最新全米音楽事情

2015/6/13 Billboard Chart

2015-06-25

6/13付。今週のビルボード・アルバム・チャートから。

 

rca307775

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/rca307775

今週の第1位はエイサップ・ロッキーのセカンド・アルバム『AT.LONG.LAST.A$AP』です。146,000EAU(換算枚数)のセールスで実売は117,000枚でした。(アルバムチャートは実売のセールスに加えて収録曲のダウンロードやストリーミング回数も加味してランキングされています。)2013年のデビュー・アルバム『Long.Live.A$AP』も初登場1位でした。

 

今週のTOP10内初登場はあと2枚です。

 

atl543914

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/atl543914

第3位がブージー・バッドアズの『Touch Down 2 Cause Hell』です。1982年11月14日ルイジアナ州バトゥン・ルージュ生まれで、2013年からこの名前で活動しています。それまでは。リル・ブージー。リル・ブージー時代の2009年に『Superbad: The Return Of Boosie Bad Azz』が最高位7位を記録しました。またその前年に自らのレーベル、バッド・アズ・エンターテインメントを設立しています。

 

hsngb002267802

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/hsngb002267802

第5位はクリスチャン・アルバム・チャート初登場1位のヒルソング・ユナイテド『Empires』です。ポップ・チャートでは2013年『Zion』以来2枚目のTOP10入りとなりました。クリスチャン・アルバム・チャートでは、ヒルソング・グループとして11枚目の第1位です。

 

 

今週のTOP10にはサウンドトラックが3枚チャートインしています。4位に『Pitch Perfect 2』、9位に『Fifty Shades Of Grey』、そして10位に『Furious 7』です。5/31付に続いて今年2回目のサウンドトラック3枚がTOP10入りしました。年に2回のサウンドトラックがTOP10に3枚同時に入ったのは2003年(3/8、6/14)以来とのことです。

 

 

irow777

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/irow777

下の方では26位に初登場したのが、ライフハウスの7枚目のスタジオ・アルバム『Out Of The Wasteland』です。ロック・アルバム・チャートで初登場第1位です。永年在籍したユニバーサルを離れてインディ・レーベルの Ironworks からの発売です。このレーベルは俳優のキーファー・サザーランドと「Baby, It’s Tonight」(90年最高位16位)などのヒットで90年代に活躍したジュード・コールが設立したレーベルです。2012年の前作『Almeria』は最高位55位でした。ライフハウスといえば何といっても「Hanging By A Moment」がレギュラー・チャートで最高位2位(登場週数54週)ながら2001年年間1位になった輝かしい記録があります。2005年の「You And Me」も最高位5位ながらHOT100登場週数62週と息の長い大ヒットでした。

 

 

defb002324802

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/defb002324802

30位にはアレッソの『Forever』が初登場しました。1991年7月7日スウェーデン生まれの23歳です。2010年にデビュー。その後もストックホルムのクラブで、DJとして活躍し、2014年にデフ・ジャム・レコードと契約してメジャー・デビューを果たしました。ダンス・エレクトロニック・ソングス・チャートではライアン・テダーをフィーチャリングした「Scars」など4曲がチャートインしています。待望のアルバム『Forever』はダンス・エレクトロニック・アルバム・チャートでは当然初登場第1位です。

 

 

今週『Teenage Dream』が141位にランキングされているケイティ・ペリーですが、このアルバムからは5曲のHOT100でのNo.1ソングが誕生しました。この後に曲を追加して『Teenage Dream: The Complete Confection』が発売されましたが、追加された曲の「Part Of Me」が第1位になっても『Teenage Dream』から6曲目の第1位とはされませんでしたね。でもリアーナやアッシャーのアルバムでは追加した曲が1位になった時アルバムからの1位にカウントされたのです。リアーナは『Good Girl Gone Bad: Reloaded』、アッシャーは『Confessions Special Edition』として発売され、新たに追加した曲が1位になりました。ビルボードとしては、ケイティ・ペリーの場合は、理屈は同じでも『Teenage Dream: The Complete Confection』は『Teenage Dream』とは別のアルバムという考えを誌面で発表して1枚のアルバムから6曲の1位とは認めませんでした。でも1枚のアルバムから5曲の第1位はすごいことです。ということで今回は1枚のアルバムから4曲以上の1位を記録したアルバムをご案内します。

 
5曲のNo.1;
Bad / Michael Jackson (1987-88)
Teenage Dream / Katy Perry (2010-11)

 

4曲のNo.1:
Saturday Night Fever / Soundtrack (1977-78)
Whitney / Whitney Houston (1987-88)
Faith / George Michael (1987-88)
Forever Your Girl / Paula Abdul (1989-90)
Rhythm Nation 1814 / Janet Jackson (1989-91)
Mariah Carey / Mariah Carey (1990-91)
Confessions / Usher (2004)

 

 

 

/////////////////////////

 

 

6/13付。今週のビルボード・シングル・チャートから。

 

atl548251

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/atl548251

今週の第1位は先週テイラー・スウィフトの急上昇で2位に後退したウィズ・カリファ・フィーチャリング・チャーリー・プースの「See You Again」です。7週目の第1位となりました。ラジオ・ソングスで2週目、ストリーミングで8週目の第1位でデジタル・セールスでは先週と変わらず第2位となっています。

 

 
一方先週53位から一気に1位になったテイラー・スウィフトの「Bad Blood」は今週2位にダウンしました。デジタル・セールスでは2週連続第1位ですがストリーミングが3位から4位にダウン。しかしラジオ・ソングスでは着実に順位を上げて15位から11位にアップしています。この2曲の接戦は続きそうです。

 

 
5位は先週の6位からTOP5に戻ってきたマーク・ロンソン・フィーチャリング・ブルーノ・マーズの「Uptown Funk!」なんですが、これでこの曲はTOP5=25週目となりHOT100史上TOP5週数で歴代1位タイとなりました。もう1曲のTOP5=25週は1997-98年に記録したリアン・ライムスの「How Do I Live」(最高位2位)です。

 

 

wb549277

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/wb549277

今週の7位も先週と変わらずジェイソン・デルーロの「Want To Want Me」(最高位6位)ですが、UKでは4枚目の第1位となりました。アメリカでは2009年に「Whatcha Say」が1位になっていますが、UKではこの曲は1位ではなく、2010年の「In My Head」、2011年「Don’t Wanna Go Home」、2013年「Talk Dirty」が1位になっています。

 

 
/////////////////////////////

 

全米ヒットをお探しなら是非あめりかん☆ぱいへ。
全米ヒットじゃなくてもお探しします。

http://www.rakuten.co.jp/americanpie/

 

共同通信社刊 あめりかん☆ぱい佐藤直人編・著『ビルボード年間チャート60年の記録 1955-2014』は、現在発売中です!サンプルページを掲載しています。

http://item.rakuten.co.jp/americanpie/5514ye

 

5514ye

 

 


Copyright© 2011-2016 Young Staff co.,LTD All Rights Reserved.