ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

2015/4/4 Billboard Chart

time 2015/04/17

全米ヒットをお探しなら是非あめりかん☆ぱいへ。
全米ヒットじゃなくてもお探しします。

http://www.rakuten.co.jp/americanpie/

 

 

共同通信社刊 あめりかん☆ぱい佐藤直人編・著『ビルボード年間チャート60年の記録 1955-2014』は、5月15日発売です。

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/5514ye

ご予約受付中です 。(サンプルページを掲載しています。)

 

5514ye

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
4/4付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

 

aftmb002295802

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/aftmb002295802

今週の第1位は、ケンドリック・ラマーの『To Pimp A Butterfly』、363,000EAU(実売:324,000枚)のセールスでした。売れましたね。さすが人気ラッパー。2015年のファースト・ウィーク・セールスではドレイクの『If You’re Reading This It’s Too Late』の495,000枚に次ぐセールスでした。2012年の前作『Good Kid, M.A.A.D. City』は最高位2位でした。このアルバムは初の全米第1位で、UKでも第1位に輝きました。ちなみにアルバム・タイトルに”Pimp”が入っているのは、ラッパーばかりですが、ピンプCの『Pimpalation』(06年3位)、トゥー・ショート『Shorty The Pimp』(92年6位)などがあります。”Butterfly”の方はNo.1アルバムがあります。マライア・キャリーの『Butterfly』、そしてボブ・カーライルの『Butterfly Kisses (Shades Of Grey)』。いずれも1997年に1位になっていました。

 

 

今週のTOP10内初登場はあと2枚あります。

 

epic504912

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/epic504912

第3位がモデスト・マウスの『Strangers To Ourselves』。ロック・アルバム・チャートで初登場1位です。2007年の前作『We Were Dead Before The Ship』はロック、ポップともに初登場1位でした。

 

 

ea548967

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/ea548967

もう1枚は8位に初登場したマリーナ&ザ・ダイアモンズの『FROOT』です。3枚目のスタジオ・アルバムでデビューが『The Family Jewels』2010年138位でした。前作が20012年31位の『Electra Heart』と人気上昇中です。マリーナ&ザ・ダイアモンズは本名マリーナ・ラブリーニ・ディアマンディスのソロ・プロジェクトです。1985年10月10日ウェールズ生まれ。2005年ぐらいからこの名前で活動しているようです。2010年にはブリット・アワードなどヨーロッパの音楽賞にノミネートされるようになり、『The Family Jewels』はUKで5位、『ELectra Heart』は1位を記録しました。このアルバムはUKでは最高位10位となっています。

 

 

ところで6位のサウンドトラック『Fifty Shades Of Grey』が今週2015年の通算セールスで4枚目の50万枚アルバムになりました。今年のセールスだけで50万枚以上を記録したアルバムは以下の通りです。
1位 916,000枚 1989 / Taylor Swift
2位 774,000枚 If You’re Reading This It’s Too Late / Drake
3位 525,000枚 In The Lonely Hour / Sam Smith
4位 516,000枚 Fifty Shades Of Grey / Soundtrack

 

 

ブリトニー・スピアーズ9枚目のスタジオ・アルバム『Britney Spears’s』(仮)からのファースト・シングル「Pretty Girls」が5/5にリリースされるのに先駆けて、これまでのアメリカでのアルバム、シングルのセールスが載っていたのでご紹介します。

 

アルバム:

1位 1060万枚 …Baby One More Time (1999)
2位  920万枚 Oops!…I Did It Again (2000)
3位  440万枚 Britney (2001)
4位  300万枚 In the Zone (2003)
5位  170万枚 Circus (2008)
6位  150万枚 Greatest Hits: My Prerogative (2004)
7位  100万枚 Blackout (2007)
8位   78万枚 Femme Fatale (2011)
9位   26万枚 Britney Jean (2013)
10位   25万枚 The Singles Collection (2009)

 

全米でのアルバムセールス合計は3310万枚で1991年からの集計ではアーティスト別で第17位、女性アーティストではマライア・キャリー(5460万枚)、セリーヌ・ディオン(5240万枚)、シャナイア・トゥエイン(3450万枚)についで第4位だそうです。(第5位はリーバ・マッキンタイアで3040万枚。)

 

シングル(ダウンロード):
1位 350万 Womanizer
2位 310万 Circus
3位 290万 Till the World Ends,
4位 230万 3
5位 220万 Toxic
6位 190万 Piece of Me
7位 181万 Gimme More
8位 177万 I Wanna Go
9位 160万 Hold It Against Me
10位 130万 If U Seek Amy

 

 
/////////////////////////

 

 

4/4付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

rca505310

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca505310

なんと今週も第1位はマーク・ロンソン・フィーチャリング・ブルーノ・マーズの「Uptown Funk!」、これで12週連続第1位となりました。そして今週もデジタル、ストリーミング、ラジオ・ソングス1位で通算8週目の3冠達成です。HOT100で12週以上1位を記録したのはこれで15曲となりました。2010年代では2013年のロビン・シック・フィーチャリング・T.I.+ファレルの「Blurred Lines」と並んで1位週数最長タイとなりました。

 
今週は1位から7位までが先週と同順位でした。

 

そんな中で先々週の記録なんですが、テイラー・スウィフトの「Style」が6位(今週7位)、「Blank Space」が10位(今週11位)にランクされ、TOP10内に同一アーティストの曲が2曲ランクされていました。この記録がありましたのご紹介します。TOP10内に同時に2曲以上ランクされた週数のアーティスト・ランキングです。

 
1位 41週 Usher
2位 38週 50 Cent
3位 27週 Akon
4位 25週 Beatles
4位 25週 T-Pain
6位 23週 Rihanna
7位 22週 Ludacris
8位 20週 Mariah Carey
9位 19週 Taylor Swift
10位 18週 Ja Rule
10位 18週 Kanye West

 
やはりフィーチャリングの関係でR&Bアーティストが多いですね。TOP10内に同一アーティストが同時にランクされた曲数ではビートルズが5曲で2週間記録しています。大記録です。1964年4月4日と11日なんですが、4月4日付は1位から5位までをビートルズが独占しました。あまりにも有名な記録です。

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook