ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Vanessa Williams@Blue Note Tokyo(ネタバレ注意!!)

time 2015/06/16

近年は割と小さな会場にて、ほぼ毎年来日公演を行っている

Vanessa Williams♪

今年もBlue Note Tokyoにて・・・

6月15日(月)のセカンド・ステージです。

IMG_2240

開演予定時刻21:30を過ぎると、メンバー登場で、ライトダウン!

キーボード2人、ギター、ベース、ドラムス

女性バック・コーラス2人、とステージ上に7人

そして黒いドレスで・・・

Vanessa Williams登場!!

さすが、元ミス・アメリカ!!いつもお綺麗です。!!

軽快なドラムスのビートで、The Real Thing♪でスタート、近年の彼女のテーマ曲のようになっています。

「今のはアルバムのタイトル曲、次はファースト・アルバムから、1988年のヒット!!・・・」

そう言って、Dreamin’♪

女性コーラスの2人もフィーチャー、軽快なノリで、ギター(Keith Robinson)の音も冴えています。

続いて、ピアノをフィーチャーして、ヒット曲、Love Is♪

Vanessaはしっかり聴かせ、そしてBrian McKnightのパートは、ピアノ奏者(Leo Colon)が歌っていました。またギター・ソロも印象的でした。

「デイズニー映画「ポカホンタス」から・・・」

と、お馴染みの、Colors Of The Wind♪

途中、ややテンポが変わった・・・と思いきや、ヒット曲、The Sweetest Days♪が続きます。

ここで一転、躍動感のあるナンバー、The Comfort Zone♪

Vanessaのセクシーなポーズも印象的です。

「1997年に初めて日本に来た時から、このメンバーでやっている・・・」

と、Keithのアコースティック・ギターを中心に、Constantly♪

途中から、他の楽器も加わり、各メンバーのソロもフィーチャーされました。

・・・

ここから、ブロードウエイ・タイム(?)

彼女自身も出演した、After Midnightからとのことで、先ずは女性シンガーの1人、Carmen Ruby Flydが歌う、Cleore Love Song♪、これはスキャットでした。

Vanessaが戻り、「Lena Horneでもお馴染み・・・」と、Stormy Weather♪

「ジュリー(?)という役で2曲歌ったけど、そのうちの1曲、全てを失った女性の歌・・・」

そう言って、Bill♪というナンバー、

そしてもう1人の女性シンガー、Shelley Thomasをフィーチャーしての、Losing My Mind♪

4曲のミュージカル・コーナー・・・

・・・で、ステージは一転、彼女自身も定番としているIsley Brothersの、Work To Do♪

再び躍動感溢れるライヴ!!

Vanessaは観客に謝辞を言って、そして・・・

Oh How The Years Go By♪

但しこれは短く、お馴染みのピアノのイントロが・・・

Save The Best For Last♪

場内大歓声!!

もしかすると頭痛薬のCMを思い出している人もいるかも知れませんが・・・(笑)・・・それはそれで良いのではないでしょうか。!?

多くの人にそれだけ愛され親しまれたナンバーを観客はしっかり聴き入っていて、Vanessaはいったん下がりました。

・・・

が、すぐに戻って、Keithが奏でるフラメンコ調のギター!!

勿論、Babyface作の、Betcha Never♪

観客もほぼ総立ち、Vanessaは途中、ダンスも披露!!

エンターテイナーぶりもしっかり発揮したゴージャスなステージはここで幕となりました。

IMG_2243

実は彼女のライヴは、途中のコーナー(今回はブロードウエイ・ミュージカルAfter Midnightの曲・・・)以外、セットリストは毎回ほぼ同じです。

でもファンの皆様もそれを十分承知していて、彼女のエンターテイナーぶりを満喫、毎回リッチな気分を味わっていることと思います。

それだけにいつまでもお美しく、いつまでもお元気で素晴らしいショーを!!

そう思っている次第です。!!

 

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook