ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

2015/1/17 Billboard Chart

time 2015/02/14

全米ヒットをお探しなら是非あめりかん☆ぱいへ。
全米ヒットじゃなくてもお探しします。

http://www.rakuten.co.jp/americanpie/

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 
1/17付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

bmchbmrbd0500a

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/bmchbmrbd0500a
クリスマスを含んだ週が終わって、今週は軒並み前週比マイナスのセールス。仕方ありませんがそんな中で1位になったのは前週比マイナス43%の244,000EAU(換算枚数)でテイラー・スウィフトの『1989』が8週目の第1位となりました。実セールスは172,000枚です。

 

 

dsnd002076392

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/dsnd002076392
TOP10で唯一セールスがアップしたのが、19位から8位に上がったサウンドトラック『Into The Woods』です。57,000枚のセールスでTOP10だけでなくTOP50で唯一前週比セールスがアップしました。12/25に映画が公開されてアルバム・セールスに結びついたようです。

 

 

rca503431

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca503431

日本でも人気のミュージカル『アニー』の映画が公開されてそのサウンドトラックも順位を上げました。登場6週目で63位→29位→12位とTOP10入り間近です。

 

 

pq_elvishawaii

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/a0103115132
ところで1935年1月8日はエルヴィス・プレスリーの誕生日です。1977年8月16日に亡くなった時、私は17歳でしたが、その時も42歳で亡くなったエルヴィスを早いと思いましたが、今となってはなんて若くして亡くなったんだと改めて感じます。その42年の生涯で言葉では語りつくせないほどの影響を多くのアーティストはもとより、ミュージック・シーンに与えました。ビルボードでは今週エルヴィス・プレスリーの誕生日にちなんで記録を載せておりましたので改めてご紹介します。

 
HOT100チャートヒット曲数:108曲
歴代1位は207曲でグリー・キャスト、2位が123曲でリル・ウェインです。ちなみにエルヴィスは、HOT100がスタートした1958年8月4日以前のチャートヒットが30曲あります。

 
TOP40ヒット曲数:80曲
これは歴代1位です。2位がドレイクの67曲、3位がエルトン・ジョンの57曲となっておりました。エルヴィスは58年8月4日以前のTOP100時代のTOP40ヒットが24曲あります。

 
アルバムチャート登場枚数:129枚
これも歴代1位です。2位がフランク・シナトラで82枚。1位が10枚あります。

 
アルバム1位獲得週数:67週
ソロ・アーティストでは歴代1位です。2位がガース・ブルックスで52週、3位がマイケル・ジャクソンの51週となっております。

 

 

/////////////////////////

 

 

1/17付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

rca505310

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca505310

先週まで19週連続で女性アーティストが1位を独占してきましたが、今週はついにこの記録が途切れました。19週は歴代1位タイです。今週の1位は先週の2位からアップしたマーク・ロンソン・フィーチャリング・ブルーノ・マーズの「Uptown Funk!」です。マーク・ロンソンはソングライターやプロデューサーとしてはHOT100ヒットがありますが、アーティストとしてはこれがHOT100デビュー曲でした。男性ソロ・アーティストでデビュー曲=1位になったのは2013年3月のバウアー(「Harlem Shake」)以来です。

 

 

ブルーノ・マーズにとっては6曲目の1位となりました。男性ソロ・アーティストのHOT100=1位獲得枚数は、1位がマイケル・ジャクソンで13枚、2位がディオンヌ&フレンズを含めたスティーヴィー・ワンダーの10枚、3位がこれもディオンヌ&フレンズを含め「Candle In The Wind 1997/Something About The Way You Look Tonight」を1枚とカウントしたエルトン・ジョンの9枚。他にポール・マッカートニー、アッシャーも9枚で並んでいます。6位が8枚でジョージ・マイケル、7位が7枚でフィル・コリンズ、フランキー・ヴァリ、エルヴィス・プレスリーとなっています。

 

 

今週は35位にすごい組み合わせの曲が初登場してきました。タイトルは「Only One」。アーティストはカニエ・ウエスト・フィーチャリング・ポール・マッカートニー。ポールはキーボードでの参加だそうです。カニエ・ウエストのニュー・アルバムからのファースト・シングルで亡き母へ捧げる歌です。R&Bヒップホップ・ソングスチャートでは11位に初登場しました。R&Bでのポール・マッカートニーは4曲目の登場です。ビートルズとしてはR&Bチャートには登場しませんでした。

 
1982 Ebony & Ivory (w/Stevie Wonder)
1983 The Girl Is Mine (w/Michael Jackson)
1983 Say Say Say (w/Michael Jackson)

 

 
HOT100では89年の「My Brave Face」(最高位25位)以来のTOP40ヒットです。ソロだけでなく、コラボや所属グループのヒット曲まで含めるとポール・マッカートニーのTOP40チャート・スパンは、1964年1月25日にビートルズの「I Want To Hold Your Hand」が前週の45位からいきなり3位に上がって以来50年11ヶ月3週間となりました。この曲でポール・マッカートニーが歴代1位になりました。次は46年3ヶ月3週間でオーティス・レディングです。1965年6月19日付の「I’ve Been Loving You Too Long (To Stop Now)」から2011年10月8日付の「Otis (Jay Z & Kanye West Feat. Otis Redding)」まででした。

 

ari305528

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/ari305528

63位から上がって今週の57位がブラッド・ペイズリーの「Perfect Storm」です。今週カントリー・エアプレイ・チャートで1位になりました。このチャートで19曲目の第1位です。キャリー・アンダーウッドとのデュエット「Remind Me」(2011年)以来の1位ですが、この間に最高位2位が3曲もありました。それでも19曲目の1位はこのチャート25年の歴史で歴代7位です。

 

1位 27曲 Tim McGraw
2位 26曲 Alan Jackson, George Strait
4位 23曲 Kenny Chesney
5位 20曲 Brooks & Dunn, Toby Keith
7位 19曲 Brad Paisley
8位 18曲 Garth Brooks, Blake Shelton
10位 17曲 Keith Urban

関連記事

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook