ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Bay City Rollers ㊙日記リターンズ(182)

time 2020/07/27

1979年

March 24th Sat. ①

大雨の1日でした。。。

今日はShockとカゼでバイト休んでしまった・・・。

 

あぁ・・・・もうイヤです。こんなこと書くの。。。

でもやっぱり書かなくてはいけないのですね・・・

 

そう、とうとうIanのRosetta Stone脱退が決定的に

なってしまいました。。。

昨日のSuper Sonicで聞いたのです。

 

あぁ、あのときの大森chanの

「これは脱退しました!」

ってはっきりと断言した言葉が今でも私の頭の中を

かけめぐっています。

 

なんともうすでに新メンバーが決定してしまったそうデス。。。

Paulとかいうコ・・・

Ireland出身で19歳

Billy Joelに似ているトカ/全米Top40にて

 

初めは4人でやっていくつもりだったんだって・・・。

(はっきり言ってその方が良かった)

理由はというと、初めTamとケンカしたとか

言われていたらしいけど(私は知らなかった)

何でもメンバーとの音楽的意見のくい違いだって・・・・。

 

 

もうホントにダメなんですネ・・・・。

新メンバーも決まってしまったし。

 

結局私の祈りはIanには通じなかった・・・・。

私はもうどうしていいのかわからない。

 

あぁ、Ianは一体何を求めているんだろう。

Ianはあの仲間から離れてしまって、本当にいいんだろうか。

昔からの心を許し合った友達なのに。

 

 

それともIanは自分の音楽というものが

友達よりも親友よりも大切だと思っているのかなぁ・・・

 

Musianとして自分の音楽を大切にするっていうのは

とっても大事なこと。

 

でも・・・・でも・・・・あぁ、やっぱり私にはわからないワ・・・

 

IanはRollers脱退の時、とってもとっても悩んだ。

あの時と同じ位、彼は悩んだのかしら・・・・

Ianはこれからどうするつもりなのだろう。

 

前にも書いたけど、また彼がGroupを作るとしたら

果たして私はRsosettaよりもそのGroupを

愛せるかしら。

 

それにそのGroupは長続きをするだろうか・・・・

とってもとっても不安です。。。

 

(続く)

 

 

関連記事

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook