ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Jackson Browne@愛知県芸術劇場(ネタバレ注意!!)

time 2015/03/10

2014年秋に傑作アルバムStanding In The BreachをリリースしたJackson Browne!!

それを引っさげての5年ぶりの来日公演♪

初日は3月9日の名古屋、愛知県芸術劇場大ホールです。

IMG_0436

開演時刻19時を回り、Jackson Browneとメンバーが登場!!

「コンバンワ、ナゴヤ、今日は初日です・・・」

そう言ってギターを抱え、オープニングが多いThe Barricades Of Heaven♪でスタート!!

Jacksonの歌声は健在、そしてギター奏者2人の音が冴え渡っています。1曲目から長め、ピアノに移り、Looking Into You♪

ここでメンバー紹介、リード・ギターはVal McCallum、もう一人、ペダル・スチール、スライド・ギターも担当するGreg Leisz、ドラムスはお馴染みのMauricio Lewak、ベースは戻ってきたベテランのBob Glaub、キーボードがJeff Young、あと女性シンガーとしてChavonne StewartとAlethea Millsが加わり、アルバムStanding~と同じメンバーです。

IMG_0444

そのアルバムからJacksonのアコースティックのピッキングでThe Long Way Around♪

「アメリカでは列車に飛び乗る場面がよく歌われる、自分の住んでいた近くの光景・・・」

そんな事を言って、カントリー調のLeaving Winslow♪

そしてやはりお馴染みのピッキングでThese Days♪、ペダル・スチールの音が心地よく響きます。

「Running On Emptyから、Danny Kortchmarが書いたトラック運転手の歌だ・・・」とShaky Town♪

久々に聴いた気がして嬉しい限り、アコースティック・ギターで軽快にI’m, Alive♪が続きます。

「Woody Guthrieが50年以上前に書いた詩に曲をつけてほしいと家族から頼まれた・・・」

そう言って、新作収録のYou Know The Night♪、これも軽快なナンバーとなっていました。

再びピアノへ、「待ってました!」と、For A Dancer♪

女性コーラス2人も効果的!!

そしてお馴染みのピアノのイントロでFountain Of Sorrow♪

人気曲だけに場内には手拍子、ここで第1部終了、約20分の休憩となりました。・・・

IMG_0447

20時30分頃、第2部スタート!!

Jacksonはギターを抱え、Your Bright Baby Blues♪

ピアノに移ってお馴染みのRock Me On The Water♪

再びギターを持ったら・・・

場内からリクエスト、Call It A Loan♪

それに応えるためギターを持ち換えます。アルバムHold Outからのナンバーはあまりやらないので嬉しく思いました。

続いては新作から、If I Could Be Anywhere♪、力強いロック・ナンバー!!

次も新作からで、やや異質のWhich Side♪、Come On, Come On~♪と女性コーラスも入った部分が印象的です。

IMG_0450

またピアノに移り、「ハイチ地震のことを書いた・・・」

Standing In The Breach♪

「最高のバンド・・・」と言って、ギターに持ち換え、Looking East♪

赤いライティングの中、Valのギターもハードなプレイでした。

「18歳の時に書いた、当時の人気バンド、The Byrdsに影響を受けた・・・」

と言って、The Birds Of St. Marks♪

最近では一番馴染んでいる曲かもしれません。

Gregの方はリッケンバッカー(?)のギターを弾き、The Byrdsのよう、2人のギター・プレイは素晴らしいものでした。

曲の方は近年ではベース音がイントロとなっている人気曲、In The Shape Of A Heart♪

Bob ClaubはFleetwood MacのJohn McVieのように黙々とベースを刻んでいます。

ここからはクライマックス、先ずDoctor My Eyes♪

Jacksonはピアノについていますが、ギターの2人はノリノリ!!

珍しくピアノについたままでのThe Pretender♪

サビの部分のMauricioのドラムスが力強く響き、いつ聴いても目頭が熱くなってきます。

そして・・・Jacksonはギターに持ち換え、最初静かに始まっての・・・

Running On Empty♪

静かな場内も立ち上がり、Gregのペダル・スチールも心地よく響き、Mauricioの強烈な一撃、やはりこのナンバーで本編は終了でしょう。!!

IMG_0464

アンコールは割と早く戻ってきて、Take It Easy♪

近年はEaglesに近いヴァージョンになっていますが、後半はJacksonのヴァージョンに戻り、Our Lady Of The Well♪

各メンバーのソロもフィーチャー、女性コーラス2人のスキャットも心地よく、静かなエンディングとなりました。

「ナゴヤ、楽しかった、ドーモアリガトー!!・・・」

時計は22時近く・・・

休憩を挟んで3時間の凄いライヴはここに幕を閉じました。!!

IMG_0465

アルバムStanding In The Breachが久々の力作だっただけに、今回の公演、大いに期待したのですが何と約3時間も!!

今まで見た彼のコンサートで1番長かったかもしれません。

そして特にギター2人を中心としてバンドの演奏も最高!!

でも何より嬉しいのはJacksonがますます勢力的になっていること!!

66歳!!これからもまだまだ期待したいと思っています。!!

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook