ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Bay City Rollers ㊙日記リターンズ(177)

time 2020/06/22

1979年

March 21st Tue. ②

(続き)

私、まるで気が狂ったように布団にうつぶせになって

つぶやいていた・・・・

「わからない・・・・わからない・・・・わからないよォ・・・・

私、わからない・・・・・」

とか。

「いや・・・・いやよォ・・・誰か違うって言ってよ・・・・

今のはウソだって・・・・ねぇ、だれかぁ・・・・」

なんテネ。。。

その夜も眠れたもんじゃなかった・・・・

上のようなことをつぶやき布団の中にうづくまって

ガタガタと震えているのです。

あの夜ほど長いってカンジたことはなかった。

そしてあんなつらい悲しい夜はなかった。

 

 

明け方になってほんの少し寝てしまったんだけど

その夢はIanが脱退して悲しくて大泣きしている私なのです。。。

 

次の日はお昼にやっと起きてボ~~としたり

涙したりしている1日。

 

朝はもちろん食べずお昼はパン1枚にコーヒー1杯。

 

その日は化粧品を買ってもらう日だったので

悲しくってやりきれない心をおさえて

5時頃買いに行ったのデス。

 

ところが私ってダメなのネ・・・

 

お店の人にファンデーションとかシャドーをつけて

もらっているうちに、目の前がクラクラして

貧血起こしてしまったのデス。。。

私って緊張していて顔なんかをいじられるのって

ほんとダメみたいなんですネ

あのコンタクトの時とまったく同じだったもの。

 

それでしばらくイスに座ってうなだれていたの。

もうとっても暑くなっちゃってハンカチを水に浸して

冷やしたり。

 

いったん家に戻るコトにしたんだけど・・・・

これがもーダメ・・・・

 

おねえchanにささえられて歩いてる時

目の前がくら~~くモヤに包まれたみたいな

カンジでフラフラしちゃって・・・・

 

やっとのことで家に着いたのです。

 

 

もどしそうになったんだけど、ろくなもん食べてなかったので

もどすにももどせないのです。

しばらく横になっていました。

でも・・・・・八木chanの電リクがあるのに気づいて

ラジオをつけました。

Ianについて詳しいこと言うかもしれないと思って。

(続く)

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook