ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Dan Penn & Spooner Oldham@Billboard Live Tokyo

time 2023/09/30

シンガー・ソングライターであり、プロデューサーである Dan Penn♪

ソング・ライター・チームとして一緒に多くの曲を書いている盟友 Spooner Oldham♪との来日公演♪

4年ぶりに、Billboard Live Tokyo♪に登場です。

2023年9月25日(月)ファースト・ステージ!!

少し早い開演予定時刻17:30を回ってライトダウン!!

Spooner Oldham♪、続いて、Dan Penn♪、ステッキを付いてステージに登場!!

Dan♪は椅子に座ってアコースティック・ギター、Spooner♪は小型のエレクトリック・ピアノ

Dan♪の爪弾くギターから、I’m Your Puppet♪でスタート!!、1曲目からDan♪が熱唱!!

エレクトリック・ピアノ音も軽快に、Spooner♪もコーラス、ともに80歳くらいですが、お元気です。

「トーキョーに戻ってこれて嬉しいよ・・・」

Dan♪がギターをカッティング、歌い始めるのは、Sweet Inspiration♪、Barbra Streisand♪他多くがカバーしているナンバー、ノリよく歌い、Spooner♪もバックアップです。

ここでDan♪がメガネをかけようと探しますが、すぐに見つからないので、Spooner♪が自分のメガネを手渡し、「Box Tops♪を覚えているか?」と、アカペラで歌い始めたのは、The Letter♪、場内は手拍子、そう、このプロデューサーが、Dan ♪なのです。

続いても、Box Tops♪のヒット曲、レコーディング時の話から、2人で書いた Cry Like A Baby♪、ギターをかき鳴らし力強く歌うDan♪、エレクトリック・ピアノも軽快に響きます。

「最初に、Aretha Franklin♪に書いた・・・」と。そう、Do Right Woman, Do Right Man♪

早くも登場、代表曲だけに場内から歓声、アコースティック・ギターとエレクトリック・ピアノだけの音ですが、2人の歌声はソウルフルに響き、続いてやや静かに歌い始めたのが、I Met Her In Church♪、こちらも2人が、Box Tops♪に書いたナンバー、”Hallelujah~♪”のコーラスが印象的です。

静まったところでDan♪、「Oscar Franks♪と書いてOtis Redding♪が歌った・・・」と、ギターを響かせ、You Left The Water Running♪、ソウルフルに力強く歌うDan♪、Spooner♪のエレクトリック・ピアノもフィーチャーされます。

「メンフィス・ソウルの曲を書いた・・・」

そんな話から、ギターを鳴らし、じっくり聴かせるのは、The Dark End Of The Street♪、ここではSpooner♪のエレクトリック・ピアノは、ゴスペル調です。

今度は、Percy Sledge♪の話、彼も歌った Out Of Left Field♪、ここでもDan♪の歌を盛り上げるようにエレクトリック・ピアノが響き、コーラスでもバックアップします。

話はメンフィスで作った自分のアルバムについて、Bobby Blue Bland♪の影響も受けたとのことで、曲はそのタイトル曲 Nobody’s Fool♪、力強くノリよく歌い、エレクトリック・ピアノもここではパワフルです。

この後、マイクは、Spooner♪へ、Dan♪はギターをカッティング、シャッフル調で、Hello Memphis♪、Spooner♪の歌にDan♪がコーラス、2人だけでもロック色の強いプレイ、軽快に歌う、Spooner♪、アラバマへの旅の話から、エレクトリック・ピアノでじっくり1人だけで、3曲続けました。

ここでスタッフが「あと10分」のサイン、やはりギターとエレクトリック・ピアノで軽快に始まったのが、Come On Over♪、この歌もSpooner♪、「あと2曲できる・・・」とDan♪、カポを2フレットに付けて、エレクトリック・ピアノが奏でられ、Dan♪が歌うは、Ol’ Folks♪、歌が聴こえて拍手喝采、場内もしっかり聴き入り、Spooner♪のエレクトリック・ピアノも心地よく響きました。

ここで「もう1曲」と、カーテンが開きバックは夜景、ギターを鳴らし、こちらも静かにゴスペル風に Take A Good Look♪、Dan♪の歌を静かにSpooner♪が盛り上げていき、この曲でフィナーレ!!

ステージ中央に2人、「来てくれて、有難う・・・オヤスミナサイ・・・」

Dan♪、Spooner♪、ゆっくりとステージを後に・・・静かな感動の75分でした。・・・

リヴィング・レジェンドと言えるお2人、前述の通り、お若くはありませんが、ステージに上がって、楽器を手に歌い始めると・・・

シンプルな編成ながら、そこは熱いディープなソウルフルな世界に!!

そう、Dan Penn♪、そして Spooner Oldham♪の測り知れないパワーを満喫!!

貴重な宝物をいただいた、そんなBillboard Live♪の夜でした。・・・

 

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook