。今週は2週目とはいえ402,000枚のセールス。これで彼女のすべてのアルバム・セールスは全米で合計2460万枚となりました。先週までの記録ではこれは91年以降の記録で歴代50位です。テイラー・スウィフトは2006年デビューですからわずか8年でこんなに売っちゃったんですね。テイラー・スウィフトの100万枚以上のアルバムは6枚ありました。以下の通りです。

 
690万枚 Fearless (2008)
550万枚 Taylor Swift (2006)
440万枚 Speak Now (2010)
410万枚 Red (2012)
170万枚 1989 (2014)
100万枚 The Taylor Swift Holiday Collection (EP; 2007)

 

今週のTOP10には2枚が初登場しました。

 

wb545542

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/wb545542

第3位が、ベット・ミドラーの『It’s The Girls!』。ガール・グループのヒット曲のカバー・アルバムでTLCの「Waterfalls」とか、シュープリームスの「You Can’t Hurry Love」などを歌っています。2008年のベスト盤『Jackpot! The Best Bette』以来のアルバムで、彼女自身としてはサウンドトラック『Beaches』(2位)に次ぐハイ・ポジションを記録しました。そして、このアルバムのTOP10入りで1970年代から5ディケード連続でのTOP10入りを達成しました。ベット・ミドラーのTOP10アルバムは以下の通りです。

 

The Divine Miss M (1972年最高位9位)
Bette Midler (74/6)
Beaches (Soundtrack) (89/2)
Some People’s Lives (91/6)
Bette Midler Sings The Peggy Lee Songbook (05/10)
It’s The Girl! (14/3)

 

 

sny500897
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny500897
第5位に初登場したのがカルヴィン・ハリスの4枚目のスタジオ・アルバム『Motion』です。今週ダンス/エレクトロニック・アルバム・チャートで初登場1位です。また、収録曲でHOT100では20位に入っている「Blame」(フィーチャリング・ジョン・ニューマン)もダンス/エレクトロニック・ソングス・チャートで1位になり、同時1位を達成しました。このダンス/エレクトロニック・チャートでのアルバム、ソングス同時1位はダフト・パンク、アヴィーチー、ディスクロージャーに続いて4組目です。

 
今週の9位には先週の62位から一気に上がってTOP10に返り咲いたブラントリー・ギルバートの『Just As I Am』が入っていますが、これはグーグル・プレイでの99セント・セールのおかげです。

 

sny309881

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny309881

他には16位に初登場したのがドゥービー・ブラザーズの『Southbound』です。CMAアワードでのパフォーマンスもあり、1980年の『One Step Closer』(最高位3位)以来のハイ・ポジションとなりました。(89年の『Cycles』は最高位17位でした。)このアルバムは彼らのヒット曲をカントリー・アーティストとコラボしているアルバムで、カントリー・アルバム・チャートでは7位に初登場しました。ザック・ブラウン・バンド、ブレイク・シェルトン、サラ・エヴァンス、トビー・キース、ブラッド・ペイズリーなどが参加しています。

 

 

gdmsb002216202

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/gdmsb002216202

19位には1990年12月10日ニューヨーク・ハーレム出身の23歳、ティヤーナ・テイラーのデビュー・アルバム『VII』です。R&Bヒップホップ・アルバム・チャートでは初登場1位。インタースコープと契約していましたがアルバム発売には至らず、2012年にカニエ・ウエストのレーベル、グッド・ミュージックと契約。今回ようやくアルバム・デビューとなりました。元々は16歳でダンサーとしてデビュー。あの“Chicken Noodle Soup”を広めたダンサーとして有名になり、ビヨンセにもダンス指導をしたとか。

 
30位もようやくアルバムが発売されたアジーリア・バンクスの『Broke With Expensive Taste』です。1991年5月31日生まれ。ニューヨーク・ハーレム育ち。こちらもインタースコープと契約していたのですが、2012年のアルバム発売が見送られ、インタースコープを離れてプロスペクト・パークからの発売です。この2人よく似ていますね。R&Bヒップホップ・チャートで3位初登場、ラップ・アルバムでは2位に初登場しました。

 

 

rprw546105

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rprw546105

33位には大ベテラン、ニール・ヤングの『Storytone』が初登場。これで39枚目のTOP40アルバムとなり、エルトン・ジョンを引き離して歴代単独7位となりました。1位は56枚のアルバムがTOP40に入ったフランク・シナトラです。

 
ところで『アメリカン・アイドル』がまた始まるのですが、シーズン1からずっと審査員を続けてきたランディ・ジャクソンが今回降板するとのことです。シーズン14はジェニファー・ロペス、キース・アーバンとハリー・コニック・ジュニアの3人が審査員で参加します。

 
また11/9にイギリスのグラスゴーでMTVヨーロッパ・ミュージック・アワードの授賞式が行われました。受賞作品、アーティストは以下の通りです。

 
Best Video: Katy Perry “Dark Horse ft. Juicy J”

Best Female: Ariana Grande
Best Male: Justin Bieber
Best New: 5 Seconds of Summer

Best Alternative: Thirty Seconds to Mars
Best Rock: Linkin Park
Best Hip Hop: Nicki Minaj
Best Pop: One Direction
Best Electronic: Calvin Harris

Best Song: Ariana Grande “Problem” ft. Iggy Azalea
Best Song With a Message: Beyonce “Pretty Hurts”

Best Look: Katy Perry
Best Live: One Direction
Biggest Fans: One Direction
Best Push: 5 Seconds of Summer

Worldwide Act: Bibi Zhou
Best World Stage: Enrique Iglesias

Global Icon: Ozzy Osbourne

 

 

/////////////////////////

 

 

11/22付。今週の全米シングルチャートから。

 

 

bmchbmrbd0500a

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/bmchbmrbd0500a

今週も第1位はテイラー・スウィフトの「Shake It Off」です。4週目の第1位。この曲1位4週、2位8週で年間何位に入るでしょうね。年間チャートの発表は12/18ごろのようです。この曲は先週の段階ですでに270万ダウンロードを記録しているそうですが、テイラー自身100万以上のダウンロードは22曲もあるとのことで全部ご紹介します。

 

1位 580万DL Love Story
2位 500     I Knew You Were Trouble.
3位 450     You Belong With Me
4位 390     We Are Never Ever Getting Back Together
5位 320     Our Song
6位 290     Teardrops on My Guitar
7位 270     Shake It Off
8位 230     Mean
9位 220     Mine
10位 200     22

11位 190     White Horse
11位 190     Back to December
13位 180     Safe & Sound
14位 160     Today Was a Fairytale
14位 160     Picture to Burn
16位 150     Tim McGraw
17位 140     Ours
17位 140     Red
17位 140     Should’ve Said No
20位 130     Fifteen
20位 130     Eyes Open
22位 100     Crazier

 

 

islb002192102
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/islb002192102
4位にトーヴェ・ローの「Habits (Stay High)」が入っています。最高位3位からのダウンですが赤丸付。今週ラジオ・ソングス・チャートで1位になりました。デビュー曲がラジオ・ソングス・チャートで1位になったのは今年これで6曲目です。あとの5曲はイギー・アザリア、ニコ&ヴィンズ、マジック!、サム・スミス、そして8週連続の後今週も2週連続2位のメーガン・トレイナーです。

 

 

epic502969
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/epic502969

6位にはR&Bヒップホップ・ソングス、ラップ・ソングスで今週1位に上がったボビー・シュマーダの「Hot Boy」が8位からアップ。「Hot N*gga」がCDで発売されているタイトルですが、エディット・バージョンが「Hot Boy」なんです。フロリダ出身で父親はジャマイカ人、母親はトリニダッド人でまだ20歳。でも1年3ヶ月のオツトメのあと、この曲をリリースして、PVで踊っているダンスが受けてチャートに上がっちゃったとか。ロイド・バンクスの「Jackpot」がサンプリングされています。

 

rpblb002139602
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rpblb002139602

7位は24位から一気にアップしたアリアナ・グランデの「Love Me Harder」。今回はウィーケンドとコラボしています。オフィシャル・ビデオの登場でストリーミングが25位から4位へ急上昇。そう、私、HOT100の決定要素は4つと以前書きましたが、ご指摘をいただき、デジタル・セールス、エアプレイとストリーミングの3要素でした。申し訳ありません。オンデマンドはストリーミングに含まれています。ご指摘ありがとうございました。アリアナ・グランデはこれで今年4曲目のTOP10ヒットですが、リード・アクトとしての今年4曲TOP10入りは彼女だけ。ドレイクが4曲TOP10ヒットを記録していますが、2曲はフィーチャリングで参加していました。

 

 

ari500876

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/ari500876

55位から28位に急上昇したのがキャリー・アンダーウッドの「Something In The Water」。おそらくカントリー・アルバム・チャートで12/27付で初登場1位になる『Greatest Hits: Decade #1』からのカット。これでミランダ・ランバートのデビューから5枚連続初登場1位にまた並ぶでしょう。CMAアワードでこの曲を歌って、そのバージョンのストリーミングが人気でHOT100で急上昇しました。クリスチャン・ソングス・チャートでは6週連続第1位。カントリー・ソングス・チャートでも5位から1位になり、こちらでは14曲目の第1位となりました。2006年1月21日付で「Jesus, Take The World」で初めて1位になってからこの間までにカントリー・ソングス・チャートで1位を記録した曲数が14曲ですが、この曲数はブラッド・ペイズリー、ケニー・チェズニーと並んで1位タイなんです。次がブレイク・シェルトンの10曲。ちなみにテイラー・スウィフトは7曲で11位です。

 
47位にはそのブレイク・シェルトンの「Neon Light」が1ランク・ダウン。でも赤丸付。HOT100では最高位43位です。この曲が今週カントリー・エアプレイ・チャートで1位になりました。これでブレイク・シェルトンは18曲目の1位なんですが、13曲連続で1位を続けています。これはすごい!現在1位を連続で続けているのはこの次がジェイソン・アルディーンの3曲連続なんです。この記録はプロモ・シングルとか季節物の曲のランクインはカウントされていません。

 

 

sny502322

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/sny502322

デビューから4年目で4枚目のアルバム『Four』が11/17に発売されたワン・ダイレクションですが、「Steal My Girl」が32位にランクイン。最高位は13位です。また77位には「Ready To Run」が初登場しました。それを記念してもうオールタイムTOP10ソングが発表されましたのでご紹介します。

 
10位 Midnight Memories (2013年最高位12位)
9位 One Way or Another (Teenage Kicks) (13/13)
8位 Kiss You (13/46)
7位 Steal My Girl (14/13)
6位 Little Things (13/33)
5位 One Thing (12/39)
4位 Live While We’re Young (12/3)
3位 Best Song Ever (13/2)
2位 Story of My Life (13/6)
1位 What Makes You Beautiful (12/4)


Copyright© 2011-2016 Young Staff co.,LTD All Rights Reserved.