ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Ian Hunter & The Rant Band@Shimokitazawa GARDEN

time 2015/01/19

’60年代後期よりMott The Hoopleのリーダーとして活動を開始した伝説のロック・ミュージシャン!

Ian Hunter!

自身のバンド、Rant Bandを率いて、何と初来日公演!!

20年以上前に今は亡きMick Ronsonとの来日公演が中止になり、もう来日は不可能と思われていただけに、まさに奇蹟の公演!!

しかも場所は下北沢のライヴ・スペース、GARDEN!

1月18日(日)日本公演最終日です。

IMG_23512

待ちに待ったと言った感じのファンも多く、年齢層はかなり高め、会場は広くはないので後ろでもしっかり見えそうです。

開演予定時刻18時を15分くらい回って、ライトダウン!!

民族音楽風の歌がBGMの中、メンバーが1人ずつ入場!!

ドラマーは元WingsのSteve Holley、5人のメンバーが揃ったところで、ドラムスのビートを中心にヘヴィーな音に、そして・・・

Ian Hunter登場!!

カーリー・ヘアーにトレードマークのサングラス!!75歳のはずですが、本当に若々しく思います。

曲は(I’m The)Teacher♪、途中からギターを抱えます。Ianの歌は健在です。

ハーモニカを吹いて続いては、今のところ最新作When I’m Presidentに収録のJust The Way You Look Tonight♪、そしてライヴではよく歌われるNow Is The Time♪

メロディアスなナンバーが多いことも実感!

Ianがギターを軽やかに弾いて、Once Bitten Twice Shy♪

ソロでのデビュー作の1曲目だけに、ファンにも大人気、場内ではコーラス部分は合唱でした。

再びポップなソロとしてリリースしているSomething To Believe In♪

そして静かに始まり徐々に盛り上がってくるBoy♪

David Bowieのタイプの曲といえるでしょう。

ここで何とIanはステージ向かって右端のエレクトリック・ピアノに付いて、そして・・・

アメリカでヒットしたJust Another Night ♪

軽快に観客も乗っています。続いては同じアルバムに収録されていたStandin’ In My Light♪、ストリングスが効果的です。

Ianはピアノに付いたまま、南部風のリズムになって、All American Alien Boy♪

Jaco Pastoriusが参加していたナンバーだけにベース奏者のソロもフィーチャー!

ゴスペルっぽいムードでジワジワ盛り上がっていきます。

一転してブルージーな感じで、新作に入っているBlack Tears♪

静かになった、と思ったら、それを打ち破るかのように、Ianのピアノ!

The Golden Age Of Rock’N’Roll♪

場内絶叫!!

今回の日本で初登場のよう、休むまもなく、All The Way From Memphis♪

ここで早くも最高潮!!

All The Way From Memphis!と、観客の方がシャウトしていました。!!

ここでピアノを離れ、再びアコースティック・ギターへ・・・

The Original Mixed-Up Kid♪

これも今回初登場のよう、Mott~時代のナンバーが続き、ライヴでよく歌われるカントリー調のI Wish I Was Your Mother♪

少し落ち着いたところで、シンセの音が響き、新作のタイトル曲、When I’m President♪

Beatlesを思わせるコーラス、未だにこのような歌を歌っていることは嬉しい限りです。

同じ新作に入っているTa Shunka Witco (Crazy Horse)♪、やや異質な感じのナンバー、ここでIanは他のメンバーに合図を送ったのですが、曲順が変わったよう・・・

ファンキーなBastard♪が、ここに登場しました。

そしてライヴでよくプレイされるノリのいい、23A Swan Hill♪

大盛り上がりで、いったん終了となりました。

・・・

アンコールはMott The Hoople時代からやっているSweet Jane♪

最初、Ianは語るように始まりますが、ノリノリのロックン・ロールに!!

このハイ・テンションの中でスペシャル・ゲスト!

Morgan Fisher登場!!

日本に住んでいる元Mott~のキーボード奏者だけに、皆さん期待はしていたでしょうが、大感激です。!!

「日本語話せるよ!」

そう言って、Roll Away The Stone♪

ここでは2人のギターもフィーチャー!

途中のトークの部分をIanがなかなか話さないと、Morganが日本語でジョークを言って観客を笑わせます。

そのMorganのピアノで、Ian在籍時のMottの最後のシングル!

Saturday Gigs!

コーラス部分では場内でウェイヴが!!

Ianはどのような気持ちで歌っているのでしょうか!?

この感動の坩堝の中、トドメといえるギターのイントロが!!

All The Young Dudes♪

歓喜!?なんと表現したらいいのでしょうか、最上級の叫びが!!

そしてサビの部分は場内大合唱!!

ここのお客さんの多くの人は43年、この状況を待ち望んでいたのでしょう。

再びイントロでエンディング!!

最後はIanが、Goodnight Irene♪を短く歌って、この感動の2時間(夢の2時間)は終わりをつげました。・・・

IMG_23492

もう見れないと思っていたIan Hunter!

75歳でこれだけのステージを行ってくれました。

何か、人間って出来ないことはないんだな!そんなことも実感した夜、「感動ライヴ」まさにその一言でした。!!

 

 

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook