ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

2015/1/10 Billboard Chart

time 2015/02/14

 

全米ヒットをお探しなら是非あめりかん☆ぱいへ。
全米ヒットじゃなくてもお探しします。

http://www.rakuten.co.jp/americanpie

 

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 
1/10付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

bmchbmrbd0500a

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/bmchbmrbd0500a
今週は12/28までの1週間の集計結果ということでカレンダーイヤーでの2014年の集計がまとまっています。

 

全米ではアルバムセールス合計で2億5700万枚。前年比マイナス11.2%。トラックセールスは11億ダウンロード。これも前年比マイナス12.5%。ダウンロードは2012年の13億4000万をピークに2年連続で減少しました。

 
2014年のカレンダーイヤーでのアルバムセールス第1位はテイラー・スウィフトの『1989』です。366万枚。2位がサウンドトラック『Frozen』で353万枚。最後の1週間のセールスで1位と2位が入れ替わりました。テイラー・スウィフトは2009年のカレンダーイヤーでも『Fearless』が322万枚のセールスで年間1位になっています。

 
サウンドスキャンが集計を始めたのが1991年5月からですから、1年間フルに集計されて年間ランクが発表されたのは1992年からになります。これまでも1回だけ最終週のセールスで1位と2位が逆転した年がありました。1994年でエース・オブ・ベースの『The Sign』が5/15からずっとその年のトータルセールス枚数で1位を続けてきて12月最終週を終わって492万枚。それを最終週のセールスで合計枚数が1万枚上回って493万枚のセールスを記録したのがサウンドトラック『The Lion King』だったのです。

 

dsnd001906102

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/dsnd001906102

2014年は1月第1週からトータルセールスランキングではずっと『Frozen』が1位でしたが最終週で64,000枚の差をひっくり返されて年間2位になってしまいました。

 

2014年のアルバムセールスは100万枚以上がたった4枚しかありませんでした。2013年は13枚ありました。年間3位が121万枚のセールスでサム・スミスの『In The Lonely Hour』。4位が114万枚でペンタトニックスの『That’s Christmas To Me』でした。以下5位はサウンドトラック『Guardians Of The Galaxy: Awesome Mix Vol. 1』で、89万8000枚。6位がビヨンセの『Beyonce』87万8000枚。7位はこのアルバムの1位で史上初となる6ディケード連続でNo.1アルバムを記録したバーブラ・ストライサンドの『Partners』85万6000枚。8位がロードの『Pure Heroine』84万1000枚。9位がワン・ダイレクション『Four』81万4000枚。そして10位が81万1000枚でエリック・チャーチの『The Outsiders』となっておりました。

 
そのテイラー・スウィフト『1989』が今週も第1位で、7週目の第1位となりました。テイラー自身では通算31週目のアルバム・チャート第1位となり、30週で並んでいたマライア・キャリーを引き離して女性アーティストでは歴代単独2位となりました。1位は46週のホイットニー・ヒューストンです。今週は換算枚数で43万枚のセールスになっています。なんと初登場から9週連続で20万枚以上のセールスです。ちなみに2004年にアッシャーの『Confessions』が9週連続を含め12週間で20万枚以上のセールスを記録しています。

 

 

atl543295

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/atl543295
UKでのカレンダーイヤーでの年間アルバムセールス第1位はエド・シーランの『X』で、170万枚でした。このうち42万枚は最後の2週間で売り上げたそうです。他に100万枚をこえたのがサム・スミスの『In The Lonely Hour』とサウンドトラック『Frozen』でした。『Now 89』はリリースから5週間で95万枚のセールスでした。UKでもアルバムセールスはCDが6000万枚から5500万枚、アルバムのダウンロードが3260万枚から3000万枚に下がっていますが、トラックセールスを含めたミュージックセールス全体の金額ベースでは10億3000万ポンドと前年比マイナス1.6%にとどまっています。

 

 
/////////////////////////

 

 

1/10付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

bmchbmrbd0500a

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/bmchbmrbd0500a

今週の第1位は7週連続でテイラー・スウィフトの「Blank Space」です。これでテイラー・スウィフトの「Shake It Off」からスタートした女性アーティストによる連続1位独占週数は19週となりました。これは歴代1位タイです。前回は2005年の5/7から9/10まで。グウェン・ステファニー「Hollaback Girl」、マライア・キャリー「We Belong Together」、キャリー・アンダーウッド「Inside Your Heaven」の3曲で記録しました。女性ソロに限らず、女性ボーカルとか、女性グループとかも含めると45週連続という記録がありました。2011年2/26、レディ・ガガの「Born This Way」に始まって、12/31のリアーナ・フィーチャリング・カルヴィン・ハリス「We Found Love」まで続きました。

 

ところで、「Blank Space」は今週前週比2.2倍の503,000ダウンロードを記録しました。1週間に50万ダウンロードを記録したのはこの曲で12曲目ですが、そのうち4曲がテイラー・スウィフトでした。歴代1位はフロー・ライダーの「Right Round」で636,000ダウンロード。2009年2月28日付で記録されました。複数枚を記録しているのがテイラーの他にはケイティ・ペリー(2曲)しかいませんでした。

 

rca505310

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca505310

第2位は3位からアップしたマーク・ロンソン・フィーチャリング・ブルーノ・マーズの「Uptown Funk!」です。ダウンロードは前週比1.5倍の432,000ダウンロード。ストリーミングで7位から4位、エアプレイで11位から10位とテイラーを追っています。

 
今週はラジオ局でその年に流行った曲を特集するプログラムが毎年あって、そのため上昇する曲があります。10位から5位に上がったメーガン・トレーナーの「All About That Bass」もその1曲で、ストリーミングで今週1位に復活しました。

 
ところで、カントリー・ソングス・チャートでは今週キャリー・アンダーウッドの「Something In The Water」が4週目の1位に返り咲いたのですが、前代未聞の大事件が起きました。先週1位に初登場したのが『The Voice Season 7』の優勝者クレイグ・ウェイン・ボイドの「My Baby’s Got A Smile On Her Face」でした。2007年9月15日付で初登場したガース・ブルックスの「More Than A Memory」以来、史上2曲目の初登場1位でした。その曲今週は何位だったでしょう。私何度もチャートを見返してしまいました。このチャートは50位まで発表されているのですが、なんと50位から消えてしまったのです。初登場1位、翌週チャート圏外は史上初!?でしょうか。他のチャートでも見たことがない。何でもダウンロードが前週比マイナス94%で、ストリーミングもエアプレイもないのでチャートから消えたようです。

 

epic502122

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/epic502122
40位には先週の75位からアップしたフィフス・ハーモニーの「Sledgehammer」が入りました。ピーター・ガブリエルのとは曲が違います。ソングライターにメーガン・トレイナーが入っています。彼女たちは2012年の『Xファクター』にそれぞれソロでエントリーしたのですが全員不合格。そこでサイモン・コーウェルが落選した中から5人をピックアップしてグループを結成し、そのシーズンで3位となりました。優勝はテイト・スティーヴンスでした。これまで、シェール・ロイド、デミ・ロヴァート、オースティン・マホーンなどのアーティストのオープニング・アクトを務めています。2015年ブレイク期待のアーティストです。

 
最後に2014年のデジタル・セールスTOP10ソングをご紹介します。
1位のファレルは史上29曲目となる600万ダウンロードを記録しました。歴代1位は862万ダウンロードでブラック・アイド・ピーズの「I Gotta Feeling」となっています。ちなみにRIAAでは2013年5月からストリーミングデータをダウンロード回数に換算した分も加えた記録を発表していますが、1200万枚換算でジャスティン・ビーバー・フィーチャリング・リュダクリスがシングル・セールスで1位となっています。

 

1位 645万 Happy / Pharrell Williams
2位 467万 All Of Me / John Legend
3位 443万 Dark Horse / Katy Perry Featuring Juicy J
4位 436万 All About That Bass / Meghan Trainor
5位 397万 Fancy / Iggy Azelea Featuring Charli XCX
6位 396万 Talk Dirty / Jason Derulo Featuring 2 Chainz
7位 345万 Turn Down For What / DJ Snake & Lil Jon
8位 343万 Shake It Off / Taylor Swift
9位 337万 Let It Go / Idina Menzel
10位 334万 Stay With Me / Sam Smith

 

総ダウンロード回数がピークだった2012年には1年間で100万ダウンロードを記録した曲数が108曲、200万以上が41曲ありましたが、2013年はそれぞれ106曲、38曲。2014年は82曲と25曲でした。

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook