感動ライヴ

JT Taylor@Billboard Live Tokyo

2015-07-31

’70年代後期から’80年代、ブラック・コンテンポラリー化したKool & The Gang♪

そのフロント・マンだったのが、James JT Taylor♪

ソロとなってからもよく来日していますが、今回は7月29日(水)お馴染みBillboard Live Tokyoでのファースト・ステージです。

IMG_2872

定刻の19時を5分くらい回ったところで、バンド・メンバー登場!!

キーボード、ギター、ベース、ドラムス、サックス、トランペットの6人、サックス奏者は女性です。

そして少し沈黙があり、大音響でCrazy In Love♪のイントロ(Are You My Woman?のイントロ?・・・)が流れる中、女性シンガー2人が登場!!

そして、How you gonna do it~♪と歌いながら、階段を下りながら・・・

JT Taylor登場!!

そう、Get Down On It♪でスタート!!

スキンヘッドにサングラス!!チョイワルオヤジ風ですが、カッコよく、歌声は健在!!

バンドの演奏で、トロピカルな雰囲気の中、Let’s Go Dancing♪

ここでJTが開口、観客に謝辞を言って、新曲ということで、Summer Time♪(曲名不確か・・・)

リズミカルなナンバーで、後半には奥様(?)も登場してデュエットとなりました。

そしてステージ上は暗転・・・

先ずは女性シンガー2人が仮面をつけて登場!!

そしてケープを羽織ったJT登場!!曲は、Misled♪

女性シンガー2人は、短刀を振りかざし、まるで「オペラ座の怪人」のような演出、JTは2人と絡んで歌います。

後半部は何とThriller♪のメロディーとなり、ギターから順に各メンバーのソロがフィーチャーされました。

その独特なカッティング音から、Take My Heart♪

今度はジャケットを着たJTが熱唱!!

女性シンガー2人が白のドレスで登場して、Too Hot♪

サックスのソロもフィーチャー!!

そして、スローになって、お馴染みのイントロ、Cherish♪

Cherish the love we have~♪と、女性2人のコーラスの印象的、場内はしっかり聴き入っていました。

ここで曲調がHuman Nature♪に・・・JTは客席にマイクを向けていましたが・・・再びダンサブルに、Fresh♪

今度は女性シンガー2人はラフなスタイルで登場、ノリノリで踊っていて、ライヴも終盤となり、Ladie’s Night♪

この曲でJTは世に出たようなもの!!ここでも各メンバーのプレイがフィーチャー、そしてギターのカッティングから、Mark Ronsonのヒット曲、Uptown Funk♪

JTは場内を盛り上げて、その間に彼の息子のXavierが、ギターを持って登場!!曲は勿論・・・

Celebration♪

彼は緊張していたのか、ミストーンを、でもギターのHananがしっかり支えていました。

JTはジャンプを煽り、さらには手拍子!!

文字通り、お祭り!!

やはりこの曲でグランド・フィナーレ!!

メンバーは中央に整列して挨拶、JTは階上に去り、約80分のステージは幕を閉じました。

IMG_2871

やはり、ほぼ全編Kool & The Gang時代のヒット曲でしたが、その時のバンドの顔はJT、これは当然のことかもしれません。

バンドの演奏もうまく、さらには女性シンガー2人も何回も衣装を変えて熱演!!

JT在籍時のKool & The Gangの、彼の良いところを更に強調した!!

そんな楽しい夏の夜のパーティーでした。!!

 

 

 


Copyright© 2011-2016 Young Staff co.,LTD All Rights Reserved.