ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

2015/1/3 Billboard Chart

time 2014/12/31

全米ヒットをお探しなら是非あめりかん☆ぱいへ。 全米ヒットじゃなくてもお探しします。
http://www.rakuten.co.jp/americanpie/

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 
1/3付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

 

bmchbmrbd0500a

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/bmchbmrbd0500a

今週の第1位はまた1位に返り咲いたテイラー・スウィフトの『1989』です。これで6週目の第1位です。375,000枚のセールス換算(実売331,000枚)。今週は12/21までの集計で、2014年カレンダー・イヤーの集計は1/10付までであと1週間あるのですが、『1989』は334万枚のセールスになりました。一方、今年これまでの第1位は『Frozen』で346万枚。先週から6万枚増えました。テイラーとはその差12万枚。ということで最後の1週間でひょっとしたら1位が入れ替わるかもしれません。また今週の1位でテイラ・スウィフトのアルバム・チャート1位獲得週数が30週となり、マライアとならんで女性アーティストでは歴代2位タイとなりました。1位は46週でホイットニー・ヒューストン。オール・アーティストではビートルズが19枚のアルバムで合計132週間第1位を記録しています。

 
今週のTOP10には2枚が初登場しました。

 

 

cmnyb002225002

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/cmnyb002225002

第2位に初登場したのが、ニッキー・ミナージュの『The Pinkprint』です。244,000枚のセールス換算(実売199,000枚)。R&Bヒップホップ・アルバム・チャートでは初登場1位です。R&Bではすでにこのアルバムから「Anaconda」が6週間、「Only」が1週間1位になっております。

 

 

rca7505655

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca7505655

第5位にはサプライズ・リリースのディアンジェロ&ザ・ヴァンガードの『Black Messiah』が初登場しました。117,000枚のセールス換算です。何がサプライズか。ディアンジェロにとって3枚目のアルバムなんですが、デビュー・アルバム『Brown Sugar』が96年最高位22位。次が『Voodoo』で2000年第1位。なんとそれ以来、ほぼ15年ぶりのサード・アルバムなんです。

 

rca309690

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca309690
今週第3位のペンタトニックス『That’s Christmas To Me』ですが、実売203,000枚のセールスで今年4枚目の100万枚突破(102万枚)アルバムとなりました。実売では2位に初登場したニッキー・ミナージュを上回りながら、換算分を加えるとニッキーが244,000枚でペンタが214,000枚。それでビルボード200では3位にランキングされています。

 

 

NBC-TVで放送されていた『The Voice シーズン7』の優勝者が12/16に決まり、ファイナリストのアルバム(ダウンロードのみ)が発売されて軒並みアルバム、シングルのチャートに初登場してきました。

 
アルバム・タイトルはすべて『The Voice: The Complete Season 7 Collection』で、準優勝のマット・マックアンドリューが26位、優勝のクレイグ・ウェイン・ボイドが41位、第3位のクリス・ジェイミソンが48位、そして第4位のダミエンが136位に初登場しています。すべてそれぞれがこのシーズンのステージで歌ってきた曲を集めています。

 

 

/////////////////////////

 

 

1/3付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

今週の第1位は6週連続でテイラー・スウィフトの「Blank Space」です。ラジオ・ソングスで2週連続第1位、デジタル・セールスは3位に落ちました。ストリーミングは6週目の第1位です。

 
今週は12/16に最終日を迎えたNBC-TV『The Voice シーズン7』の放送が影響した週で、第3位は先週と変わらずですが、マーク・ロンソン・フィーチャリング・ブルーノ・マーズの「Uptown Funk!」が入っています。優勝者決定の最終日のステージでパフォーマンスしてデジタル・セールスが288,000ダウンロードとなって、デジタル・セールス・チャートで3位から1位に上がりました。このチャートではブルーノ・マーズは7曲目の1位となってブリトニー・スピアーズと並んで歴代5位タイになりました。1位はリアーナの13曲です。ストリーミングも15位から7位、ラジオ・ソングスも17位から11位に急上昇しています。HOT100で次の1位はこれでしょう。

 
また、エド・シーランも同じステージに登場してパフォーマンスしました。「Thinking Out Loud」は先週の6位から今週4位に上がっています。214,000ダウンロードを記録して、デジタル・セールス・チャートでは17位から8位に急上昇しています。
一方、出場者たちの曲が軒並みHOT100に初登場してきました。(先週も3曲初登場していました。)

 
優勝のクレイグ・ウェイン・ボイドは「My Baby’s Got A Smile On Her Face」が34位に初登場。この曲はカントリー・ソングス・チャートではなんと史上2曲目となる初登場1位を記録しました。オリジナル・ソングです。HOT100には入りませんでしたが、カントリーではアラバマのカバーで「In Pictures」が28位、ランディ・ハウザーのカバーでコーチのブレイク・シェルトンと一緒に歌った「Boots On」が33位に初登場しました。現在のカントリー・ソングス・チャートは、エアプレイにデジタル・セールス、ストリーミングのそれぞれのポイントを合算してランキングされています。このチャートでの唯一だった初登場1位はガース・ブルックスの「More Than A Memory」でした。2007年9月15日付で、この時はエアプレイのみの集計での初登場1位でした。

 

 

クレイグ・ウェイン・ボイドはテキサス州ダラス出身の35歳。25歳の時にカントリー・スターを夢見てナッシュヴィルに移住して、EMIと契約。しばらくはソングライターとして、ブラントリー・ギルバートやランディ・ハウザーなどに曲を提供しました。自身ではインディから2枚のアルバムを発表しています。今回の優勝でドット・レコード(ユニバーサル・リパブリック)と契約し、2015年に念願かなってメジャー・デビュー・アルバムが発売になります。

 
準優勝のマット・マックアンドリューは「Wasted Love」がHOT100で14位に初登場しました。コーチのアダム・レヴィンとのコラボ「Lost Stars」も83位に初登場しています。

 

 

第3位のクリス・ジェイミソンは「Velvet」が53位、アダム・レヴィンとのコラボ「Lost Without U」(ロビン・シックのカバー)が63位に初登場。第4位のダミエン「Soldier」は74位に初登場しました。

 

 

rpblb002165502

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rpblb002165502
他には、今週39位のミルキー・チャンスの「Stolen Dance」なんですが、すでにオルタナティヴ・ソングス・チャートでは9月から11月にかけて10週間第1位を記録しています。ドイツのフォーク・ロック・デュオです。登場22週目にしてTOP40に入りました。TOP40入りの最も遅い記録は30週で3年前の2012年12月29日付で入ったオブ・モンスターズ・オブ・メンの「Little Texas」です。

 
さて、HOT100へのエントリーのスピードがニュー・アルバムの発売によってさらに加速しているニッキー・ミナージュですが、今週43位にビヨンセをフィーチャリングして「Feeling Myself」が、88位にはアリアナ・グランデをフィーチャリングして「Get On Your Knees」が初登場しました。今週15位の「Only」(フィーチャリング・ドレイク、リル・ウェイン&クリス・ブラウン)といいアルバム『The Pinkprint』に参加しているアーティストは超豪華ですね。この2曲を加えてHOT100登場曲が58曲となり女性アーティストとしてのHOT100登場曲数が歴代単独3位となりました。テイラーまであと8曲。アレサまで15曲。2015年も他のアーティストの曲にも多くフィーチャリングされてHOT100入りするでしょうから歴代単独1位はあっという間に実現してしまうかもしれません。今週のHOT100にはニッキー・ミナージュが8曲入っています。これまで同時に8曲以上チャートインしたアーティストとしては他にクリス・ブラウン、デヴィッド・クック、ドレイク、グリー・キャスト、リル・ウェインなどがいます。テイラー・スウィフトは2010年11月13日付で11曲同時にチャートイン。最多記録は1964年4月11日付で14曲同時にチャートインしたビートルズです。

 

 

epic504691
http://item.rakuten.co.jp/americanpie/epic504691

ところで、メーガン・トレイナーの「All About That Bass」ですが、今週は10位にダウンしています。しかし1位8週、2位7週でTOP2合計15週間という記録を残しました。これが実はたいそうな記録とのことで1位と2位の合計週数のビルボード記録は16週なんだそうです。すごいですね。15週以上記録した曲をすべてご紹介します。すべてNo.1ソングです。

 
16週:
I Gotta Feeling / Black Eyed Peas (2009) (1位=14週、2位=2週)
We Belong Together / Mariah Carey (2005) (1位=14週、2位=2週)
One Sweet Day / Mariah Carey & Boyz II Men (1995) (1位=16週、2位=0週)

15週:
All About That Bass / Meghan Trainor (2014) (1位=8週、2位=7週)
I’ll Make Love to You / Boyz II Men (1994) (1位=14週、2位=1週)
I Will Always Love You / Whitney Houston (1992) (1位=14週、2位=1週)

関連記事

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook