ラジオ番組企画&制作&音楽全般のプロデュースの株式会社 ヤング・スタッフ

Coldplay@東京ドーム

time 2023/11/09

Coldplay♪、 Music Of The Spheres World Tour♪の一環として6年ぶりに来日!!

前回と同じく、東京ドーム

初日は、2023年11月6日(月)

日本全国から集結、チケットは、早々とソールドアウト、追加席も販売されたようです。

尚、入場時には、光る(?)リストバンドが配布されました。

なんと今回の東京ドーム公演♪、オープニング・アクトとして今をときめく・・・

YOASOBI♪が出演!!

18時の開演と同時にステージに登場!!

「夜に駆ける」♪から「アイドル」♪まで約40分のステージで盛り上げました。・・・

・・・約40分の休憩時間の後、ステージが暗くなり、彼らが支援している地球環境問題の団体の日本人スタッフが登場、ビデオ上映が行われ、そしてライトダウン!!

オープニングBGMとして映画E.T.のFlying Theme♪が流れる中、満場の場内絶叫!!総立ちに!!、スクリーンには、メンバー入場の映像が・・・そして場内に登場!!

ギター、Jonny Buckland♪、ベース、Guy Berryman♪、ドラムス、Will Champion♪、そしてリード・ヴォーカルは勿論、Chris Martin♪、メイン・ステージに移動・・・

Music Of The SpheresからHigher Power♪でスタート!!、軽快なビートに合わせて、熱唱するChris♪、そして入場時に来場者に配られたリスト・バンドがカラフルに点滅、再び大歓声で、コーラス部分は場内も合唱、Jonny♪が刻むギターから、Adventure Of Lifetime♪、今度は多数の風船が登場、Chris♪は、場内に呼びかけ、曲の方はややスローに Paradise♪、Chris♪に合わせて場内も歌い、後半は観客の方だけで・・・一転して、Chris♪はピアノへ・・・静かに歌い始めるのは、The Scientist♪、ここでも場内から一斉に歌声、他のメンバーのプレイも加わって盛り上がり、「ミンナニアエテ、ウレシイ、キテクレテアリガトウ・・・イッショニウタオウ・・・」Chris♪は日本語でそう言って、彼のピアノに合わせて場内大合唱!!、早くも5万人の一体感を感じました。

前曲の余韻をブリッジに、そこへお馴染みのストリングス、場内絶叫、そして合唱!!

そう、勿論、Viva La Vida♪、早くも登場!!、センター・ステージに4人、Chris♪はキマって熱唱!!、Will♪は勿論、ティンパニ、後半、「トーキョー、合唱してくれ」と煽ってここでも大合唱!!、続いてはピアノ音が響いて、Hymn For The Weekend♪、Chris♪に動きに場内大歓声となります。

静まったところで、「みんなOKか?、楽しんでるか?」とChris♪、中国の旗(!?)を見つけて、「今度行くよ」と・・・ここでボードを掲げていた親子をステージに上げ、彼らを隣に座らせ、ピアノで歌うは、Everglow♪、実はこの家族の父親が亡くなっているとのこと、他人事とはいえ感動の瞬間でした。また一転、Jonny♪のギターが響いて、Charlie Brown♪、Chris♪はメイン・ステージに戻って、ノリよく熱唱!!、場内手拍子、この後、満場の観客のリストバンドが黄色に点滅、ギターが響いて、そう、Yellow♪、力強いギターのカッティングに合わせて、パワフルにChris♪、場内も付いてきます。そして「ミンナアリガトウ・・・」と、アコースティック・ギターで場内大合唱、リストバンド点滅も華やかに、エンディングとなりました。

暫し静寂の後、再び明るくなり、Chris♪が静かに歌う Human Heart♪、それに続く女性の歌声、歌っているのは、パペット Angel Moon♪、優しいデュエット、また一転、曲は、People Of The Pride♪、激しいリズム、Chris♪の歌に合わせてステージでは火柱が上がり、今度はグリーンのライティング、ピアノに着いてChris♪が歌う Clocks♪、メンバーもコーラス、力強いリズムで盛り上がっていきます。

ステージではアナウンスの声、そこから軽快なドラムスとギター、曲はInfinity Sign♪、これは短くスローなギターのイントロから、Something Just Like This♪、ヒット曲だけに場内大歓声、今度はアップ・テンポのリズムで、Midnight♪、Chris♪たちは、エイリアン(!?)の被り物で登場、センター・ステージの方へ集まります。

「アニョハセヨ・・・」とChris♪、「韓国から日本へ、一緒に歌ってほしい!!」、そう、曲は勿論、My Univerce♪、Chris♪の歌ですが、やはり、スクリーンにはBTS♪が登場!!、歌詞も少し変えたよう、コール・アンド・レスポンスで大盛り上がり、勢いそのままに A Sky Full Of Stars♪、Chris♪が同時に場内へ歌唱指導・・・ですが、いったん中断、「君たちは完璧だけど・・・日本語で・・・ミンナトイッショニウタイタイ、ケイタイハシマッテ・・・」ということで、「ホーンはポケット、両手を上げて・・・」そう言って。再スタート!!、場内もChris♪に合わせて大合唱、スマホの代わりにリストバンドは艶やかに点滅、紙吹雪も舞い、またしても5万人の一体感、最後は静かにエンディング、「有難う、すぐ戻って来るよ・・・」

ここでメンバーは、いったんステージを後にしました。・・・

アンコール(!?)の手拍子の中、再びステージはライティング、太陽の映像をバックに、Louis Armstrong♪のスピーチが流れ、メンバーが登場、今度は何とアリーナ後方に設置されたステージへ移動、Chris♪はアコースティック・ギターを抱え、4人で静かに始まったのは、Sparks♪、心地よい曲調、この曲の後半に、歓喜者等に謝辞、色々な手段でここに集まってくれた人に、”Thank You For Coming~”、改めて謝意を表していました。

「ここからは英語で話すけど・・・」とChris♪・・・世界中で起こっている恐ろしい出来事について・・・そこで東京から愛を送ってください、とハート・マークを指で作って、10秒間の沈黙、「アリガトウ」とChris♪、続いて、BTS♪にもメッセージを、そして初めて歌うということで、Jin♪のソロ・ヒット曲 The Astronaut♪、Chris♪はアコースティック・ギターで歌い、Jonny♪のギターも効果的にバックアップ、ここで改めて、メンバー紹介、静かに終わって再びメイン・ステージへ、ストリングス音がフェイドインで、Fix You♪、場内も大合唱、場内にはいくつもの巨大風船、盛り上がっていき、静かにエンディングです。

ポップな曲調で女性の歌声、再びパペット Angel Moon♪が登場、Chris♪とデュエットで、Music Of The SpheresからBiutyful♪、ここはリラックス・モードで歌われ、「ミンナアリガトウ・・・また近いうちに会いましょう・・・」静かにエンディング、スクリーンには、”Believe In Me”の表示!!、さらに紙吹雪が舞って、”Love”とChris♪、Coldplay♪のこの日のMusic Of The Spheresは、ここに幕を下ろしたのでした。・・・

トータルで1時間50分、最初から最後まで完璧にショーアップされた息もつかせぬライヴ・ステージ!!、5万人に大観衆の中ですが身近に感じるChris Martin♪、それを示すかのようにどの曲もコーラス部分は場内が大合唱になる、これも彼の才覚と言えるでしょう。

そしてこれほどまでの際立つスターでありながら、Jonny♪、Guy♪、Will♪を大切にして、そう、Coldplay♪はこの4人で成り立っていることも証明しているのです。

また近いうちに!!誰もがそう思いながら満足げな表情で会場を後にしたのでした。・・・

最後に・・・

以前、大阪での公演でセンター・ステージにメンバーが来た時、近くのお客さんが、Chris♪のことを「男前やなぁ!!・・・」と感激して言っていたのですが・・・

Chris Martin♪、まさに正真正銘の「男前」!!

間違いないでしょう。!!

オフ会映像

ひたすら・・・歌い出しがタイトル!の全米トップ40ヒットを聴く飲み会

Facebook