ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Nick Lowe@Billboard Live Osaka 2023

time 2023/10/09

日本にもコンスタントに来ている Nick Lowe♪

今回はコロナ禍ということもあって4年ぶり!!

自身のギター1本によるソロ公演♪

2023年10月4日(水)

Billboard Live Osaka♪からスタートです。

セカンド・ステージ♪、開演予定時刻20時30分を回ってライトダウン!!

ステージには、ギター1本ですが、中央にギター・アンプが設置されています。

Nick Lowe♪登場!!

ギターを抱え、いきなり歌い始めたのは、Man That I’ve Come♪、シンプルなフォーク&カントリー調で場内も手拍子、続いて 力強いギター・ストロークで、People Change♪、途中、「コンバンワ・・・」と挨拶、ギター1本でも、ロック・ナンバー、今度は軽快なカントリー調で、Long Limbed Girl♪、3曲続けました。

「ドーモアリガトウ・・・英語で話すので、申し訳ないけど、日本には英語圏の人より上手く話す人もいるね。・・・今回、4年ぶり・・・新しい曲もやるけど、古いタイプの曲なので問題ないね。(笑)昨夜、ロンドンからやって来たばかりだけど、準備はいいよ。!!・・・」

そのようなことを言って、静かにギターをかき鳴らし始め、Lately I’ve Let Things Slide♪、ここでは優しく聴かせ、自らコーラスも、一転してスピードアップして、I Love On A Battlefield♪、ライヴではお馴染みのナンバーだけに場内もギターのカッティングに合わせて手拍子、歌を盛り上げ、「アリガトー」と、カッティングも力強くLay It On Me Baby♪、こちらもロック・ナンバーとして歌っています。

「僕を歌は短いから、説明する前に終わっちゃうよ・・・」そんなことを言って、ギターを静かに、Rome Wasn’t Built In A Day♪、ここでは場内も静かに聴き入り、「日本について書いたよ・・・」と”Long Gone Daddy~♪”と歌い始めたのは、Tokyo Bay♪、すぐにアップ・テンポに、場内も手拍子でノっています。

「Bee Gees♪の好きな曲、コードがたくさんあるよ、自分の曲はスリー・コードだけど・・・」 場内の笑いも誘って、ギターで歌い始めたのは、Heartbreaker♪、そう、Dionne Warwick♪のヒットでもお馴染み、意外な感じもする反面、Nick Lowe♪の歌となっています。そのまま続いて、Somebody Cares For Me♪、アップ・テンポになるにつれ、場内も手拍子!!、今度はややスローにカッティング、静かに歌い始める Blue On Blue♪、また一転して、激しくギターをかき鳴らし、Love Starvation♪、ギター1本でもロック!、「みんな、OKかい?・・・指で弾くよ・・・忘れたかもしれないけど・・・」そう言って、ギターのフィンガー・ピッキングから、歌い始めたのは、Raining Raining♪、場内も静かに聴き入っていました。・・・

ライヴ♪も後半へ、Nick♪が奏でるギター、聴き馴染みのコード進行へ、そう、Cruel To Be Kind♪、勿論、最大のヒット曲、場内歓声、そして手拍子!!、1度終わったところで、アンコールのようにサビの部分が繰り返され、続いて、ギターのカッティングから、Trombone♪、その通り、まるでホーンが入っているように躍動感を感じ盛り上がりました。

「Chicagoで、Los Straitjackets♪というバンドとレコーディングしたよ・・・来年は。彼らと来るよ!!」

そんな嬉しい言葉に続いて、軽快に Heart♪、Rockpile♪時代のナンバー!!、場内も手拍子で楽しいムードに、さらに力強くギターを鳴らし、Heart Of The City♪、人気曲の1つだけに場内大盛り上がり、Lookin’ Lookin’~♪”とコーラス部分をリフレイン、軽快に聴かせ、ギターのカッティングを続けたまま、歌い始めたのは、(What’s So Funny ‘Bout) Peace, Love And Understanding♪、そう、Brinsley Schwarz♪時代のナンバーで、彼の作品の中で最もカバーされている1曲、元々ハードなロックですが、ここでもパワーに圧倒!!、まだまだ続き、軽快なカントリー調で、Without Love♪、場内、勿論、手拍子、ライヴもクライマックスへ、「ファンタスティックな夜、有難う・・・」「もう1曲・・・」と歌い出したのは・・・

I Knew The Bride (When She Used To Rock ’N’ Roll)♪、Cruel~♪に次ぐNick♪のヒット曲!!、アコースティック・ギターですが、手拍子と合わせて、これはロックン・ロール!!、場内との一体感!!

いったんステージを後にしました。・・・

アンコールの手拍子の中、登場!!

ギターをかき鳴らし、歌い始めたのは、When I Write The Book♪、Rockpile♪時代のナンバー、Nick♪のライヴでは定番曲、それだけに手拍子だけでなく、”When I Write The Book~♪”と場内も大合唱!!、最高潮でフィナーレ!!

拍手喝采の中、80分のステージは幕を閉じました。

今回は、Nick Lowe♪のギター1本、しかもほとんどコード・ストロークでのシンプルなプレイ!!・・・にも関わらず、大型ロック・バンドのような圧倒的なパワーが伝わってきて・・・

それはNick♪の存在感、そして楽曲の持つテンションの高さを示していると言えるでしょう。

さて来年はバンドで来る、と約束してくれたNick Lowe♪、勿論、パワフルなロック・バンドで映える楽曲も多いだけに大いに楽しみ!!・・・

余韻に浸る中、来年への期待を抱きながら会場を後にしたのでした。・・・

 

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook