ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Paul McCartney@京セラドーム大阪(ネタバレ注意!!)

time 2015/04/24

昨年5月の来日公演♪が、Paulの急病で…

そんなリベンジ公演♪と言える来日公演♪

初日は4月21日、京セラドーム大阪です。\(^o^)/

image

18:30を回り、ステージ両側のスクリーンに映像、そしてPaulの楽曲のリミックスが流れます。

そしてそれがThe End♪になり、ベースの画像、そしてライトダウン!

Paul McCartney登場!

Rusty Anderson、Brian Ray、Paul “Wix” Wickens、Abe Laboriel

今や不動のメンバーが登場!

ベースを抱えてPaul、カウントから1曲目は…

Magical Mystery Tour♪

昨年のことがあるので、元気なPaulにとにかく感動!

バックのスクリーンには曲に合わせてカラフルな映像、続いて、Save Us♪

IMG_1219

「マイドー、オオサカ、カエッテキタヨ、ニホンゴ、ガンバリマス…」

で、カウントから…

Can’t Buy Me Love♪

場内は絶叫!

バックには映画A Hard Day’s Nightの映像も…51年前にタイムスリップです。

次は定番、Jet♪、バックには空の映像!

カラフルなギターに持ち替えて、Let Me Roll It♪、

後半はジミヘンに捧げたインストゥルメンタルになります。

スクリーンには翻訳スーパーが出ることを伝えて、Paperback Writer♪

この後、ピアノへ移動、Nancyに捧げると、My Valentine♪

Wingsファンのために、Nineteen Hundred And Eighty-Five♪

お馴染み、The Long And Winding Road♪ではAbeも歌っています。

そして、Lindaのために書いた、Maybe I’m Amazed♪

Rustyのギターが力強く響いていました。…

Paulはアコースティック・ギターに持ち替えて、軽快に、I’ve Just Seen A Face♪

そして、We Can Work It Out♪

Wixのアコーディオンも効果的!

続いて、Another Day♪では、Wixもギターを…そして…

「ツギハ、セカイハツコウカイ!」

新曲の、Hope For The Future♪

既に配信されているPVがバックに映し出され、Paulらしいナンバーです。

一転して、And I Love Her♪、場内は聴き入っていました。…

Paulは前方に出てきて、Blackbird♪

そしてせり上がって行きます。

そして、Johnに捧ぐ…

Here Today♪で下がって行きます。

IMG_1226

さてPaulは、ステージ中央のマジック・ピアノについて、New♪

この曲ももう馴染みに、そして同じアルバムからの、Queenie Eyes♪

手を振り上げるポーズも慣れてきたようです。

ピアノのまま、Lady Madonna♪

バックのスクリーンでの有名人の映像ももう定番です。

再びアコースティック・ギターに

「Sgt.Pepper’s〜から…いや違う、Yellow Submarineからだった…」

そう言って軽快に、All Together Now♪

「今度こそSgt. Pepper’s〜から…」

Lovely Rita♪、Abeはパワフルに、Wixは軽やかに、曲を引き立てます。

AbeとRustyがコーラスに参加しての、Eleanor Rigby♪

Wixのストリングスが効果的!

ここでJohnの歌ながら、近年取り上げている、Being For The Benefit Of Mr.Kite♪

音のサーカスといった感じ、レーザー光線が天井に当たり、華やかです。

ここでウクレレ、もうファンはわかっています。勿論、Something♪

途中からメンバーが加わり、Georgeとの写真が登場するところは何度見ても感動!

「イッショ二、ウタッテ…」

そう、Ob-La-Di, Ob-La-Da♪

ファンでなくても知っているような歌だけに、Paul先生の指導のもと、大合唱!

コンサートも後半で、お馴染みのイントロから、Band On The Run♪

Paulのテーマ曲とも言えそう、アップ・テンポになるところでは場内は最高潮に

バックのジャケット写真も動きます。

そのまま飛ばして、Back In The U.S.S.R.♪

そしてピアノにつき、Let It Be♪

で、いよいよといった感じで、やや長めのイントロから…

Live And Let Die♪

ドカーン!と爆発!

場内は大興奮!こちらは昨年、国立競技場で見たかったです。

盛り上がって、Rustyはわざと倒れこんでいました。…

で、終わりが近づき、Paulは中央のピアノへ…

Hey Jude♪

最初から歌っている人も多く、勿論後半は、Paulの指示で、女性だけ、男性だけ、全員…大合唱!

大演壇のステージは、いったん幕となりました。

アンコールでは、イギリス、アメリカ、日本の国旗を掲げて登場!

曲はDay Tripper♪

お馴染みのフレーズ、Brian、Rusty、そしてPaulで強力!

続いてノリノリの、Hi Hi Hi♪

そのまま、I Saw Her Standing There♪

もう何も言うことはないでしょう。ここでもう一度下がりました。

IMG_1239

そして、アコースティック・ギターが出てきたら、誰もが知っています。

Yesterday♪

Wixのストリングスも効果的!、これは永遠です。!

ギターを変えて、Helter Skelter♪

バックの映像も艶やかに!最後の盛り上がりです。

Paulはピアノにつき

「そろそろ帰る時間…」

場内はNo!

ここで改めて、クルー、スタッフ、バンド・メンバーに謝辞を!!

そして最後に、YOU!と・・・

曲は、Golden Slumbers♪

腕を振り上げて、Carry That Weight♪

そして、The End♪

Abeのドラムソロの間に、Paulはギターを!

お馴染み、Brian、Rustyと3人でのギター・バトル!

And In The End〜

最後にはスクリーンに太陽が…ドラマチックにフィナーレ!

メンバーはステージに勢揃い!

Paulは少し長く、声援に応じていました。!

IMG_1253

正直言うと、セットリストは、特に後半は前回とほぼ同じなのですが…

昨年のことがあったので、今回、この初日の公演が無事に大成功に終わり、それが何にも増して嬉しい限りでしょう。!

しかも今回、初日から絶好調!

「お帰りなさい、Paul!」

「そして、有難う、Paul!」

まだまだ期待したいと思っています。!

 

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook